駄日記 (未完結間欠日記)

2021年 5月


2021-5-31 (Mon)

> 日記じゃないなーこれ月記だなー。って今更だな。
ぜんぜん関係ないが、現在、この駄日記の HTML (タグづけ) は、 記述内容の意味的なまとまりを必ずしも反映する構造になってない。 というか、まとまりを反映している (ようなフインキの) 部分とそうでない部分が混在しているというか。 見直そうと思えば見直せそうな箇所はいくつもあるんだが、 元々そんなに全体の構成を考えて書いてるよーなモンでもないので…。 ぶつ切りの駄文のつらなりが基本なので…。 そんなに HTML 的にキッチリしなくってもいいような気もするんだよなー。 そもそも、見直して直すのメンドくさいし…労力に見合った結果が得られそうかもよく分からんし。 自前の日記内検索エンジンでも作る下準備とかならともかく…。 いやそんな検索エンジン今更メンドくさいからつける気ないけど。
自前検索といえば、以前自宅サーバで運営中に hyper estraier 使って自前の検索機能を公開していた時期があったが、 ある日ふと気づくとどこぞの検索サイトの bot に大量に検索語をぶち込まれて自宅サーバがアップアップになってたことがあったっけ。 極めて行儀の悪いスパイダーけっこうあったよな昔…。 今もあるのかもしれんがもう自宅サーバではないので気にかけるキッカケがないからよう知らんけど。 あんなのの対策考えたりすんのも、まあ「メンドくさい」のうちに入るかも。 年とともにホントにいろんなことが、ちっとずつ億劫になってくるだよ…。
> 駄日記が駄月記に成り下がってる一方、 わが PC local にのみ存在している、非公開の自分専用日記兼メモ (裏日記) の更新がここ数年、休みの日なしの皆勤賞になっとる。 内容 (のレベル) も文体もこの駄日記とほぼ変わらんやつだけど。 ただ個人情報や個人的事情が容赦なく入ってたり、 人目にさらしても害しかなさそうな内容だったり、 あるいは駄日記に輪をかけてほんとにどーーーでもいい内容だったり、 または駄日記に輪をかけて口汚かったりするだけで…。 これ、特にはファイル (やストレージ) をパスワードで保護したりもしてないんで、 ワシが死んだりして誰かがこの PC をちょっと眺めたらそのまま読まれる可能性大なんだな。 まあ死んじゃった後にどうなろうと一向に構わんが。
…と、ここまで書いて気づいたが、PC がコントロール下から離れるのは必ずしも当人 (ワシ) の死が理由になるとは限らないのか…? 急な病気や怪我で病院などに強制隔離されるパターンだって十分あり得るのか。 それはちょっとまずいかも…? といっても、現状ではエディタ起動しっぱなしのファイル開きっぱなしで、 思いついたら即編集、ができるからこその皆勤賞 (= 編集のし易さ) だからなあ…。 うーん。 これにもし時限式のパスワードロックとかの仕掛けをつけちゃうと、 ちょいと長時間離席したりしたらその都度パスワード解除したりしないといけなくなるわけで…。 それはちょっと面倒が過ぎるなーどうしよう。 これ、他の人が誰も (通常の状態では) 触れない環境にあるからできるんだな。 不特定多数でも特定少数でも他の人の目や手が触れる環境だと、 どのみちスクリーンセーバでパスワードロックかけるとかしないといけない訳で…。 いや、スクリーンセーバのパスワードロックじゃ、当人が強制隔離されるような状況になったらどのみち意味ないか。
PC が一定期間コントロール不能になった時点で指定範囲の手元のファイルを自動的に秘匿なり抹消なりする仕組みを、 なんか考えるかなあ…。 いまんところ思いつかんけど…。
> かつて (7年弱前まで) このサイトで使っていた Dynamic DNS のドメイン「sabimaru.no-ip.com」、 その後も実はとりあえず生かすだけは生かしておいたんだが、やっとさっくり削除する気になった。 正確には、Dynamic DNS サービスの no-ip.com に登録・設定していたサブドメイン sabimaru を、 30日ごとに必ず必要な「手動による confirm 作業」をスルーすることで、無効となる (削除される) にまかせる。 あとこれまで sabimaru.no-ip.com にアクセスされたら sabimaru.mydns.jp へリダイレクトがかかるようにレンサバ側で設定しておいたが、 この設定も削除する (まあ残しといても単に意味がなくなるだけだが)。
no-ip.com は、使い始めの頃はなかなかおトク感あったんだけどな…。 現在利用できる無料の Dynamic DNS サービスの中にも、 一定期間 IP 更新をかけないとアカウント削除みたいな制約を課してるパターンはあるけど、 30日ごとの、手動による (= captcha かましたりして自動化できないように工夫をこらした) confirm を強制してるのは no-ip.com くらいだとかどこかで読んだな。 さらにこれを解除するための料金が年額 $24.95 と比較的お高い (円換算で月額 200円台前半でも、レンサバ料金の半分くらいって考えちゃうとけっこう高い。 ビンボ人なんで…。 ましてや、かつては無料で利用できてたことだから尚更)。 「この押し付けられた不自由さを解消したいならカネ払え」的な商売って、 なーんかランサムウェアを彷彿とさせるんだよねえ個人的に…。 特に、制約が少なくて自由度が高い「よいサービス」の時期に利用し始めた、 (ドメインの利用、という性質上) 容易には辞めたりしづらいユーザに対して、 じわじわ後付けで制限を強制していくってところのイヤらしさがね…。 「不自由なく使えていたものを」「不自由にしておいて」「元に戻したければ金払え」、 あらよく似てる。 と過ぎたことに改めてくどくどと愚痴を吐く (年寄りだもんで)。
ともあれ、いままで (主に初期の頃は) ありがとうそしてサラバ > no-ip.com。
> 今月の発見:納豆ご飯に豆腐を乗せてもおいしくならない。
> かつおぶしパックを買うかわりに、鰹節 (の塊) + 鰹節削り器、を導入してみた。 まあ気まぐれなんだが…。
  • 2018.5 通販で鰹節削り器購入 (約 2K)
  • 2020.9 通販で枯れ節(女節)購入 (約 1.6K)
  • 2021.5 鰹節初削り
ワシどう考えてもいろいろなことをテンコモリにやり残したまま最期を迎えそうだな…と改めて思った。 かつぶし削るだけのことに 3ヶ年計画どころか 4年越し。ひどい。 あの「一週間」の歌ですら、風呂(*31-1)を沸かしてから入るまで足掛け 2日しか要していないというのに (比べるな)。 なお、かつおぶしパックとの主な違いは、いちいち削らないといけないのでややメンドくさいところだな。 削る作業自体よりも、鰹節や削り器を出したりしまったりする手間がメンドくさい…。 削る作業自体が 1分かそこらで終わっちゃうから余計…。
> いままで、「野放図」を「やほうず」だと思ってた。「のほうず」だった。
あと「版図」を「はんず」だと思ってた。「はんと」だった。hands じゃなくて hunt。
どっちも個人的に普段使う機会がまずない (意識に昇ってこない) 語だが。 間違えて (うろ覚えに) 読んでる語、他にもまだまだたくさんありそうなんだが。 まああれだな。子供の頃みたいに、読みがアヤフヤだったらちょっと辞書引くなり調べるなりするようになるべく心がけよう…。
>
粘着式クリーナー、いわゆるコロコロの、 本体部分はだいぶ以前に近場のディスカウントスーパーで買ったやつをずっと使ってたんだが、 これがスペアテープを差すところの長さがビミョウに短くて、 止め爪部分がしっかりかからないもんで、 どこ製のスペアテープでも紙芯がすぐ外れてしまいがちなのに、つい最近になって急に嫌気が差してしまい、 捨てて新しい本体とスペアテープを近所でテキトウに購入したんだが。 このテキトウに買ったスペアテープが、非常に出来がよかった。 どの製品も大体“ミシン目が入っていて切りやすい”くらいの工夫はやってるが、 髪の毛なんかがミシン目をまたいで貼り付くと、紙部分を剥がす際に髪の毛に沿って縦 (回転方向) に裂けがちなところ、 このニトムズのスペアテープ「スカットカット」とかいうやつは、 ミシン目部分の縁がオレンジ色のポリプロピレン製テープで補強されていて、 区切り (切り離し) 部分が見た目に分かりやすい上、 髪の毛などによる縦裂けの予防にかなり有効なのであった。 こういう工夫の製品はこれまで見たことなかったんで、ちょっと感動した。 まあ普段から安いスペアテープしか買ってこなかったので、そんなにあらゆるタイプの製品を見てきた訳ではないけど…。 今後はこのスペアテープを愛用することにする。 なお本体もまあまあしっかりしてるので長持ちしそう。
> スマホ用の HTML ページ書く時、HEAD 内に
<meta name="viewport" content="initial-scale=1, width=device-width">
とかって入れないと字の表示が部分的にちっちゃくなっちゃったりする (ケースがある) んだけど。 こんなの入れないでもスマホのブラウザで常にフツウに見やすい表示になるような仕様に、なんでなってないんだろうな…。 というかスマホ用ブラウザにそういうモードつけてくれるんでもいいのにな。 いい感じに CSS などのサイズ指定を無視してくれるような。 京ぽんに搭載された Opera mini (じゃなかったっけ、なんだっけ正式名忘れた) みたいに。
> そういえば最後に散髪してからもう 1年超えてしまったなあ。 散髪しに行かないとなー。 と思いつつ面倒で行ってない。 ハンパな癖毛が加齢につれどんどんヒドくなってきて (+ 薄毛化も伴ってきて) いるんで放置しない方がいいのは分かってんだが。 散髪が面倒で嫌いなのは子供の頃からの筋金入りなんだよな…。 人に頭をいじられるのがなんとなくイヤなのだ…なぜか。
子供の頃からの散髪嫌いで思い出したが、 子供の頃のある時期、冬場に床屋へ行くと風邪を引く、というジンクスがなんとなくあった。 当時は、散髪して髪の量が減ると寒さに負けて風邪を引きやすくなるのかな、とか、 その都度ヘンな髪型にされて気持ちがガッカリすると抵抗力が落ちて風邪を引きやすくなるのかも、 など、勝手に推測していたんだが、 最近新型コロナ感染防止目的のマスクと手洗いの影響で、 インフルエンザその他の感染症の罹患率が例年と比較してかなりガッツリ下がっているという記事を見て、 ふと、子供の頃のあれはもしかして当時の床屋経由で風邪をうつされていたのではあるまいか…と思った。 床屋の親父自身は免疫できてて…。 いやまあ、真相は不明だが…。 ド田舎の、数キロ四方でそこ一軒、みたいな理髪店だったしなあ…確か (記憶適当)。 まあ今となってはもうどうでもいいことじゃが。
> 先月、20年来愛用してたトラックボールのボールにへこみをつけてダメ (な使い心地) にしてしまったので、 代わりのやつを買ってみた。 同じ logicool の trackman marble …ではなく、 kensington の orbit fusion というやつ。 logicool のは有線 (USB) だったけど、こっちは無線接続。 まあでも PC 側の送受信用に USB に差し込むタイプの専用の小型無線ユニットが必要なので、 どのみち USB 端子はひとつ使うんだが (bluetooth なら不要だったんだがな…)。 本体が marble mouse よりも若干ずんぐりして横幅もあるのでうちの狭い作業卓上に置けるかちょっと心配だったが、 まったく問題なく設置できた。
数日ほど触って機能・性能上で気になったところは、大体 Amazon のレビューでひととおり書かれていたな。 左ボタンになぜかスイッチを 2つ使ってるんで押し方によっては両方のマイクロスイッチがカチャチャッと入って感触がヘンとか、 スクロール用のリングが回すとカシャカシャこすれる感触 (と音) で使い心地があんましよくないとか、 ボタンがどれもちと固くて、長時間 & 長期間使う場合の指の負担の蓄積が心配…とか。 ボールのはまり具合が固くて取り出しにくい (下の穴からサインペンのケツなどでちょっとつついたくらいでは取れず…かなり力入れて押し込まないとアカン) とか…。 marble mouse の場合は後ろの穴から押すまでもなく、上からつまんで持ちあげればひょいと取れたので。 ボールを取り出すのは、使っているうちにボールの支持点に手垢とかゴミやなんかがたまってボールの転がりが悪くなるので、 時々ボールを外して支持点の周辺を掃除してやる必要があるためなので、 さくっと外れてくれないのは減点対象だなー。 他に、ボールやスクロールリングの回転し始めを検知せず、数秒ほど反応しないことがよくある…。 電池の消耗を抑えるために、一定時間操作しないとスリープするみたいな仕様なんだろうか? (未確認) あと、これはこの製品固有の“気になるところ”ではないが、 これまで長年使い続けてきたやつと形やボタンの位置なんかがぜんぜん違うんで、 手が馴染む (慣れる) までにちょっと時間かかりそう。 現状けっこう指がまごついている。 いやー marble mouse (trackman marble) の形状って、ほんとにゼツミョウなんだよな…。 使い馴染み過ぎてるから余計そう感じるのかもしれんが。 なおボタンの機能 (設定) を変更したりなんかする補助ツールとして、 今までどおりに W10 Wheel と X-Mouse Button Control を使うことにした。 なんか… kensington のサイトでドライバとか探してみたけど見つからないし…。
ところで、ボールのサイズが旧トラックボールとまったく一緒 (40mm) なので、 試しに orbit fusion のボールを marble mouse に入れてみたが、 ボール表面の模様がぜんぜん違うだけあって、 ほぼボールの動きを検知できなかった。 サイズは同じだけど相互転用はムリと。 まあそりゃしょうがないか。
あと、marble mouse を久々に定位置から動かしてしげしげ見て気づいたが、 USB ケーブルの一部がこすれて被覆がかなり傷になっていて、 もう少し進むと中の導線が露出するかも…の一歩手前くらい (どれくらいだ) まで行っていた。 まあ年季入ってるっちゃ入ってるからなあ。
…予備で trackman marble も一応買っとこうかなあ…。 なんの予備だ。
> 現状、USB 接続のキーボードやマウスを Bluetooth 化するには、 BIT TRADE ONE の USB2BT+ という製品を使うほぼ一択の模様。 なるほど。 価格は約 7K。 もし orbit fusion の PC 側 (USB ドングル型) 無線アダプタをこれに差したら、 orbit fusion を bluetooth トラックボールとして使えるようになるだろうか? いや試すつもりはないけど…。
> 18日、田村正和氏の訃報。4.3、77歳。
> 20日、漫画家の三浦健太郎氏の訃報。5.6、54歳。急性大動脈解離。ワシの友人がなったやつだ…。
> 22日、富永一朗氏の訃報。5.5、96歳。老衰。お笑いマンガ道場、一時見てたなあ。

購入記録

  • 雑誌「まんがホーム」2021.6 芳文社
    • らいか・デイズ (むんこ)
    • 孔明のヨメ。 (杜康潤)
    • 若王子主任は後輩ボイスに抗えない! (おりがみちよこ)
    • 天国のススメ! (宮成樂)
    • ちっちゃい彼女先輩と同棲します。 (あきばるいき)
    • 恋はリベンジのあとで (辻灯子) (ゲスト)
    • 天下分け目の小早川くん (真田寿庵) (ゲスト)
    • ラブアマ (有村唯) (ゲスト)
    • ヲトメは義母に恋してる (桐原小鳥)
    • スナックあけみでしかられて (松田円)
    • ちくちく推して (瞳ちご) (ゲスト)
    • ぼくの上目遣い (市川なつを)
    • 菓子男リノベーション (胡桃ちの)
    • キャバ嬢とヒモ猫 (一式アキラ)
    • めい be love (いちかわ壱)
    • 座敷童子あんこ (エミリ) (ゲスト)
    • 歌詠みもみじ (オオトリキノト) (ゲスト)
    • 吸血鬼くんと死体ちゃん (さーもにずむ) (ゲスト)
    • ウメボシオニギリ (よるどん) (ゲスト)
    • うちの秘書さま (ミナモ) (ゲスト)
    • もんもん (熊野みみ) (ゲスト)
    • 新人まんが展:ゆきとまゆ。 (斉藤州次郎)
    • 目次4コマ:投壺 (杜康潤)
  • 雑誌「まんがタウン」2021.6 双葉社
    • 新クレヨンしんちゃん (臼井儀人&UYスタジオ)
    • コミックエッセイ特集~私のご近所事情~ (むんこ/緒方貴子/青山六郎)
    • 部長と2LDK (おりはらさちこ) (最終回)
    • 派遣戦士山田のり子 (たかの宗美)
    • ルナナナ (小坂俊史) (新連載)
    • 新婚のいろはさん (ÖYSTER)
    • 大越春太郎は黙れない! (瀬田ヒナコ)
    • あさひ大家族 (ふじた渚佐)
    • 野原ひろし 昼メシの流儀 (塚原洋一)
    • かりあげクン (植田まさし)
    • SUPER SHIRO コミック版 (原作:臼井儀人/作画:相庭健太/原案:湯浅政明/制作:SUPER SHIRO制作委員会)
    • ユイちゃんの恋結び (橙夏りり)
    • 淑女の笑顔は崩れません (佐野妙)
    • 君と銀木犀に (相澤いくえ)
    • 立ち呑み布袋でもう一杯 (とく村長)
    • 鎌倉ものがたり (西岸良平)
    • 勇者様!? こ…これってそういう意味ですかっ!?♥ (大場玲耶)
    • かのんとぱぱ (おーはしるい)
    • 意味がわかると怖い4コマ (湖西晶)
    • 食欲しか勝たん! (えきあ) (ゲスト)
  • 雑誌「まんがタイム」2021.6 芳文社
    • おとぼけ部長代理 (植田まさし)
    • 花丸町の花むすび (むんこ)
    • ローカル女子の遠吠え (瀬戸口みづき)
    • ラディカル・ホスピタル (ひらのあゆ)
    • 大家さんは思春期! (水瀬るるう)
    • 企画:おとぼけ部長代理トリビュート (瀬田ヒナコ/むんこ/トフ子/柳原満月/西岡さち/ひらのあゆ)
    • レーカン! (瀬田ヒナコ)
    • 軍神ちゃんとよばないで (柳原満月)
    • 良倉先生の承認欲求 (G3井田)
    • 秘密のお姉さん養成ノート (トフ子) (ゲスト)
    • 冷めないふたりのひとりご飯 (きたむらましゅう)
    • 茨城ってどこにあるんですか? (真枝アキ)
    • 六畳一間の憑き物石 (西岡さち)
    • お酒は20日になってから!! (えのまなみ) (ゲスト)
    • 瀬戸際女優! 白石さん (櫻井リヤ)
    • お天気おねえさんの晴れ舞台 (きなこ)
    • 午前0時のおねだりごはん (あきさと)
    • テレパス皆葉と読めない彼女 (諸田トモエ)
    • 女神に胃袋つかまれた! (町田すみ)
    • 書類憐れみの霊 (イチョウヨワシ) (ゲスト)
    • 新人まんが展:おちゃんぴぃ ちゃ美 (ふたばたまご)
    • 目次4コマ:つながれ! 黒電話ちゃん (瀬田ヒナコ)
  • 雑誌「週刊漫画TIMES」2021.5/21-28 芳文社
    • 瓜を破る (板倉梓)
    • 信長のシェフ (梶川卓郎)
    • 解体屋(こわしや)ゲン (原作:星野茂樹/石井さだよし)
    • 妻、小学生になる。 (村田椰融)
    • 神様のバレー (原作:渡辺ツルヤ/西崎泰正)
    • つぐなう肌 (原作:村生ミオ/優斗)
    • ごほうびごはん (こもとも子)
    • 神客万来! (ねむようこ)
    • 村祀り (原案協力:木口銀/山口譲司)
    • 今日から派遣サイボーグ (小泉ヤスヒロ)
    • ヤバい女に恋した僕の結末 (沖田龍児)
    • かわうその自転車屋さん (こやまけいこ)
  • 雑誌「ヤングコミック」2021.6 少年画報社
    • まぐわい部屋の管理人さん (東雲龍) (新連載)
    • はかりしれない計子さん (大沢ういち)
    • 元女勇者35才 (蛇光院三郎)
    • ツボネノツバメ (zen9)
    • おねーさんが侵略中!? (さんりようこ)
    • 見たいもの見せましょう (たまはがね)
    • ヤンキー娘になつかれて今年も受験に失敗しそうです (ジェームスほたて)
    • いいわけも出来ない -姉彼- (水島空彦)
    • スカートの裾掴むボクの手が今も震えてるのは…… (佐野タカシ)
    • イケナイ菜々子さん (あさぎ龍)
    • ナナの裏ドル活動 (ぷらぱ)
  • 雑誌「まんがライフオリジナル」2021.6 竹書房
    • 晴れのちシンデレラ (宮成楽)
    • おんぼろ花ハイム (むんこ)
    • リコーダーとランドセル (東屋めめ)
    • ちぃちゃんのおしながき (大井昌和)
    • ねこようかい (ぱんだにあ)
    • ネコぐらし (深谷かほる)
    • 森田さんは無口 (佐野妙)
    • のみじょし (迂闊)
    • しょうもないのうりょく (高野雀)
    • となりの席の同居人 (神仙寺瑛)
    • 鬼桐さんの洗濯 (ふかさくえみ)
    • はかせの未来 (せかねこ)
    • ばつ×いち (おーはしるい)
    • そしらぬディスタンス (松田円)
    • 黒影夜子の駐在日誌 (唐草ミチル)
    • セトギワ花ヨメ (胡桃ちの)
    • 雑兵めし物語 (重野なおき)
    • なごみクラブ (遠藤淑子)
    • 化け猫さんは恩返しがしたい (梨尾)
    • ハッピーアワーガールズ (揚立しの)
    • もぐもぐガーデン (宇仁田ゆみ)
    • 中年女子画報 (柘植文)
    • ずぼら先輩とまじめちゃん (東385)
    • 博多女子は鬼神のごとく気が強か!? (山東ユカ)
    • ギャル医者あやっぺ (長イキアキヒコ)
    • よそじとふたごのメシ事情 (小坂俊史)
    • とーこん家族 (よしもとあきこ)
    • ぼのぼの人生相談 (いがらしみきお)
    • 異世界にマンガ家が転生したらどうなるのか、描いてみた件 (たけのこ星人)
    • 全ての映画は、ながしかく (施川ユウキ)
    • 目次4コマ:ポポ時評 (施川ユウキ)
  • 雑誌「主任がゆく!スペシャル」Vol.159 ぶんか社
    • 主任がゆく! (たかの宗美)
    • 金髪女将綾小路ヘレン (たかの宗美)
    • ねこ道楽 (いわみちさくら) (単行本発売記念SP掲載)
    • お地蔵さまが見てござる (薮犬小夏) (ゲスト)
    • 隣のショタがまるで嫁 (道野ほとり) (ゲスト)
    • あい・ターン (おーはしるい)
    • くそじいじとカメラと私 (うず)
    • 若奥様は侵略中 (佐野妙)
    • 群馬犬! (安西理晃)
    • きっこと申します。 (海野倫)
    • 桃川桜は変わりたい (師走冬子)
    • 農学女子 (そめい吉野)
    • ファニーランドの鬼ババア (むんこ)
    • マチ姉さんのポンコツおとぎ話アワー (安堂友子)
    • ゆるふわと情熱のあいだ (袴田めら)
    • 嫁姑は仲良くケンカする (大江しんいちろう)
    • 双子コンプレックス (おりはらさちこ)
    • 花野さんとの縁結びは難しい (野広実由)
    • モノズキ散歩、お茶してうまし♥ (胡桃ちの)
    • もう雑誌なんて誰も読まねえよ (川崎昇平)
    • カメのまんねんさん (千石のりお) (ゲスト)
    • それいけ! せっぷく丸 (大塚みちこ)
    • 大江しんいちろうSPインタビュー
    • 目次4コマ:ゆるゆる4コマ (たぁぽん)
  • 雑誌「週刊漫画TIMES」2021.6/4 芳文社
    • パスタの流儀 (原作:花形怜/才谷ウメタロウ) (新連載)
    • 解体屋(こわしや)ゲン (原作:星野茂樹/石井さだよし)
    • 法廷のファンタズマ (荒川三喜夫)
    • 瓜を破る (板倉梓)
    • ごほうびごはん (こもとも子)
    • 村祀り (原案協力:木口銀/山口譲司)
    • ブラック芸能事務所ですがなにか? (usi)
    • ノーサイドクエスト (好本拓朗)
    • 今日から派遣サイボーグ (小泉ヤスヒロ)
    • ヤバい女に恋した僕の結末 (沖田龍児)
    • うそびっち先輩 (音井れこ丸)
  • 雑誌「まんがライフ」2021.7 竹書房
    • チート転生した猫は嫁の膝で丸くなりたい (樹るう)
    • めんつゆひとり飯 (瀬戸口みづき)
    • 動物のおしゃべり♥ (神仙寺瑛)
    • だもんで豊橋が好きって言っとるじゃん! (佐野妙)
    • 晴れのちシンデレラ (宮成楽)
    • 有閑みわさん (たかの宗美)
    • ますたーあっぷ! (湧井想太/原作:仁藤砂雨)
    • 醍鹿館のシェアメイト (おーはしるい)
    • 高尾の天狗とミドリの平日 (氷堂リュージ)
    • 恋愛感情のまるでない幼馴染漫画 (渡井亘)
    • スパロウズホテル (山東ユカ)
    • 若旦那はザンネン。 (小池定路) (最終回)
    • のみじょし (迂闊)
    • マルヒソカ (さのださだ) (ゲスト)
    • リコーダーとランドセル (東屋めめ)
    • 奥さまはアイドル♥ (師走冬子)
    • ぼのぼの (いがらしみきお)
    • 俺だけは八木坂さくらを好きにならない (季野このき)
    • オルタナティブメランコリー (渋谷一月)
    • おまわりさんと悪女ちゃん (まどろみ太郎)
    • 旅するように暮らしたい (胡桃ちの)
    • 新フリテンくん (植田まさし)
  • 雑誌「まんがタイムオリジナル」2021.7 芳文社
    • ラディカル・ホスピタル (ひらのあゆ)
    • らいか・デイズ (むんこ)
    • 小森さんは断れない! (クール教信者)
    • おひとり好きの富士宮さん (イチノセ) (ゲスト)
    • おしかけツインテール (高津ケイタ)
    • 可愛い上司を困らせたい (タチバナロク)
    • Dr.こよりの美味カルテ (按図よしひろ)
    • 鈴宮さんのダジャレをスルーできない (ため) (ゲスト)
    • ひとりで飲めるもん! 番外軒 (コナリミサト) (ゲスト)
    • 冷めないふたりのひとりご飯 (きたむらましゅう)
    • ミッドナイトレストラン7to7 (胡桃ちの)
    • 大家さんは思春期! (水瀬るるう) (最終回)
    • うららのパンツは店長を困らせる (saku)
    • となりのフィギュア原型師 (丸井まお)
    • カントリー少女は都会をめざす!? (鬼龍駿河)
    • 敷金礼金ヤンキー付き (namiki)
    • 負け恋。 -ずるい恋の始め方- (近衛桜月)
    • 止まった世界の歩き方 (おたき) (ゲスト)
    • 氷室君は板野さんの事が覚えられない (かわのゆうすけ) (ゲスト)
    • 通勤通学クエスト (金田ライ) (ゲスト)
    • オネェの恋のはじめかた (真木たなひ) (ゲスト)
    • 目次4コマ:やくみつるのズバリ!!一発勝負!! (やくみつる)
  • 雑誌「週刊漫画TIMES」2021.6/11 芳文社
    • 解体屋(こわしや)ゲン (原作:星野茂樹/石井さだよし)
    • 妻、小学生になる。 (村田椰融)
    • パスタの流儀 (原作:花形怜/才谷ウメタロウ)
    • 神様のバレー (原作:渡辺ツルヤ/西崎泰正)
    • 瓜を破る (板倉梓)
    • 法廷のファンタズマ (荒川三喜夫)
    • ごほうびごはん (こもとも子)
    • 王子とこじき -転生したら名作の主人公でした- (原案:マーク・トウェイン/風町ふく)
    • 村祀り (原案協力:木口銀/山口譲司)
    • 今日から派遣サイボーグ (小泉ヤスヒロ)
    • ヤバい女に恋した僕の結末 (沖田龍児)
    • かわうその自転車屋さん (こやまけいこ)
  • コミックス(古)「こじらせ百鬼ドマイナー (1)」南郷晃太、集英社 ISBN978-4-08-881674-6 C9979 ¥440E (2018)
  • コミックス(古)「こじらせ百鬼ドマイナー (2)」南郷晃太、集英社 ISBN978-4-08-881734-7 C9979 ¥440E (2019)
  • コミックス(古)「こじらせ百鬼ドマイナー (3)」南郷晃太、集英社 ISBN978-4-08-881894-8 C9979 ¥460E (2019)
  • コミックス(古)「こじらせ百鬼ドマイナー (4)」南郷晃太、集英社 ISBN978-4-08-882152-8 C9979 ¥460E (2019)
  • コミックス(古)「こじらせ百鬼ドマイナー (5)」南郷晃太、集英社 ISBN978-4-08-882288-4 C9979 ¥460E (2020)
  • 単行本(古)「大活字版 ザ・賢治 -全小説全一冊-」宮沢賢治、第三書館 ISBN4-8074-0640-X (2007)

    ■童話と散文

    • 銀河鉄道の夜
    • グスコーブドリの伝記
    • セロ弾きのゴーシュ
    • ポラーノの広場
    • 風の又三郎
    • 北守将軍と三人兄弟の医者
    • ビジテリアン大祭
    • オツベルと象
    • 土神と狐
    • 蜘蛛となめくじと狸
    • 鳥箱先生とフウねずみ
    • タネリはたしかにいちにち噛んでいたようだった
    • 種山ヶ原の夜
    • 饑餓陣営
    • ポランの広場
    • 双子の星
    • 気のいい火山弾
    • よだかの星
    • 月夜のけだもの
    • 龍と詩人
    • 秋田街道
    • あけがた
    • ありときのこ
    • ある農学生の日記
    • イギリス海岸
    • 泉ある家
    • いちょうの実
    • イーハトーボ農学校の春
    • インドラの網
    • 馬の頭巾
    • うろこ雲
    • 狼森と笊森、盗森
    • おきなぐさ
    • 貝の火
    • カイロ団長
    • ガドルフの百合
    • 烏の北斗七星
    • 雁の童子
    • 革トランク
    • 黄いろのトマト
    • 疑獄元兇
    • 大礼服の例外的効果
    • クねずみ
    • 耕耘部の時計
    • 蛙のゴム靴
    • 学者アラムハラドの見た着物
    • かしわばやしの夜
    • 花壇工作
    • 家長制度
    • 黒ぶどう
    • 虔十公園林
    • けだもの運動会
    • 氷と後光
    • さいかち淵
    • サガレンと八月
    • ざしき童子のはなし
    • さるのこしかけ
    • 山地の稜
    • 三人兄弟の医者と北守将軍
    • シグナルとシグナレス
    • 紫紺染について
    • 鹿踊りのはじまり
    • 十月の末
    • 十力の金剛石
    • 十六日
    • 植物医師
    • 水仙月の四日
    • 税務署長の冒険
    • 台川
    • 種山ヶ原
    • 「旅人のはなし」から
    • チュウリップの幻術
    • 注文の多い料理店
    • ツェねずみ
    • 月夜のでんしんばしら
    • 手紙
    • 電車
    • 毒蛾
    • 毒もみのすきな署長さん
    • 床屋
    • とっこべとら子
    • 鳥をとるやなぎ
    • どんぐりと山猫
    • なめとこ山の熊
    • 楢ノ木大学士の野宿
    • 二十六夜
    • 猫の事務所
    • バキチの仕事
    • 化物丁場
    • 畑のへり
    • 花椰菜
    • 林の底
    • 茨海小学校
    • ひかりの素足
    • ひのきとひなげし
    • 氷河鼠の毛皮
    • 二人の役人
    • 復活の前
    • 葡萄水
    • フランドン農学校の豚
    • ペンネンネンネンネン・ネネムの伝記
    • ペンネンノルデはいまはいないよ 太陽にできた黒い棘をとりに行ったよ
    • マグノリアの木
    • 沼森
    • まなづるとダァリヤ
    • 祭の晩
    • マリヴロンと少女
    • みじかい木ぺん
    • 峯や谷は
    • めくらぶどうと虹
    • 柳沢
    • 山男の四月
    • やまなし
    • 雪渡り
    • よく利く薬とえらい薬
    • 四又の百合
    • ラジュウムの雁
    • 若い木霊

    ■詩

    • 春と修羅第一集
    • 春と修羅第二集
    • 春と修羅第三集
    • 春と修羅第四集
    • 東京
    • 三原三部
    • 装景手記
    • 文語詩稿 五十篇
    • 文語詩稿 一百篇
    • 文語詩未定稿
    • 疾中
    • 手帳より
  • CD(古)「誰がために 成田賢ヒストリー」成田賢、日本コロムビア COCX-34288 (2007)
    1. 誰がために (「サイボーグ009」)
    2. 九つの命 (「サイボーグ009」)
    3. 母は大地 (「サイボーグ009」)
    4. 闘いは終わった (「サイボーグ009」)
    5. 荒野の呼び声 (「荒野の呼び声 吠えろバック」)
    6. しあわせがいない (「荒野の呼び声 吠えろバック」)
    7. コスモス・ドリーム COSMOS DREAM -宇宙をかける夢- (コロムビア・カヴァーヴァージョン) (「新竹取物語 1000年女王」)
    8. 線路で描ける日本地図 (「いい旅、チャレンジ20,000km」)
    9. 終わりのない旅 (「いい旅、チャレンジ20,000km」)
    10. ああ電子戦隊デンジマン (「電子戦隊デンジマン」)
    11. 戦う電子戦隊デンジマン (「電子戦隊デンジマン」)
    12. 星からきた超兵器 (「電子戦隊デンジマン」)
    13. デンジマンにまかせろ! (「電子戦隊デンジマン」)
    14. 虹のように (1stアルバム「眠りからさめて」より)
    15. 人間の醜さがひき起こした奇怪な美しさの裏にひそんだ不快な感情を題にした詩 (2ndアルバム「汚れた街にいても」より)
    16. ねがい (1stアルバム「眠りからさめて」より)
    17. すべては一部のすべて (1stアルバム「眠りからさめて」より)
    18. 素晴らしい愛と共に (1stアルバム「眠りからさめて」より)
    19. 春だもの (2ndアルバム「汚れた街にいても」より)
    20. 1-2-3-4 激気正義! (「獣拳戦隊ゲキレンジャー」)
    21. 東ハト キャラメルコーン (bonus track)
    22. 赤福餅の唄 (bonus track)
  • DVD(古)「蛇娘と白髪魔」角川ヘラルド映画/角川エンタテインメント DABA-0234 (2006)
    • 本編
    • 映像特典:予告篇 / みうらじゅんによる解説
    • 封入特典:特製ライナーノーツ (6P) / 楳図かずお氏インタビュー
  • DVD(古)「蛇娘と白髪魔 (「大映特撮映画DVDコレクション」第28号付録)」デアゴスティーニ・ジャパン/KADOKAWA DET-28N (2015)
> 「誰がために 成田賢ヒストリー」は、 ある日「新竹取物語 1000年女王」主題歌「コスモス・ドリーム -宇宙をかける夢-」のコロムビアカバー版の音源持ってなかったわ… と気づいて、収録アルバムを検索で探したパターン。 なお収録曲中のデンジマン挿入歌「星からきた超兵器」は未聴曲だった。 旋律は聞き覚えがあったけど(*31-2)歌は初めて。 まさかデンジマンでまだ聞いたことのない歌があったとは…。 なお「1000年女王」そのものは一度も見たことがないんであった。
「蛇娘と白髪魔」は 1968年公開、楳図かずお氏の漫画が原作 (「赤んぼう少女」と「ママがこわい」を足して二で割った脚本) で、 監督は昭和ガメラシリーズの湯浅憲明氏、 主演は「河童の三平 妖怪大作戦」を途中降板した松井八知栄さん。 若き日の楳図かずお氏もタクシー運転手役でカメオ出演。 そして、中身 (本編) は同じなのになんで 2種類も買ってるんだよっていうね。 推測だがデアゴスティーニ版の方は、 角川の 2006年のリマスター版をそのまま (あるいは多少ビットレートを落として?) 使っていると思われる。 なおデアゴスティーニの方の解説冊子はついてなかった。まあ中古でなるべく安いのをと選って買ったんで…。
「こじらせ百鬼ドマイナー」全5巻はワシの好きなやつ。 最初、作者が Twitter に数話アップロードしてたのを見て知って、 その後 Web で公開されたのを途中から読んでたんだけど、 読んでないエピソードとかも確かあったな…と思い出し、 例によってブックオフオンラインで中古 DVD を買う時にクーポン適用条件を満たすために足し買いしたパターン。 いつかお金持ちになったら新刊で買い直す (無意味な宣言)。
「大活字版 ザ・賢治」は、新仮名新漢字だった。 そして、なんともいえない…安(やっす)い香料のような、メントール系煙草のヤニ臭のような、 ずっと嗅いでると気持ち悪くなるような臭気が紙の一枚一枚まで染み付いていた…。 どうやったらこんなニオイを浸透させられるんだろう、っていう。 ほんとに値段につられて中古でばっかり買ってるとこういう目にあう確率も上がる。 現在、どうやってニオイを取るか思案中。 新聞紙をページサイズに切って数ページ置きにはさみこんでしばらく置くと取れる、らしいが、 そもそも新聞紙をどうやって入手するか、が問題なんだよな…。 この場合、金払って買うってのもなんか違う感あるし…。 販売店で余った押紙をタダでもらえないだろうか…? それはちとムシが良すぎるか。
アニドウチャンネル。 「アニメーションどうらく」のなみき氏の話がいつもの並木節で面白かった…。 ところでタイトルの「アニメーションどうらく」は略すと「アニどう」だから?
試行錯誤でちゃんとレシピを練ったやつ。 すげーな、ちゃんと飲めるやつが開発できてる…。
やっとかー。 改善っちゅーか、今まで取消方法なかったんじゃない? もしかすると、当選しても 2回スルーする (買わない) と参加取消処理されるような仕組みになってそうな気はするんだけど。 でもそのへんについてどこにも明記されてない。あるいはどこかにされてるのかもしれんが探した範囲では見つからなかった。 (追記 : 気のせいだった。そんな仕組みはぜんぜんなかった) まあ、いずれにしても参加取消の意思表示の方法がはっきりしたのはよかった。
仏教での「無縁」とは、文字どおり (仏教との) 縁がないことの他に、 無条件の意味もあり (縁がない、ではなく、縁 (= 条件) を必要としない)、 それはつまり、差別なく平等に、ということでもある。とか。
短波だからな。 短波の送信所も次々に運用が終わってしまって…。
「公開」されたところへ行くのは「潜入」じゃないような。
電信 (モールス符号) が発明される前、18~19世紀に使われていた通信方法。 モーターを使った自動腕木送信に加えて機械学習を使った受信 (解読) も。しかし受信 (機械学習) はなかなか難易度が高い模様…。 まあ、学習パターンをひたすら増やすんでなく、 背景を固定にするとか腕木に目立つマーカーなり色なりをつけるとか、工夫のしようはあるとは思うが。 人の目による実運用でもそういう「伝達のしやすさ」の工夫はアリだったろうし。 それだと納得できなかっただけかもしれんけど。
日本では江戸中期から明治にかけて独自の手旗式伝達手段が発達していたのか。
一方、環境省環境再生・資源循環局総務課リサイクル推進室の「レジ袋有料化について」(総務省公害等調整委員会機関誌「ちょうせい」第101号 令和2年5月)では、「日本から毎年排出される廃プラスチックのうち、レジ袋が占める割合は2%程度と言われており、プラスチックごみ全体の量から見ればごく僅(わず)かである」としている。レジ袋を有料化して、たとえゼロにまで削減しても、地球環境の改善にほとんど効果がないと認めている。

エコバッグはそもそもエコなのかという論議もある。日本LCA学会は09年3月、マイバッグ(エコバッグ)とレジ袋の原料、製造、輸送、処分を合計した二酸化炭素排出量を算出した。マイバッグを50回以上使用しなければ、レジ袋より二酸化炭素の負荷が高く、環境に優しくないと結論付けている。

新型コロナの感染拡大を受けて、米国ではエコバッグを禁止して、レジ袋に戻す動きもある。

ブルースリーの実寸大胸像。
「アクアマン」より王女メラの実寸大胸像。
「スーサイド・スクワット」より「ハーレイ・クイン」の実寸大胸像。

原著のWeb版は、非営利で再配布・改変可能なクリエイティブ・コモンズライセンス(CC BY-NC-SA 4.0)で無料公開されており、随時アップデートが行われている。

HACARUSのデータサイエンティストは、同書を参考書に社内輪読会を行ってきており、昨年11月から日本語訳プロジェクトを始めた。和訳も原著と同様、GitHubで管理しているため、誤字や誤訳をIssue や Pull Request などで報告してほしいという。また、原著のアップデートにも対応していくとしている。

宮田健。 サポートがとっくに終わった (普及価格帯の) ネットワーク機器のファームの脆弱性への対策は買い換えの一手とか、 決済の安全性確保には本人認証などで手間がかかるのは当然、とか、 情報漏洩事件での (ただの) 煽りや祭り騒ぎは意味ないからヤメロ、とか、 「新しい常識」でもなんでもない。 なんだろうこの記事。
まあそうだね。
ワシ的重要箇所:タバコ (喫煙) はアカン。
使ったことない (そもそも機会が)。
だいぶ以前、既存の書きかけ (完成度 9割) のコードを仕上げるという手伝い仕事で某所に行った時、 ブラウザのフォームからユーザ (特定少数) が入力した文字列を、 ホントになんの加工処理もせずに次のシーケンスでそのまま表示 (出力) するルーチンがあって、 出力前段に最低限のエスケープ処理を追加 (+ 報告) したら、 仕様書に明記してない余計な処理は入れるな、って文句言われたことがあったな。 あれを思い出して、そういうのも「暗黙に余計なことをする」ことにもし含まれるんだといろいろ問題だよなあ、と思った…。 なお運用期限付の代物だったんでもうとっくに運用終わってるけど、 その後特になにも言われなかったからアレで特に問題は起きなかったんだろう…たぶん。
第3 なの? 第2 じゃないの…? 片方の手に 1本だけ追加するから?
塩分は心臓の大敵。そうか~。

2021.05.07

 約7年間にわたり、どんどん「近代社会」としての前提が瓦解していく日本を見ながら、メディアに携わる人間としてこのままではいけないと思い、ハーバービジネスオンラインを運営してきました。

 しかしながら、本日5月7日をもちまして、すべての記事の配信を停止し、一部連載は日刊スパ・女子スパ・bizSPAフレッシュの3媒体で継続するということになりました。

 なお、過去配信記事についてはそのままでご覧いただけます。

<ハーバービジネスオンライン編集部>

けっこうなげえこと更新チェックしそびれていたんだが、こんなことになっていたとは。
そもそも字なのかこれ? っていう形…。
これはいい。

> 以下、ためこんでいた URLメモをただ吐き出し (今月分)。
そう、好き嫌いと守るべき対象か否かは別なんだがなかなかむずかしい…。
「マールキーン自転車 ホーイのホーイのホイ♪」
こんな気違いじみたCaptchaがホントにあるのか…すげえな何考えてんだ
オーブントースターや電子レンジのメーカー。製造は京セラに委託。
中小企業向けの特定保険業等をおこなう一般財団法人「あんしん財団」(新宿区)」。
防衛省が運営する5月17日に始まった新型コロナウイルスワクチンの高齢者向けの大規模集団接種のウェブ予約で、実際の接種券に記載されていない架空の数字を入力しても予約ができると報じられ、波紋を呼んでいる。
まずそんなゴミシステム作った奴の責任はどうなんだ。
なんなんだろうなこの国の中枢部のヘッポコっぷり…シャレになってない
なんか取り上げ方にムリヤリ感ない? > 弁護士ドットコム
これは対声優の問題というよりはテレビ作ってる側がゆるんゆるんでダメダメって話だな
なかなか秀逸。
ガソリンエンジンから解き放たれた故の「オリジナリティの高いデザイン」として写真載ってるやつがモトコンポそっくりだったり。 モペッドってナンバー非表示にしたら自転車として乗ってええの? ホントに? ちょっと盲点だったな…。
警告送信元は「著作権侵害対策会社のOpSec Security」。 その後言い訳になってない言い訳をぐだぐだ。
●前総長時代から「自由な学風」に翳りが見えはじめた

なぜ、もともと学生が狙われるようになったのか。実は、ゴリラ研究の一人者として知られる山極寿一前総長時代から「自由な学風」に翳りが見えはじめた。

このタテカン以外にも、「吉田寮」の立ち退き問題が発生するなど、学生たちに対して、大学側は強硬な態度をとっているのだ。

 新しいiPadが発売されるたび、これ1台でビジネスとかiPadだけで仕事云々(うんぬん)といったエントリーがネットにあふれ出す。世の中にはどうしてもiPadを仕事に使いたい、というかこれだけ持っていけば大丈夫なシナリオを描きたい人というのが一定層いらっしゃるのである。

 そんなふうに書くと「お? ナニかオマエ、Apple Disなの? お?」と絡まれてしまうのだが、筆者が初めてApple製品を購入したのは1990年のことで、Macintosh SE/30以来のAppleユーザーなので、どうか見逃してほしい。

 で、話を戻すと、そうした記事を量産していらっしゃるライターの方を記者説明会の際にお見掛けしたら、颯爽(さっそう)とノートPCを広げられて盛大にズッコケたことがある。まあ「オシゴト」でやられていることだから、いろいろ事情があるのだろう。

蛇足的脚注

*31-1 : 風呂
原詞によると、風呂といっても蒸し風呂らしい。 それでもなんで 2日がかりなのかはやっぱりよく分からんけど。
*31-2 : インスト曲
「電子戦隊デンジマン MUSIC COLLECTION」の最後に収録されている 「正義の凱旋」とタイトルのついた曲 (インストゥルメンタル) が、 「星からきた超兵器」「戦う電子戦隊デンジマン」「デンジマンにまかせろ!」のメドレー構成の曲だった。