駄日記 (未完結間欠日記)

2005年 9月


2005-9-1 (Thu)

9月になってしまった。
腐れ東芝EMI の新方式 CCCD の検証記事。 附属ソフトをインストールしなければトラックごとのリッピングは普通にできるらしい…。 ホントに何がやりたいんだかよく分からんな。

確かに分かりやすい。かも。 そしてリンク元の「+ 駝 鳥 +」の記事も。

2005-9-2 (Fri)

ここ数日、夜中前に沈没して、早朝 (深夜から日の出までの間) に目が覚める。 で、ちょっと朝ゴハン食べてしばらくするとまた眠くなって寝ちゃったりして。 移行期にたまにあるんだけど、「かろうじて昼型」モードだな。

購入記録

  • 雑誌「まんがホーム」2005.10 芳文社

コメント欄が…。 ていうかそんなこと (?) のために 18マンも出すか。 もっと安ければなァ。 (ぉぃ)

自転車で移動する人間は、どの動物どの機械よりも、物理的効率がいいらしい

小寺信良氏の記事。
もう一つ、デジタルテレビに関する物騒な話をしよう。デジタル放送対応テレビでは、双方向通信機能を利用して、クレジットカードでのショッピングが可能だ。 (中略) では、このクレジットカードの番号も含むこれらの入力された個人情報は、そのあとどうなるかご存じだろうか。実は、放送局に送信されるだけではなく、テレビ内部にも記録が残るのである。
ちょっとこええ…。

おおっ。これはいいアイディアかも。 でも常用はちょっと厳しいのかな。 (まだ元記事ちゃんと読んでない) あと、ある程度成長してないと (子供だと) 使えないかもしれないな。

今使ってるやつがダメになったら (なりかけてるけど) これにしようかな。 って 20万超か…。 今から積立てでもしとかなきゃ買えそうにないのぅ…。

そういえば「ゆびとま」から、“なぜ生年月日登録が必須なのか”の回答が来ていた。 まとめると
  • 4月生まれの卒業年確認には日付まで必要
  • 同姓同名のユーザからの問い合わせの際に本人確認材料のため必要
  • 生年月日情報を元にアンケート (任意回答) の集計を行なったり、 オプトインメールの配信先指定 (年齢指定有りの場合) に使ったりする
とのことらしい。 4月生まれの人の誕生日が 1日かそれ以外かを確認するためだけに、 *全て*のユーザの生年月登録が必須なんかい、とか、 そもそも「卒業年確認」自体必要なのか (ていうかそもそもそんな事務処理を実際に行なってんの?)、とか、 同姓同名で生年月まで一致するユーザがどれだけの確率でいるんかい、とか、 そもそも本人確認材料は登録メールアドレスで必要十分だろう、とか、 アンケートやオプトインメールの際に登録個人情報がイモヅル式に参照されて利用されてるということは、 内部的にイモヅル式にどこかから一括して登録した情報全てが漏れる可能性も…とか、 個人的にはゼンゼン納得のいく理由でなかった (「思いついた端から列挙してみました」感アリアリみたいな) 上に、 ヤバい運営のし方 (個人情報の扱い方) をされている可能性も感じてしまったので (あくまで推測というか邪推だが)、 やっぱユーザ登録削除 (退会) して正解だったという結論。
という訳で (なにがだ) anido の上映会に 2タテで行きそびれた。 (今回寝過ごし + 仕事優先) ここんところちょっとトホホ続きかも…。
そしてトホホとはちょっと違うけど、 知人の訃報が届いた。 今の会社に入ってから知り合った人で、同い年だったんだが…。 亡くなったのは先月頭 6月末頃? で、伝言リレーの果てに上司経由で連絡が回ってきた。 自宅で心臓麻痺を起こしたとのことだけど、 精神的にまいっていた様子もあったのでなァ…。 でも本当に、最後にあまり苦しまずに済んだのだったら、 それはせめてもの慰めだったかもしれない。 (あんまし足しにならない「慰め」だけど…) ちょうど、光回線開通のお知らせも兼ねて、メールでもしようかしら、とか思ってた矢先だったんだけどなァ…。
最近めっきり大マスコミ方面はチェックしてねーので、 個人的にはあんまし影響受けてなさげ。

金持ちと貧乏人の格差がどんどん開いていく、というのは米国あたりがヒドい状態みたいな話を最近よく見聞きしていたが、 実は日本も既にほぼ同じくらいカネモチ優先国になっていたらしい。

2005-9-3 (Sat)

会社のカネで (会社用に) 買ったきり 1年以上ホッタラカシにしていた OpenBlockS 266 を引っ張り出して、 ちょっといじってみて、というかシステム設定してみている。 どう仕立てようか…とか考えつつあれこれ情報を漁っていると、 ガメて自分とこ用に使っちゃいたいな…というアクマの囁き (?) が…。 (ま~ガメるガメないは関係なく一応セットアップは一通りやっとかにゃ使えんので、 どっちにしても必要な作業な訳ではあるのだが)
悪文の一つとされる「整備文」。
よくこんなシロモノを発明・維持し続けていられるもんだなァ…。

2005-9-4 (Sun)

goo のメールアドレス宛の日本語 spam が増え始めた。 ほとんどが「info@{デタラメな英字並び}.com」からでパターンが似通ってるんだが、 出してるところは一緒なのかねこれ…。 しかし spam 出しまくる連中の心理がどうも未だに分からんな。 普通の服でコンビニ前やそこらの地べたにベッタリ座ってくつろいでる人たちの心理がサッパリ分からんのと同じくらい分からん。
JavaScript、 奥が深そうで、しかしなかなかムチカチイ。 (ブラウザによって実装が違ったり…とか、って IE がガンなんだけど。 しかも IE でしか動かないコーディングしてやがるアホウの方が多かったりするんで余計)

2005-9-5 (Mon)

昨夜は首都圏はとんでもねぇ集中豪雨だったようで…。 電車止まったり避難勧告が出たり水びたしになったり、いろいろ大変だったみたいだな。 いつものようにこもりきりで過ごしてたんで個人的には何の影響もなかったけど…。

購入記録

  • 雑誌「まんがくらぶ」2005.10 竹書房
  • 雑誌「まんがタイムジャンボ」2005.10 芳文社
  • 雑誌「秋月りすスペシャル」まんがライフオリジナル10.1増刊号 竹書房
  • 雑誌「まんがタウン」2005.10 双葉社
  • DVD「渥美清の 泣いてたまるか (14)」(「僕もガードマン」「兄と妹」) デアゴスティーニ・ジャパン NTD-014N (2005)


デスマーチっぽい仕事に関わったことはあるけどホンモノのデスマーチの経験はないなァ。 (って“ソフト開発”の仕事じゃないから当たり前か?) 体と命は大事に、だな…。

2005-9-6 (Tue)

建物内水道配管工事のため断水のお知らせ、のチラシがドアポストに入っていた。 火、水の両日、9~17時の間だって。え~。 仕方ないのでヤカンやナベやペットボトルなどに水道水を溜め、 お湯もわかしてポット (というか水筒) いっぱいに入れ、 普段は水なんか溜めないユニットバスの浴槽にもトイレ用の水を確保。 (なんか水が青く見えるんだけど気のせいだろうか…光とバスタブの材質の加減?) で、チラシをよくよく見たら断水になるのは今月末だった。 よく読めよ! > ワシ
Linspire、旧名 lindows で、 タダで拾えるならなんでも拾ったれと思ったらサーバ激重で拾えない…。 時間をおいて何度も試してやっとダウンロードページまでたどりついたが、 なんか 800人くらいの queue が入っていて順番待ち状態。 1時間たっても 700人くらいまでしか減ってないし。 直接ダウンロードする他に BitTorrent を使っても get できるらしく、 BitTorrent がよく分からなかったので検索してみたらファイル共有ソフトだったか。 (BitTorrent がこの手のものの配布にも割と向いた仕様になってるってことかな…?) 某サイトでおススメのクライアント (BitComet) を拾ってきて立ち上げて、 現在じりじりと get 中。 直接ダウンロードするよりは早そう。 (まァでもたっぷり数時間はかかりそうだが)
…突然、エラい勢いでダウンロードが進みだした。 光回線の相手をつかまえたのかな…。 数分で完了。延々ダウンロードの順番待ちしないで済んでしまった。

公職選挙法もなんかグダグダみたいだしなァ…。 いつ改訂されんのかなァ。
この「公職選挙法」は運動員に「お茶と茶菓子」の提供は認めている、 缶入のお茶は良くて「ポカリ」はダメ、紅茶はいいけどジュースはダメ、 せんべいはいいけどケーキはダメとか訳のわからない基準がそのまま放置されている

IE の仕様。 「javasc%26amp%3b%2309%3bript = javasc	ript = javasc	ript = javascript 、なんだそうだ。」 すごすぎ。メチャクチャだ。っていうかこんな実装していいの? (規格的に)
MS で IE といえばこんな記事もあったっけ。↓

BitTorrent クライアント、 BitComet は画面も綺麗だし情報の表示も十分だしスッキリして使い (分かり) やすそうと思ったものの、 CPU の負荷がかなり高い。 立ち上げっぱなしにしていると CrystalCPUID が利かず、CPU クロックは上限 (1533MHz) に上がりっぱなしになって、 CPU 温度と、つられて HDD 温度がどんどん上がってしまう。 で、もうちょっと軽い (らしい) BitSpirit をかわりに試してみた。 CrystalCPUID も 666MHz に落ち着いたままで問題なさげ。 使い勝手もそんなに悪くなさげ。 とりあえず、 Linspire 無料販売キャンペーンが終わるまでは配布に協力しちゃろかしらと思っているんで、 しばらくこれで置いといてみよ。
ちなみに Asahiネットは今のところ帯域制限をかけてきている気配はない。 まァそう大した転送量にはなってないと思うけど。

2005-9-7 (Wed)

ぼちぼち衆院選 (投票日 11日) の情報を漁っておくかのぅ…。 と思いつつ…。 入れたい (めぼしい) 侯補は相変わらずいない。 今んところ。 今回も消去法かのう。

購入記録

  • 雑誌「まんがタイム」2005.10 芳文社
  • 雑誌「週刊プロレス」No.1090 ベースボール・マガジン社

米国の医療と福祉。
米国内で破産した人のおよそ半数が、医療費の高騰が原因で破産しており、病気のために自己破産に陥った人々の大半は中産階級で医療保険加入者であることが調査で判明した。(略)
郵政民営化の次は医療改革。
日米投資イニシアティブの下、日本が医療サービス分野を営利企業に開放することを我々(引用者注:米国)は提言しています。
いや~、すんごいおさきまっくら感が。 …Web 界隈でよく見かける小泉マンセーな人たちってこういうのどう反応すんのかなァ… (あんましその手のサイト見ないんで分からんけど。見に行く気もないけど)

メモ。

2005-9-8 (Thu)

現在内蔵 HDD アクセスがちょっと頻繁気味なので、 冷やすためにエアコン連続稼働中。 PC (HDD) よりも自分が冷えてる…。 CPU が熱くなるノーパソはやっぱしちょっとアレだなァ。 HDD アクセスが大したことなくても CPU の温度上昇につられて HDD も温度が上がっちゃって、 しかも仕事完了とともに冷却ファンでとっとと冷める CPU と違って HDD の方はなかなか冷えないという…。 (HDD 冷却も考慮した設計かどうかでまたちょっと変わってきそうだけど) あ~ nx6125 (の Athlon 64 MT-40 版?) が欲しいな~。 買えねーけど。
  1. カリスマ性の存在
  2. 恐怖による支配
  3. 厳しい修行の強制
  4. 情報の遮断
とのこと。 4. については自ら進んで遮断してるような人も結構いたりしてね…。

そういえば社説って署名ないな…伝統的に。 毎日新聞は「記者の目」という署名記事があるんで、この際それ一本にしちゃえばいいかも。

どこの局なんだろな。 (番組をマメにチェックしてれば分かるかな? しないけど)

BitTorrent クライアント (BitSpirit) は目的のもの (Linspire) も入手できたし、 Seeder (配布手伝い役) もしばらくこなしたしでもう立ち上げてないが、 これを立ち上げてると TeraTerm Pro で会社のサーバに ssh 接続していても、 数分たたないうちにセッションが勝手に切れちゃうことに気づいた。 結局、P2P の類って短時間にやったらめったらセッション張りまくるんで、 ルータの NAT (でいいのか) の最大セッション保持数 (SuperOPT100E では 2048) をアッという間に超えて、 ssh のセッション情報が消えちゃうというパターンな訳なんだろう。 BitTorrent は無料データやツールの配布にもよく使われているようで、 今後も立ち上げる機会はあるとは思うけど、 これも含めて P2P ツールは常用はするつもりないんで、 まァとりあえずは大して困らない…とはいうものの、 やっぱし NAT のセッション保持数の制限はちょっと気分的にあんましうれしくないなァ…。 安いルータ製品じゃその程度の仕様上の制約は仕方ないのかもしれないけど。 そのうち気が向いたら、 PC UNIX (Linux) でルータ構築して実験してみようかなァ。 とか思ってみたりして。
ヤラセっつーか捏造っつーか改竄だな。 真偽の程は如何に。

2005-9-9 (Fri)

なんか遊んでばっかしで仕事がちっとも進んでねぇ。

購入記録

  • 雑誌「まんがタイムきらら」2005.10 芳文社

NEC PC-8001には、水平方向の一列(当時はキャラクタディスプレイだったので)の中で色が左から右にかけて19回以上変化すると画面表示に異常が生じるというバグがあったとアスキーの記事で見かけたことがある。
それはバグじゃなくて 8001 の仕様ですな…。 8001 の VRAM は各行ごとに、キャラクター表示用に 80バイト、アトリビュート設定用に 40バイトの領域が用意されていて、 アトリビュート設定は桁位置に 1バイト、色などの情報に 1バイト (詳細失念)、の 2バイトが必要で、 ラインの途中で色が変わるごとにアトリビュート領域を 2バイトずつ費すので、 結局 1行あたりの“色変わり”は 19回まで、という仕様上の制約があった。 黎明期のパソコンらしいといえばらしい、ヘンな仕様だったなァ…。

早速 SSL 2.0 はオフにしといた。

2005-9-10 (Sat)

仕事終わってないのに休みを満喫中。 (終わらせろよ) ちょっとメイン環境の HDD バックアップ大作戦などを進行中。 でも難航中…。 うまくできたらあとでまとめとこう…。 (予定) あ~明日投票だから候補者選び用の情報収集もやっとかなくちゃなァ…。 しかし、いつものメインマシンが使えない状態なんで久々に ThinkPad X24 のキーボードで作業してるんだけど、 なんか妙にキー入力の取りこぼしが多くて打ちづれぇなァ…。 なんなんだこの症状は。 タスクマネージャで CPU 負荷を見ても特に重いシロモノが動いてる気配でもないんだけど。 key logger でも仕込まれたかしら…。
あァ…バックアップ大作戦にかまけて一部録画予約を忘れたまま録り逃してしまった…。
「アスベストの経口毒性について」解説。

小泉の CM は一番ムカつくんだが、 一番効果ありそうなことも確かなんだよなァ。 (それで余計にムカつく) しかもカネにモノを言わせてか放映頻度やたら高いこと。 社民党だかはお金がなくって結局 1度も CM を流さなかったとか…。 資本の差で有利不利が生じるのを防ぐのも公職選挙法の目的のひとつらしいけど、 コストがほとんどかからない Web での選挙活動を封じることで逆の効果をもたらしている始末だし。 なんだかねぇ…。

これも参考にしよ。

2005-9-11 (Sun)

結局 HDD バックアップ大作戦は Windows のインストールし直し & 一から環境構築し直し、 というダメな結果に。
作業機で 60GB をパーティション分けずにまるごと C ドライブとして使っていたものを、 レジストリと切り離せないシステム (アプリケーション) 系ディレクトリと、 レジストリとは無縁でなおかつデータの書き消しが激しい作業用ディレクトリとでパーティションを分け、 前者はイメージ保存タイプのバックアップツールで、 後者は普通の差分更新型ファイルバックアップ (ミラーリング) ツールでバックアップし分けたら、 バックアップ時間の節約にもなるし便利かも、 などと思い立ったのが始まりだったんだけど…。
自分作業用のデータ類は 1つのディレクトリ (Documents and Settings/~ ではない場所) 内にまとめて入れていたんで、 そのディレクトリだけまるごと別パーティションに移し、 システム類の方のドライブに元のデータ類ディレクトリと同名の空ディレクトリを作って、 データ類の方のパーティションはドライブ名をつけずにその空ディレクトリにマウントさせれば、 従来どおりのパスで使えることになる。 とりあえずデータ類ディレクトリをまるごと外付け HDD に退避しておき、元 HDD からは削除。 この時点でファイル総容量は約 10GB 弱に減った。 次にデフラグをかけてパーティションを縮めようとしたんだが、 これが何をどうやってもファイルが“パーティションの先頭にひとまとまりに”ならない…。 通常のファイル類がパーティション先頭にまとまり、 次にばかでかい空き領域が続いて、 全体の真ん中より後ろにシステム系ファイルがまとまるという形から動かず。 (オフラインでデフラグをかけると、 システム系ファイル同士ではひとまとまりになるんだが) 全部のファイルが先頭の方にまとまってくれないと、 効率よくパーティションを縮められず、 総容量が不足してしまうではないか。 どういうこっちゃ…。 これってやっぱし、PerfectDisk 6 の仕様がダメダメってことなんだろうな…。 (名前ばっかし仰々しく Perfect なんてつけてやがる分、余計にムカつく) 試しに knoppix の qtparted でムリヤリパーティションを縮められそうな程度まで縮めてみたが、 20GB 程度より小さくは縮まらなかった…。 オマケにパーティションのシッポのあたりから移動しないシステムファイルの一部を食ってしまったような気配もあり。 このままじゃラチがあかねぇと思って結局パーティションを最初から切り直し、 システムの再インストールからやるハメに。 Windows のインストールはすぐ終わるんだけど、 環境の再構築がハンパでなくメンドくさいんだよなァ…。 自分で始めたこととはいえ…。 1日仕事になってしまう。ウンザリだ。 しかしこれで少しでもトラブル時の環境再構築がラクになれば…。 ってバックアップ大作戦の後半というかキモの部分、 実際のバックアップ・リストア工程の検証がまだこれからなんだけど…。
それにしても Windows のファイルシステムってホントにダメだな。 いろんな面で…。 できればもっとちゃんとした環境で仕事できるようになりたいなァ…。 (今のところ Windows から離れられそうにはないけど)

購入記録

  • MOOK「ウルトラマンDNA」Vol.4 小学館 ISBN4-09-110673-0 C9474 ¥838E (2005)
  • MOOK「萌寄/Moyori」200508#0.5 FOX出版:発行/文苑堂:発売 ISBN4-925148-74-5 (2005)
  • コミックス「ひがわり娘 (4)」小坂俊史、芳文社 ISBN4-8322-6416-8 C9979 ¥571E (2005)
  • コミックス「りんごの木の下っこで -初恋-」ふじのはるか、芳文社 ISBN4-8322-6417-6 C9979 ¥571E (2005)
  • コミックス「おねがい朝倉さん (5)」大乃元初奈、芳文社 ISBN4-8322-6414-1 C9979 ¥571E (2005)
  • コミックス「のの美捜査中! (2)」重野なおき、白泉社 ISBN4-592-13247-5 C9979 ¥581E (2005)
  • コミックス「ミズシネマ (2)」みずしな孝之、集英社 ISBN4-08-782100-5 C0979 ¥648E (2005)
  • コミックス「よみきり▼もの (9)」竹本泉、エンターブレイン ISBN4-7577-2404-7 C0979 ¥720E (2005)
  • コミックス「放浪息子 (4)」志村貴子、エンターブレイン ISBN4-7577-2402-0 C0979 ¥620E (2005)
  • コミックス「ラヴ・バズ (3)」志村貴子、少年画報社 ISBN4-7859-2574-4 C9979 ¥533E (2005)

2005-9-13 (Tue)

まだ HDD (というか作業環境) 復旧は八分程度の進行状況。 仕事中座したままホッタラカシ。 (やべぇ…) なんか cygwin に入れた w3m (w3m-m17n) がうまく動かない。 ヘンだな~。 (もうひとつの環境 - ThinkPad X24 - の方はちゃんと動いてるんだけど、 そもそもバージョンが一致してないんで参考にならん) DLL を読み込もうとしてエラーぶっこいて落ちてるっぽいんだけどよく分かんないのであった。 どうすればいいのかな~。 まァ、常用してはいないので (←「あふ」から呼び出してる奴以外は) とりあえずこいつの対処は後回しにするか…。 さて、あとは何を入れ忘れてたかなァ…。
靴底ふにゃんふにゃんのナイキ フリー 5.0 という靴の話。 これ、面白そうなんでちょっと試してみたい気もする。 (また悪いクセが) いや~なんかフツーの靴って指にちゃんと力を入れられなくって、 そのせいかどうか分からんけど長時間歩いてると疲れてくるんだよねぇ…。 (普段から歩き足りてないだけの話かもしれない) でも売価の相場は大体 1マン超あたりみたいだなァ。 普段、靴なんぞ (!) にはせいぜい 4ケタ台前半までしか出さない方針なんだが…。 多少安いとはいえ (それでも 1マン弱だけど) 通販で靴を買うのはちょっとアレだし…。 服とは違ってサイズ合わせがシビアだからやっぱし履いて確かめて買いたいんで…。 まァどっちみち懐にそんなヨユーは現在ないので買っちゃうとしても当分先の話だろうけど。
しかし靴底フニャフニャって草鞋 (わらじ) みたいな履き心地なのかな。もしかして。 (草鞋は履いたことはないが) これで内部に鼻緒 (?) でもついてたら最強かも…。 そんなシューズあったよな確か昔。競技用か何かで。 (ていうか、別に足袋 + 草鞋でいいんじゃねーか? いや洋服にそれだと総合的な見た目がちょっとアレだけど)

購入記録

  • 雑誌「まんがライフオリジナル」2005.10 竹書房
  • 雑誌「まんがタイムラブリー」2005.10 芳文社
  • CD「インドカレー屋のBGM」ビクターエンタテインメント VICL-61685 (2005)
  • MOOK「CONTINUE」Vol.16 (GTA Vice City) 太田出版 ISBN4-87233-865-0 C0095 ¥950E (2004)
  • MOOK「CONTINUE」Vol.17 (いまから始めるネットゲーム) 太田出版 ISBN4-87233-881-2 C0095 ¥950E (2004)
  • MOOK「CONTINUE」Vol.18 (ガンダムゲーム大全 Mark-II) 太田出版 ISBN4-87233-895-2 C0095 ¥950E (2004)
  • MOOK「CONTINUE」Vol.19 (GTA : San Andreas) 太田出版 ISBN4-87233-919-3 C0095 ¥950E (2004)
  • MOOK「CONTINUE」Vol.20 (ゲーム・オブ・ザ・イヤー) 太田出版 ISBN4-87233-929-0 C0095 ¥950E (2005)
  • MOOK「CONTINUE」Vol.21 (PSP) 太田出版 ISBN4-87233-953-3 C0095 ¥950E (2005)
  • MOOK「CONTINUE」Vol.22 (スター・ウォーズと眞鍋かをり) 太田出版 ISBN4-87233-969-X C0095 ¥950E (2005)
  • MOOK「CONTINUE-SP」「ハチミツとクローバー」 太田出版 ISBN4-87233-956-8 C0095 ¥790E (2005)
  • コミックス「いい電子 (3)」みずしな孝之、エンターブレイン ISBN4-7577-1182-4 C0979 ¥950E (2002)
  • コミックス「あぼばクリニック (1)」藤島じゅん、竹書房 ISBN4-8124-6231-2 C9979 ¥648E (2005)
  • コミックス「かみさまのいうとおり! (2)」湖西晶、芳文社 ISBN4-8322-7544-5 C9979 ¥819E (2005)
  • コミックス「かわいいや」竹本泉、芳文社 ISBN4-8322-7545-3 C9979 ¥819E (2005)
  • コミックス「HIYOKO BRAND おくさまは女子高生 (8)」こばやしひよこ、集英社 ISBN4-08-782098-X C0979 ¥900E (2005)
  • コミックス「耳エロ袋」松本耳子、松文館 ISBN4-7901-1545-3 C9979 ¥857E (2005)
  • コミックス「もてもてねーちゃん (1)」有元美保、竹書房 ISBN4-8124-6206-1 C9979 ¥590E (2005)
  • コミックス「はるうらら (1)」たかまつやよい、双葉社 ISBN4-575-93963-3 C9979 ¥648E (2005)
  • コミックス「ひろみちゃん奮戦記 高校時代」MEE、フロム出版 ISBN4-89447-167-1 C9979 ¥571E (2005)
  • コミックス「並木橋通りアオバ自転車店 (15)」宮尾岳、少年画報社 ISBN4-7859-2565-5 C9979 ¥495E (2005)
  • コミックス「アニメがお仕事! (3)」石田敦子、少年画報社 ISBN4-7859-2571-X C9979 ¥533E (2005)
  • コミックス「ピピンとピント (3)」大石まさる、少年画報社 ISBN4-7859-2572-8 C9979 ¥543E (2005)
  • コミックス「Go West! (3)」矢上裕、メディアワークス ISBN4-8402-2738-1 C9979 ¥550E (2004)
  • コミックス「Go West! (4)」矢上裕、メディアワークス ISBN4-8402-2954-6 C9979 ¥550E (2005)
  • コミックス「マカイど~ (1)」大和田秀樹、角川書店 ISBN4-04-713745-6 C0979 ¥540E (2005)
  • コミックス「機動戦士ガンダムさん (1)」大和田秀樹、角川書店 ISBN4-04-713750-2 C0979 ¥540E (2005)
  • コミックス「泣きたがりの花」後藤羽矢子、大都社 ISBN4-88653-858-4 C9979 ¥619E (2005)
  • コミックス「コイネコ (1)」真島悦也、小学館 ISBN4-09-157351-7 C9979 ¥533E (2005)
  • コミックス「ひなどりGIRL (3)」松沢まり、メディアワークス ISBN4-8402-3162-1 C9979 ¥550E (2005)
  • コミックス「灼熱アバンチュール (1)」有間しのぶ、幻冬舎 ISBN4-344-80611-5 C9979 ¥590E (2005)
  • 攻略本(+CD)「きみのためなら死ねる ラブラブ大作戦 CD+」エンターブレイン ISBN4-7577-2148-X C0076 ¥1100E (2004)

そう、最初はみなパクリ (マネ) から始まっているんだよな…。

今回の選挙ともちょっとからんで (?) 「電通」の話。 (「日本/権力構造の謎 上巻」K・V・ウォルフレン著、早川文庫 (1994) ISBN4-15-050177-7 より)

「ガイアの夜明け」をまたもやボーッと見た。 (今回のサブタイトルは「俺たちの技を継げ! -団塊の匠が消える日-」) 話は造船技術、マツダのロータリーエンジン製造技術、ミズノのグローブ製造技術の継承。 撓鉄 (ぎょうてつ) というコトバと技術を初めて知った。 面白いなァ…。いろんな技術があるんだねぇ。 やっぱ“職人”てカッコイイわ。 (そんな感想かい)
cygwin の w3m がコケる件は、 cygwin 上で自分でコンパイル・インストールした w3m-m17n がなんかヘンなことになっていたみたいだった。 cygwin の setup からフツーにインストールした w3m だけにしたら落ちなくなった。 (あふから呼び出すやつも正常に戻った) たしか、 そもそもは UTF-8 に対応が不十分で昨今増えてきた UTF-8 (というか UNICODE?) の Web ページ (主に Weblog) をちゃんと (?) 閲覧したくて w3m-m17n を導入したんだったような気がするけどもう忘れた。 cygwin 標準の w3m でも今のバージョンなら、 記号類が一部化けるのを除けばとりあえずそれなりに巡回・閲覧可能っぽいんで、 しばらくこれで使ってみよう…。

2005-9-15 (Thu)

「トゥルー・コーリング」が終わって「ナッシュ・ブリッジス」の第5 シーズンが始まった。 (昨日から) トゥルー・コーリングは第2 シーズンの 6話目で打ち切りだったんだそうで、 (確かに、いかにも打ち切りくさい中途半端な終わり方だった) 米国ではファンが継続の署名サイトを立ち上げてたりするとか…。 米国の署名サイトへリンク張ってる (らしい) 国内のファンサイト (というかファンの人の blog?) もあった。 しかしあのドラマはこれ以上続けても話がまとまるんだろうか…という気もする。 設定の風呂敷をヘンに拡げちゃって全体の話の展開がなんかとっちらかってるっていうか。 各話自体もどうもスッキリしない、イヤな後味の残る終わり方が多かったりとか。 (自分が予定調和好きな分余計にスッキリしないと感じるんだろうけど。 主人公は時間を遡って、死ぬはずだった人を助けるんだが、 よく助け損なったり、代わりに結局別の人が死んだりするんだこれが) で、中盤から敵対キャラが出てきて、 陰険な手段でいろいろ妨害をカマしてき始めたかと思ったら、 そのうちなにやら「ルール」がどうとか始まっちゃったり…。 (死ぬべき人を死なすのが道理なのか助けるのが道理なのかみたいな。 キリスト教的世界観 (価値観) の呪縛?) ナッシュ・ブリッジスはその点しっかり娯楽作品してるなァ、という気がする。 まァたまたま日本で同じ枠で放送してるだけで、比べる対象のものじゃないのかもしれないけど。
なんでこんなどうでもいい感想を書いとるんだろうワシは。
9bit confusion の「メディアに踊らされる人々」の参照 (?) 先記事 「港区赤坂四畳半社長 ホワイトバンドとメディアを疑え!編:メディアに踊らされる人たち」 は数日前に別のどこかからのリンクで見ていた。 まァ、広告代理店やらスポンサーやらの影響力がかなりデカいのも確かなんだろうけど…。 噂話・裏話系は眉にちょっとツバつけて読んどいた方がいいのかな。 (2ch の作法と一緒かな。 「ウソをウソと (以下略)」は書き手が匿名かそうでないかはあんまし関係ないってことだな…)

そう考えると、なんだかんだいって自民党は人材が豊富というか、若い能力が育っているというか。日本は意外と安泰かもしれない。
えー?

メモ。 「「郵政改革」幻想完勝の衝撃波-不可避となった財政破綻 河宮信郎(中京大学経済学部)」
  1. 先行する財政危機の実態
  2. 小泉首相の「郵政改革」幻想と欺瞞的煽動
  3. 差し迫る国債未達と財務省の当座凌ぎ
  4. つぎの焦点・財政破綻
なんかこえ~。

“河宮信郎”で検索してみた結果からいくつか拾った URL をメモ。

確かに…なんというか不思議な“間”が…。

亡命先侯補としてノルウェーを入れておくといいかも。 (ぉぃ)

ふーむ…。

比例代表と小選挙区で、 得票数と獲得議席の関係 (というかバランス) がこんな違うのか~。 なるほど…。 と思ったのでメモ。

そういえば JASRAC って“民営”だよな…。社団法人だもんな。 (昔、JASRAC は役所だって思い込んでた人がいたけど…)

メモ。テンテンが出ているのは「幽幻道士」。
おお…「ミルモでポン!」も今月いっぱいでとうとう放映終了かァ…。 テンション落とさずによく続いたな。 って最初からそう高テンションな設定でもなかったか…。 展開のさせ方次第ではまだまだ、サザエさん並に続けられそうだもんなァ。

2005-9-17 (Sat)

購入記録

  • DSゲーム「逆転裁判 蘇る逆転」カプコン NTR-AGYJ-JPN (2005)
  • コミックス「大人になる呪文 (3)」パニックアタック、フォックス出版 (2005)
  • 雑誌「まんがライフ」2005.11 竹書房
  • 雑誌「まんがタイムファミリー」2005.11 芳文社
  • 雑誌「Software Design」2005.10 技術評論社
    • 特集:次世代Javaベースデスクトップ/3Dアプリ開発環境 Project Looking Glass 徹底攻略
    • 第2特集:“もしも?”のための環境を構築しよう! システムダウン! そのときあなたは?
    • 各種ログをまとめて管理! SIM導入マニュアル
    • 知っていますか? Mac OS Xってここまでできるんです!
    • 連載:現場からお届けします! メールアプリケーションサーバ開発の実況中継 / Wiki つまみぐい / ふしぎ先輩が教える データベースエキスパートへの道
    • 巻末リファレンス:Firefox/Thunderbird拡張機能カタログ
  • DVD「渥美清の 泣いてたまるか (15)」(「ぼくのお父ちゃん」「ある日曜日」) デアゴスティーニ・ジャパン NTD-015N (2005)

「逆転裁判」が面白くて丸一日以上ブッ通しでやってるせいかなんかアタマが痛い…。 (文字通りズキズキ) 「大人になる呪文」、は ISBN コードがついてない…。 一般流通は一切通さないそうで (オマケのフィギュアのせいじゃないだろうけど) とりあえず通販で、と思って検索した中からたまたままんがの森の通販サイトを選んで購入したんだが、 配送が佐川の上に梱包が…書店の薄い紙袋で包んでボール紙 (段ボールに非ず) の封筒に入ってるだけ。 当然のようにフィギュア部分のパッケージが押されてつぶれかけで届いた。 (中身はかろうじて無事だったが) う~む、今日日こんなイーカゲンな梱包 & 配送でいいのか > まんがの森。 購入時のページも SSL 使っていながら、暗号化されていない経路で情報が送られようとしています、 とか警告表示が出てたし… (Firefox で)。 マン森の通販はちょっとヤバいかも。今後は利用すんのやめよう…。 しかし「大人になる呪文」中身は 2話 + 書き下ろし 2話しか入ってなかった。 (総ページ数 52ページ (表1~4含む)) まるっきり同人誌じゃのう。
アルマゲドンvsディープインパクト その科学考証

鶏ハム…。 どんな味なんだろう。 試してみようかなァ。

今年の 4月だかに大規模な放射能漏れ事故を起こした再処理施設の話。 (これだな) 日本じゃほとんど報道されてないっていう話だけど。
↓こんなのも

うはは。すっげー簡潔で分かりやすい。

小選挙区制ってそうだったのか~。 という今更な認識。 (選挙権取得して何年たってんだ > ワシ)

選挙関係の TV 番組や報道はぜんぜん見てなかったなァ~。

なかでも、私が一番怒りを覚えたのは、衆議院の郵政特別委員会における小泉首相の「私は郵便局に行ったことがない」という発言です。
へえ~。行ったことないのか。 まァ「使ったこと」くらいはあるんだろうけど…。 (たぶん。なかったりして?) よっっっっぽど“個人的に嫌って”でもいるのかねぇ…。

2005-9-18 (Sun)

一番近所の UFJ の ATM は第3日曜は夜 9時で終了だったらしい。 普段は夜中の 12時までなんだけど…。 金をおろしそびれた…。 (まァ…まだ 3K ほどあるんで食料買うくらいはなんとかなるケド)
おもしろい。

民主党の新党首前原氏はそーゆー人らしい。
憲法改正について「民主党は改正が必要だという立場だ。改正を必要としている政党としっかり議論する中でまとめていく」と述べ、自民党とも協議する考えを示した。憲法に自衛権を明記することを持論とする前原氏の代表就任とあって、会見では憲法改正に関する質問が相次いだ。 (略) 前原氏は「私の従来の意見は(侵略戦争を放棄した)一項はいいが、(戦力不保持や交戦権否定を定めた)二項は削除し、自衛権を明記するということだ」と言い切った。
早速か…。 またトンデモないヒトが党首になっちゃったもんだ…。 (踏んだり蹴ったり、みたいな?)

2005-9-19 (Mon)

今日は休日だった。 しかし何で休日なのかよく把握してない…。 ん~と。なるほど敬老の日だったか。
メモ。

洋画

[あ]

  • 愛されすぎて
  • ISHOT ANDY WARHOL
  • 愛と精霊の家
  • 愛の風景
  • 愛のめぐりあい
  • IP5
  • 哀戀花火
  • アダムス・ファミリー2
  • アナスタシア
  • アポロ13
  • アミスタッド
  • アメリカン・ハート
  • アルチバルド・デラクルスの犯罪的人生
  • ある貴婦人の肖像
  • アル・パチーノのリチャードを探して
  • アンカーウーマン
  • アンダーグラウンド
  • アントニア
  • 苺とチョコレート
  • 1492・コロンブス
  • 従妹ベット
  • 妹の恋人
  • イヤー・オブ・ザ・ホース
  • イン・ザ・スープ
  • イングリッシュ・ペイシェント
  • インタビュー・ウィズ・バンパイア
  • インデペンデンス・デイ
  • ウェディング・バンケット
  • ウォレスとグルミット、危機一髪!
  • 浮き雲
  • ヴィゴ
  • 英国万歳!
  • エド・ウッド
  • エビータ
  • エマ
  • エンジェルス
  • エーゲ海の天使
  • 桜桃の味
  • 大いなる遺産
  • オスカーとルシンダ
  • オスカー・ワイルド
  • オセロ
  • オリヴィエ オリヴィエ
  • オリーブの林をぬけて
  • オルランド

[か]

  • かさぶた
  • 彼女たちの関係
  • 「彼女」の存在
  • から騒ぎ
  • 硝子の塔
  • 記憶の扉
  • キカ
  • キスへのプレリュード
  • 奇跡の海
  • 木と市長と文化会館 または七つの偶然
  • キャリア・ガールズ
  • 戯夢人生
  • ギルバート・グレイプ
  • クイズ・ショウ
  • 雲の中で散歩
  • クライング・ゲーム
  • クラッシュ
  • クリフハンガー
  • クリムゾン・タイド
  • クルックリン
  • クルーシブル
  • クロッシング・ガード
  • クローズ・アップ
  • 激流
  • ケロッグ博士
  • ゲーム
  • ゲームの規則
  • コレクター
  • コンゴ
  • コールド・フィーバー
  • ゴダールの決別

[さ]

  • サバイビング・ピカソ
  • さらば・わが愛~覇王別姫~
  • サンドロット 僕らがいた夏
  • ザ・シークレット・サービス
  • ザッツ・エンタテイメント3
  • ザ・ファーム 法律事務所
  • ザ・ファン
  • 幸福の条件
  • 静かなる一頁
  • ジャッキー・ブラウン
  • ジャック
  • シューティング・フィッシュ
  • 親愛なる日記
  • 真実の行方
  • シンドラーのリスト
  • シンプルメン
  • 新ポリス・ストーリー
  • ジキル&ハイド
  • ジュラシック・パーク
  • スカーレット・レター
  • スモーク
  • スター・ウォーズ特別編
  • スピーシーズ 種の起源
  • スピード
  • スピード2
  • スリーサム
  • 青春シンドローム
  • 世界中がアイ・ラヴ・ユー
  • セブン・イヤーズ・イン・チベット
  • ソウル・フード
  • そして人生はつづく

[た]

  • タイタニック
  • 太陽に灼かれて
  • 太陽の少年
  • 他人のそら似
  • タンゴ
  • タンゴ・レッスン
  • ダメージ
  • ダロウェイ夫人
  • ダンシング・ヒーロー
  • チャタレイ夫人の恋人
  • チャーリー
  • ツイスター
  • ツイスト
  • 妻の恋人、夫の愛人
  • 天国の約束
  • ディアボロス/悪魔の扉
  • ディープ・インパクト
  • 逃亡者
  • 12モンキーズ
  • トゥモロー・ネバー・ダイ
  • トゥルーライズ
  • トゥルー・ロマンス
  • 友だちのうちはどこ?
  • トラスト・ミー
  • トリコロール/青の愛
  • トレインスポッティング
  • ドラキュラ

[な]

  • ナイト・アンド・ザ・シティ
  • ナイトメアー・ビフォア・クリスマス
  • ナスターシャ
  • ナッティ・プロフェッサー/クランプ教授の場合
  • 女人、四十。
  • ニル・バイ・マウス
  • ネオン・バイブル
  • ノートルダムの鐘
  • ノーバディーズ・フール

[は]

  • 二十日鼠と人間
  • ハムレット(96年・英作品)
  • 遥かなる帰郷
  • パリ空港の人々
  • パリのランデブー
  • パルプ・フィクション
  • ハーフ・ア・チャンス
  • バードケージ
  • バスキア
  • バタフライ・キス
  • ヒア・マイ・ソング
  • 日蔭のふたり
  • 日の名残り
  • 秘密と嘘
  • 秘密の花園
  • 百貨店大百科
  • ピアノ・レッスン
  • ピースメーカー
  • ピーター・グリーナウェイの枕草子
  • PNDC/エル・パトレイロ
  • ビッグ・リボウスキ
  • ビバリー・ヒルビリーズじゃじゃ馬億万長者
  • ビヨンド・サイレンス
  • ファースト・ワイフ・クラブ
  • フィオナの海
  • フィラデルフィア
  • フェイス/オフ
  • フォレスト・ガンプ/一期一会
  • フォー・ルームス
  • 普通じゃない
  • 冬物語
  • ブラス!
  • フランケンシュタイン
  • フリッパー
  • フリントストーン
  • フル・モンティ
  • ブルース・ブラザース2000
  • フレッシュ
  • フレンチ・キス
  • プライベート・ライアン
  • プリシラ
  • プレタポルテ
  • ブレイブハート
  • ブロードウェイと銃弾
  • ブロンクス物語
  • ベイビー・オブ・マコン
  • ベント/堕ちた饗宴
  • 北京のふたり
  • ホーム・アローン2
  • ボクサー
  • ぼくのバラ色の人生
  • ボビー・フィッシャーを探して
  • ポリス・ストーリー3

[ま]

  • マスク・オブ・ゾロ
  • マディソン郡の橋
  • マルコムX
  • マルメロの陽光
  • マーヴェリック
  • マーキュリー・ライジング
  • ミクロコスモス
  • ミスター・ベースボール
  • ミセス・ダウト
  • ミセス・パーカー/ジャズエイジの華
  • 魅せられて
  • 息子の告発
  • メン・イン・ブラック
  • モンド

[や]

  • 野性の葦
  • 勇気あるもの
  • 許されざる者
  • 八日目
  • 世にも憂鬱なハムレットたち

[ら]

  • ライアーライアー
  • ライオン・キング
  • ライジング・サン
  • ライブ・フレッシュ
  • ラリー・フリント
  • リスボン物語
  • リチャードを探して
  • リバー・ランズ・スルー・イット
  • ルル・オン・ザ・ブリッジ
  • レオン
  • 恋愛小説家
  • ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク
  • ロミオ+ジュリエット

[わ]

  • 若草物語
  • わかれ路

邦画

[あ]

  • 愛を乞う人
  • 居酒屋ゆうれい
  • 絵の中のぼくの村
  • おこげ
  • 女ざかり

[か]

  • 学校
  • Kids Return
  • KYOKO

[さ]

  • 失楽園
  • 写楽
  • 白い馬
  • 青春デンデケデケデケ

[た]

  • 中国の鳥人
  • 忠臣蔵外伝 四谷怪談

[な]

  • 夏の庭 The Friends
  • 虹をつかむ男

[は]

  • 二十才の微熱
  • ビリケン
  • ファザーファッカー
  • 不夜城
  • 僕らはみんな生きている

[ま─]

  • まあだだよ
  • みんな~やってるか!
  • 萌の朱雀(もえのすざく)
  • もののけ姫
  • 夢の女

番外

  • 「はなみち」のこと

↓追加

2005-9-20 (Tue)

仕事がたまってるけど例によってヤル気が起きない。 万年プチ鬱状態、とでもいうべきか。 まァいわゆる (?) “うつ”とは違うのかもしれないけど、 どっちみち脳内物質の分泌具合が影響してそうな気はしなくもないような…。 こういうのと病気の段階の“うつ”との決定的な違いってのはあるのかなァ… “脳内で起こっている現象”として見た場合。 (量的なものはおいといて) ってそんな深刻な話じゃなくて単に「ヤル気出ね~」ってだけなんでアレだけど。 なんかノンキなこと書いてるな…。
画像ビュア。 日本語を含む多国語に対応。 + Windows、Mac OS、Linux 等を含む複数 OS に対応。 ちょっとよさげ。 Windows 版の Complete Version をあとで試してみよう…。

購入記録

  • 雑誌「まんがタイムきららMAX」2005.11 芳文社
  • 雑誌「まんがタウンオリジナル」2005.11 双葉社
  • 雑誌「まんがくらぶオリジナル」2005.11 竹書房

去られるべくして去られてるようにしか思えないのに、 「今の若者は…」とかコメントしてる人がいるのがちょっと不思議。

先日、雇用問題をとりあげたあるシンポジウムでリクルートワークス研究所長の大久保幸夫所長にお目にかかる機会があった。大久保さんに、「フリーターの増加は社会問題のようにいわれているが、実際、フリーターに依存している企業はいくらでもある」という矛盾についてうかがってみたところ、面白い話をしてくださった――

(via のリンク先は来月以降は こっち)
「アマチュア無線のデジタル化とネットワーク化」のプロジェクトらしい…。 …う。「コーディック」はヤメれって。 (*20-1)

蛇足的脚注

*20-1 : コーディック
元の綴りは “codec” だからなァ…。 (参考:CODEC - goo 辞書)

2005-9-22 (Thu)

作業機の環境再構築後、 いきなり青画面になって次の瞬間リブートがかかる、という症状が出始めた。 長時間立ち上げっぱなしにしていると起きやすい気がするが関連性は不明…。 メモリか、それともドライバのどれかか…。 それとも常駐してるうちのどれかかなァ…。 うーん。 デフラグがいけなかった可能性もあるな~。 どうもデフラグした後のシステムって不安定になりがちな気がする。 やっぱり“デフラグ”よりも“フラグメンテーションが起きない (起きにくい) ファイルシステム”だな…。

購入記録

  • DVD「美少女仮面ポワトリン」Vol.1 (第1~10話収録) 東映 DSTD-06503 (2005)
  • DVD「ストラトス・フォーA CODE:204 CELAR AIR TURBULENCE」スタジオ・ファンタジア/バンダイビジュアル BCBA-2042 (2005)
  • 雑誌「まんがタイムスペシャル」2005.11 芳文社
  • 雑誌「コミックハイ!」2005.10(Vol.6) (漫画アクション10.22号増刊) 双葉社
  • MOOK「特撮ヒーローBESTマガジン」Vol.1 講談社 ISBN4-06-370001-1 C9472 ¥571E (0) (2005)
    • マグマ大使 / 手塚治虫と特撮テレビ

いつまでもこんなだとヤバいねぇ…。


久々に赤坂まで仕事の打ち合わせに。 試しに自転車で行ってみようかな~とか思っていたんだが、 なんとなく天気がぐずついていたんでヤメていつものように地下鉄ルートで。 以前は所要時間から見当で出発時間を決めて遅刻したり早く着き過ぎたりしていたんだけど、 最近は駅前探検倶楽部 (もしくは Air-EDGE から 駅前探検倶楽部SS) で乗り継ぎまでバッチリ調べてから出掛けてるので、 ちゃんと予定の時間どおりに家を出られさえすれば遅刻することはまずなくなった。 便利便利…。 (その条件がなかなかアレだったりするんだけど。なんだアレってのは) 次回の打ち合わせ時は (いつになるか分からんけど) 自転車で挑戦してみよう…。 これでフォールディングバイク (折り畳み自転車) だったら行きはチャリで、 帰りは疲れたら電車ルートで、とかも選べていいんだけどなァ…。 ま~、現行のやつが 8年ほど前に買った安物のママチャリだけどまだ当分は動きそうなんで、 折り畳み自転車買って (買い換えもしくは買い足しで) 輪行を試せるようになるのはしばらく先の話だろうな…。 (お金ないし)
打ち合わせの帰りにアキバに寄ってテレビ録画データ保存用の HDD を買い足し。 (そんなんばっか) 購入といえば最近、お米が残っているにもかかわらず近所の Shop99 で税別 99円のご飯を買って備蓄してたり。 いや、なんか手軽なもんで…。 地球にはあんまし優しくない食生活。 (でもレンジでチンご飯 + レトルトだと案外摂取カロリーが少なく済むせいか、 この食生活だと体重だけは微減傾向になる。“健康”にどうかはさて置いて)
備蓄食料買い出しのついでに 2~3日はもたせようと思って買ってきた酒類を全部飲んじまった。 といってもビール 350mL 換算で 4本分程度だが。 (どんな換算だ) 酔っぱらってしまったので今日は寝る。 ヒトリで飲んでもそれほど楽しくもないのに、 年に数回 (十数回?) 程度は独り酒盛りをやってしまうな最近。 歳かな…? (なんでだ)
http://ch.kitaguni.tv/u/1023/%bb%fe%bb%f6%a1%f5%bc%d2%b2%f1%cc%e4%c2%ea/0000269119.html
まとめてメモ。 (関連性置いといて。ほとんど米のイラク侵攻がらみだが)

ヤバそうなニオイはぷんぷんしてる (と思う) んだけど、 どれくらいの人がそう思ってるかだなァ…。 このままなし崩しに歴史的愚挙の繰り返しに突入するのかどうか…。

2005-9-23 (Fri)

一日寝た。 ここんところ 1日置きくらいに丸 1日くらいつぶれてる気が…。
昨日の打ち合わせでは、 先月あたりに試行錯誤しまくりつつ作った画像が先方の担当者 (女性、複数) に多少は喜ばれていたらしいことが判明した。 まァ、割とこじんまりと女性受け (?) しそうな具合に仕上がったからなァ…。 (見づらくならないように、を心がけて作ったのが結果的にそんな具合になっただけだけど) あーでもないこーでもないとグダグダ悩んだ甲斐はあったかも…。 しかしそれがこちらに全然伝わってきてなかったというのはなんだかな…。 結局、中間で情報の流れを仕切ろうとしている代理店の奴がそのへんを全面的にジャマしてるくさいんだな…。 (*23-1) あァ、またグチの垂れ流しがオチになってしまった。
玄箱の電源に使われているUnifiveの電源 UOP25D/325Dが問題あるらしい。 2005-4の話なんだけどね。
しかし玄人志向の製品てこの手のトラブルが目立つ気がする…。 (気がするだけかもしれんけど)

面白い。 山本五十六かァ。 そっち方面に詳しい (というか疎くない) 人にはきっと常識の範囲な知識なんだろうけど。

購入記録

  • MOOK「科学のタマゴ」Vol.5 学習研究社 ISBN4-05-604000-1 C9440 ¥1600E (2005)
    • アルテミア水族館

Firefox 1.0 系にはキャッシュを解放しない仕様バグ (?) があるらしい。 対処法あり。

結局事故原因の究明には疑問の余地を残したままっぽい…。 しかもぼちぼち遺留品やデータが破棄されそうになってるとか…。
↑署名サイト

Firefox 1.0.7 の日本語版が公開されたのでとっととアップデート。 最近はインストーラ使うと (Windows 版) ちゃんと「アプリケーションの追加と削除」メニューのバージョン表記が最新に変更されるし (前は旧バージョンがメニューに残ってしまった)、 上書きインストール (アップデート) しても特に動作に不具合を生じたりしなくなった。 まァ、以前 (1~2年前?) はそんな基本的なあたりの動作すらアヤしかったんだよな…。 でもあんまし気にならなかった (気にしてなかった) なァ。考えてみると。なんでだろ。
井形さんは一九四三年に大阪府警察官となり、四五年七月から八尾警察署特高係に配属された。終戦の日、特高の重要書類を焼却するよう命じられた井形さんは、膨大な文書の中から本部鑑識係が撮影した「不穏文書」の写真を発見。その文面に衝撃を受ける。

内容とは全然関係ないんだけど、 Word から出力した HTML はキッタナイなァ…相変わらず。

蛇足的脚注

*23-1 : ジャマ
情報の流れを仕切るにしても、 それで仕事がスムースに運ぶようになってくれればいいんだが、 奴の場合は目的が「自分の存在意義をなんとか保持する」あたりにあって、 結果的に仕事の流れをジャマする結果になってるくさいのが大変にウザいのだった。 先日もディレクター役の人にメールで顧客の Web サーバの仕様について説明したのだが、 そいつだけそのへんを全然理解 (把握) してなかったらしいことが昨日の打ち合わせの席で判明したし…。 cc で奴にも送っていたんだけど、 どうやらロクにメールを見てなかったっぽい。 最近なんだかそんなんばっかし。

2005-9-24 (Sat)

相変わらず、油断しているとフイにマシン (Windows 2000) が落ちる。 一瞬、青画面が出て、直後に勝手にリブートするので、 エラーメッセージが読めない。 (探せば落ちた時のエラーログのファイルがどこかに残ってんだろうか…? でも一瞬だしなァ) 昨日 Zone Alarm (Free 版) を最新バージョン (6.0.667.000) に入れ替えてみたら、 Adware (Spyware) が新しく立ち上がっていた。 Gator の、CME II とか GMT とか…いつの間に…。 (DivX 5.1.1 の Adware 付無料版は確かに入れてはいたけど、あんまし関係なさげ) で、以前 Gator 関係を削除したら DivX (じゃなかったかもしれない。ウロ覚え) 自体起動しなかったことがあったような記憶があって、 それ以降 Adware 類はあえて削除せず、 ずっと Zone Alarm でブロックするだけにしていたんだけど、 なんか勝手に増植してやがったのがムカついたんで、 とりあえずレジストリやスタートアップの自動起動から削除して実行ファイルもリネームして、 一切勝手に立ち上がらないようにしてみた。 (DivX はそれでも問題なく起動・使用可能だった) (←勘違い。Adware を起動しない状態だとやっぱり DivX の Adware 版も起動しない) もしかしてこれでイキナリ落ちは解消したかな~と思ってたんだけどさっきまた落ちた。 う~む。 Adware は関係なかったか…。 CrystalCPUID あたりが何か悪さしてるのかなァ…。 以前クロックを 5 倍未満に設定したらイキナリ青画面になって落ちたことがあったし…。 とも思ったものの、 CPU がフル回転 (11.5倍) してる状態でもやっぱり落ちているので、たぶんこれもあんまし関係なさそう。 あ~原因が分からないままなのはヤだなァ…。

購入記録

  • コミックス「ガールズダイアリー」大塚弘樹、平和出版 ISBN4-86056-160-0 C9979 ¥933E (2005)
  • 雑誌「週刊ゴング」No.1092 日本スポーツ出版社
  • 雑誌「週刊プロレス」No.1281 ベースボールマガジン社

いかん…。 表紙につられてプロレス雑誌なんかまた買い始めてるし…。 (たまるだけなのに)
「郵政 何が問われたのか」世川行介、現代書館 ISBN4-7684-6910-8 (2005.9) 2100円(込)

2005-9-25 (Sun)

URL メモの自コメント欄に「メモ。」って (だけ) 書くのなるべくやめようっと…。 (「メモ」なのは自明なんだし)
興味深いという意味で面白かった。 (筆者の上野千鶴子評も)
移転

タイトルとあまり関係なく (?) 、中国近代史の話…。 なんか分かりやすくて面白い…。

Firefox や Thunderbird の拡張機能の紹介記事へのリンク。 と、 拡張機能作成の参考書。 C MAGAZINE の 10月号にもなんか記事があるらしい。

未読。 2ちゃんねる、軍事板の古今東西軍事関係で一瞬疑うような真実の話題を披露するスレッドとして人気の、「☆信じられないが、本当だ」のまとめサイト。 とのこと。 本当に本当かどうかのあたりの検証はされてるのかな…。 よく分からないけど。

2005-9-26 (Mon)

DivX 5.1.1 の Adware 版は、 GAIN (Adware) を起動してない状態だとやっぱり使えなかった…。 なんかもうウットウしくなってきたので DivX はスッパリ削除 (アンインストール) して、 代わりに XviD を使ってみることにした (やっと) 。 今まで設定の仕方がなんだかよく分からなかったので敬遠していたんだけど、 「XviDの設定」 とか 「動画作成入門 AVI・OGM・MKV - faireal.net」 あたりを参考に…。 とりあえず DivX の今まで使っていたのに近い設定で問題なく使えそう…。 今後はもう XviD でいいや。 DivX は捨て捨てっと。

購入記録

  • DVD「クレヨンしんちゃん TV版傑作選 5」発売元:シンエイ動画/販売元:バンダイビジュアル BCBA-1425 (2005)

「のまネコ」がらみで。 via から、他にもリンク有。 いかにもひろゆき氏らしい (というか 2ちゃんねるらしいというか) おちょくり (?) 方だなァ…。

2005-9-27 (Tue)

休み中ちょっと進めとくかァ、とか思いつつ 3日間ぼーっと過ごして結局ぜんぜん手をつけてないヤツを 1件、 催促が来てるんだけど~と例の調子 (神経質 + パニクリ気味) で上司に進捗を聞かれたので、 う~ん明日いっぱいくらいですかね~と昨日ブラフぶっこいたやつがまだ手つかずなんだけど間に合うだろうか? (結構作業量多そうなんだけど。 いや正確にはあーでもないこーでもないと試行錯誤する部分が多そうなんでそのへんで時間食いそう…)

購入記録

  • 雑誌「まんがタイムオリジナル」2005.11 芳文社

“タイゾー” = 杉村太蔵氏。 ちょっとオモロかった。 この後目覚めてン十年後あたりに優れた (?) 政治家なんかに化けてたりするともっとオモロいんだけど。 (失礼) まァドラマならともかく現実はさすがにそううまくは行かないかな…。

おもしろい…。 でも得られる結論は自明な気もしなくもないかも…。 (ちゃんと検証した結果かどうか、の違いは大きいのかもしれないケド)

2005-9-28 (Wed)

結局今日にズレ込んだ。 なんか、制作費の請求を月内に間に合わせたい関係で余計に気が急いていたようだけど。(←上司) そんなにカネがないのかい…。 別件の仕事も、なんとか今月中に終わらせられないかとか先日言ってきたし…。 (*28-1) でもそんなにフトコロが厳しいんだと、先行きタイヘンそうだなァ…。 さすがに今のところは給与の遅配が出たりするようなことはないけど…。 あと、オノレのヤル気がちっとも出ない方が不安要因としては大きいけど。 あァ、なんでこうやる気が出ないんだろうな~。 ワシの作業が予定より遅れてばっかしで、 上司が代理店やクライアントから「信用できない」だのなんだの言われた、とか電話でグチられた。 しかし作業を急ぐよう催促する電話でグチ (? “叱責”か?) を延々と聞かされて作業を中断されてると、 なんかムジュンしてるよなァとか考えて反省のココロが消えていくのであった…。 (ってそんな長時間じゃなかったけど。 あと消えていくと言えるほどの反省のココロなんか元々持ってないけど (ぉぃ))

購入記録

  • 雑誌「まんがライフMOMO」2005.11(近代麻雀ゴールド11.1増刊号) 竹書房
  • 雑誌「まんがタイムきららキャラット」2005.11 芳文社
  • 雑誌「暮しの手帖」18号(2005 autumn) 暮しの手帖社
    • 続けていけるものはありますか 猪口邦子さんが語る平和への願い
    • ずっとつきあえるシャツ / ありのままの美 三岸節子の素描 / 映画時評特別編・沢木耕太郎
  • MOOK「マジキュー」Vol.19(2005.1) エンターブレイン ISBN4-7577-2497-7 C9476 ¥848E (2005)

あとで読んでみよ。

蛇足的脚注

*28-1 : 上司の人
時々、発作的 (?) に「思い込みモード」が発動して、 軽くパニクり気味になりつつ、強迫観念的に「何か」を求めたりすることがある傾向が。 数週間とか数ヶ月で“治る”んだけど。 とか、他人事のつもりで書いてから気づいたがそんなのは自分も (自分こそ?) そのへんモロ該当事項かもしれん。

2005-9-29 (Thu)

ふと、自転車ってどれくらい速度が出るんだろと思って検索してみてたら エアハブ 搭載自転車の情報に引っかかった。 エアハブというのは自転車の車輪の回転でタイヤのチューブに空気を自動的に入れる仕掛け。 現在、エアハブ採用車種はどれくらいあるのか検索してみた。 あと、ブリヂストンのパワーアシスト車のうちの数車種。 サブナード スポーツは車重も若干軽いし (つっても 16kg 以上あるけど)、 6段だけだけど変速機もあるし、値段も比較的手頃っぽいし (実売 3マン程度で買えそう)、 割とよさげかも。 今乗ってるママチャリがダメになったら買い換え侯補として考えようかな…。 (まだ当分はモチそうだけど)
氷山の一角なんだろうなァ…。 いつまで続くんだろう。

2005-9-30 (Fri)

国勢調査の調査票が郵便受けに入ってたんでテキトーに記入して封筒に入れて封をした。 (“添付のテープで”って書いてあったけどテープなんか見当たらなかったんで自前でノリづけした) あとは取りに来るのを待つだけ。 しかし名前の記入は不要じゃねーのこれ…。 と思ったらなんか情報サイトがあった。 ↓
封筒に入れて提出できるようになったのが今回から (今回初めて) というのは気がつかなかった…。 過去は調査員に手渡し、しかできなかったのネ。 (もう覚えてないや…) しかし封筒に入れても従来どおりハダカで手渡しでもどっちでもいい、というのがハンパだなァ…。 しかも自治体によって、封筒での提出を推奨しているところもあれば、 手渡しを推奨してるくさいところもあるとバラバラみたいだし。 なんだか国勢調査って時代に取り残され気味くさいな…。

個人的に“フェミニズム” (という言葉) にウサン臭い印象を抱くキッカケになった元凶はこいつだった。→ 「別冊宝島 4 おんなの事典」JICC出版。
内容にガッカリしてすぐ捨てちゃったんで内容はあまり覚えてないんだけど ダメだこりゃ、と感じたツボはいくつか記憶に残ってはいる。 (一度買った本は滅多なことでは手放さない主義だったんだけど、これにはゼンゼン未練なかったなァ) しかし今更ながらどのへんがどうダメだったか確認したくなってきた…。 やっぱ捨てなきゃよかったな…。


一歩前進…?

この人は他人の言葉をネジ曲げたり捏造したりして“引用”するのが得意技なのかな…。 (ローレンツが言ってもいないことをローレンツの言葉として引いた、 という事例がどうにも許せんのだが…。 普段からバンバンやってるうちのひとつ (氷山の一角) に過ぎなかったのか)

実は体罰は増えていた…。 「体罰」の判定 (カウント) 基準にもよったりするんだろうけど。 体罰はムズカシイなァ…。 絶対ダメってことはないにしても非常に使い方がムズカシイ (限られてる) ような。 (ってゼンゼン (?) 関係ない話)
リンクメモ追加


正式発表。あとで読も。

『国民学校放送教育の実践』東京第一師範学校女子部附属国民学校著 日本放送出版協会刊

身近な喫煙者の人に読ませたい…。
余談だがまた小谷野敦氏がプチアバれてるっぽい。読んでないけど。 以前、 TV の禁煙を題材にしたドキュメント番組で愛煙家の立場として (?) なにやらワケわからんことを吠えて (?) いたな。 そういえば…。

ID = インテリジェントデザイン (理論)。 反進化論の一変形らしい…。 (「渡辺久義」はメモかな?)
これも。→ 「▼CLick for Anti War 最新メモ 2005-09-29 …産経新聞+統一協会(原理研)=トンデモ超科学! (@∀@)」
↓これも

購入記録

  • 雑誌「増刊 本当にあった (生) ここだけの話」Vol.5 (本当にあった(生)ここだけの話 11月号増刊) 芳文社
  • GBAゲーム「逆転裁判2 廉価版」カプコン AGB-P-A3GJ(JPN) (2002)
  • GBAゲーム「逆転裁判3 廉価版」カプコン AGB-P-A3JJ(JPN) (2004)

GAMEBOY micro も買ってしまった。 (当然ファミコンカラー版) 寝っころがって遊ぶには Nintendo DS は重いし重心も上の方にあるしで使いづらい (持ちづらい、保持しづらい) もんで…。 GBA SP は姪っ子にやっちゃったし。 GB micro は多少、ガワがちゃちい印象はあるけど、 液晶は GBA SP より綺麗。 (バックライト付透過型 (micro) と反射型 (SP) の違いもあるのかな…?) しかし「逆転裁判2」はちょっとデキがよくなかった…。 まだ始めたばっかしだけど…。 お粗末だったのが、感動詞終助詞の「わ」を「は」と誤表記している箇所。 それも少なくとも 2箇所…。 めちゃめちゃガッカリ。 (この程度の誤表記もチェックできないのか…ホントにホントにガッカリだよ… > CAPCOM) つーか、自分がガッカリするだけならいいんだけど、 これを遊んだ子供たちがこの誤表記に触れることで誤って覚えちゃう危険性とかを考えると…。 なんかもういたたまれないんだった…。 ゲーム自体の世界観とかロジックとかは多少アレでもそれはそれでまァ許せるんだけどねぇ…。 そういえば他にも言葉の使い方がヘンな部分があちこちにあるなァ…これ。 「霊媒する」とか。 (霊媒は「する」もんじゃねーだろ)