駄日記 (未完結間欠日記)

2016年 1月


2016-1-7 (Thu)

> 今年も年賀状が友人某より 1枚届いた。ありがたし。 しかし毎年よくネタを考えるなあ。 ちょっとムリヤリっぽい時もあるけど (だんだんムリヤリ度が上がってきてる気もするけど)。 しかしこのムリヤリ感がよい。かもしれない。
> そして今年も郵便局に転居届 (転送願) を出した。前住所からと実家からの 2通り。 届けで指定した日から 1年間、郵便物の転送をしてくれるシステムなので、1年ごとに届けを出して更新しているという。 (指定した日から、じゃなくて、届け出た日から、だった…)
今年はオンラインからの申請「e転居」というやつでやってみた。 確か以前は携帯電話 (PHS 以外) かスマホを持ってないとオンライン申請できなくて、 仕方なく窓口で用紙もらって手で記入して投函する古式ゆかしいパターンで手続きしてきてたんだけど。 今回やってみたら「PHS でも可」になっててオンライン (Web) から問題なく手続き完了。 少なくとも 3年前は PHS 不可だったんだが、いつの間に対応してたんだろうな。 まあしかし、実際のところ前住所宛または実家宛の郵便物が転送されてくるようなことはもうないんだけどね。 去年は 1通もなかった…。 つーかそもそも郵便物自体来ないしな (通販のゆうパックと、前述の友人の年賀状くらい)。
> ある日、POPFile (for Windows) がおかしくなった。
POPFile はベイジアンフィルタを搭載したメール受信プロクシで、 現在のメインメーラであるところの、 テキストエディタ xyzzy 上で動作するメールクライアント kaMail では 単体で POP3 over SSL が使えないので、 つまり POPFile がないと事実上メールが受信できない (ちなみに送信も melon という SMTP プロクシソフトに頼っている。 melon では POP も扱えるらしいが、これまでずっと POPFile で spam のフィルタリングをしてきているので、 受信のプロクシを POPFile から melon に切り替えるのはホントに最後の手段としたい)。 で、この POPFile は以前から、 サーバ側のエラー等でシーケンスが正常に終了しなかった時などに固まって反応がなくなっちゃって、 そうなったらもう再起動するしかなくなっていた。 で、ある日も例の調子で固まっちゃったので、Process Explorer から再起動をかけてみたら、 一旦立ち上がりはするもののすぐにプロセスが終了しちゃって常駐できない体になってしまった。 さては再起動でデータベース (SQLite3) が壊れたかなんかしたのか…と思い、 バックアップからデータベースファイルごと書き戻してみたが、症状は変わらず。 これまで蓄積してきたデータは諦める覚悟で、 設定ファイル類を一旦削除 (というか別所へ退避) し、 新規に POPFile (for Windows) をインストールし直してみたが、それでもダメ。 「POPFile は動作を停止しました」のダイアログで詳細を表示させてみると、 コケてるのは ntdll.dll でエラーコード (?) は 0xC0000005。 この情報で検索してみたが、どうも解決につながりそうな情報を拾えず…。 ntdll.dll が 0xC0000005 でコケるケース自体は、POPFile に限らず (というかそれ以外で) いろいろあるらしいんだが…。 試しに Windows ごと再起動もしてみたけど意味なし。
仕方がないので、Windows の実行ファイル (exe) になってる POPFile for Windows の代わりに、 Perl で書かれてるクロスプラットフォーム版の POPFile をダウンロードしてきて、 cygwin 上から起動してみたところ、 プロセスがコケることもなく動作した。 しかも元の POPFile の設定やデータベースをちゃんと引き継いでいる。 なぜ設定やデータベースが自動的に引き継がれたのかは不明だが…。 たまたま設定ファイルを置くディレクトリがデフォルトのパスと一致していたとかなのかな? よく分かんないけど。 動作も、Windows 版と比べて特に遅いようなこともない。 cygwin はファイルアクセスがめたくそ重いらしいんだが、 POPFile の場合はそのあたりはあまりボトルネックになってないみたい。
クロスプラットフォーム版が Windows 版と違う点は、 Process Explorer などで表示させた際にプロセスの名前として POPFile ではなく Perl と表示されてしまうところ (POPFile の他にも Perl で常駐 (?) させてるスクリプトがあるんで、どれが POPFile のプロセスなのか分かりづらい) と、タスクトレイ (通知領域) にアイコンが表示されないところか。 まあアイコンの表示はとりあえずなくても問題ないけど。 あと Process Explorer でチェックしてみたら、 クロスプラットフォーム版の方でも ntdll.dll を呼び出しているっぽいんだった。 う~んちょっとヤな感じ…。 まあ動いてるからいいけど。当分はこれで様子を見てみる予定。
> ふと計算してみたら、この 1年半の間にコインランドリーに費した金額が 13K に及んでいた。 やっぱ洗濯機買うべきかな~…。 古い洗濯機の搬出と新しい洗濯機の搬入のための作業スペースを確保するのがとてもダルくて、 あと古い洗濯機の処分方法を考えるのもダルくて、 なんか購入に踏み切れなかったりするんだが…例によって…。 あと資金も潤沢にはほど遠いんだけど。 冷蔵庫と電子レンジがぼちぼち 15年選手なので (なおかつこれらは壊れたらスカサズ買い換えねばならんので)、 そっちの購入資金もそれとなくキープしとかないとアカンし。 まあしかしとりあえず物色だけでも再開してみるか…。

購入記録

  • 雑誌「まんがくらぶ」2016.2 竹書房
  • 雑誌「まんがタウン」2016.2 双葉社
  • 雑誌「まんがタイム」2016.2 芳文社

雰囲気主導の“自然”指向で時代を逆行してしまう罠。

“自然”指向がらみ。

基本設定がどれもこれも似通ってるという。 よく読み込んでるなァ。

しかしまァ、よく URL を見つけてくるなァ…。 > 駄文にゅうすさん。

夫婦別姓についての産経のバカ記事から。

AVG はクソ間抜け。

犯人による配達物の横取りは失敗したようだが…。


味覚センサー「レオ」。 生食の危険性をふまえつつ、生食でもおいしく食べられる昆虫を探求する。 と見せかけて完全に趣味の世界だなこれは。


神社で憲法改正の (反対の、じゃなく推進の) 署名やってるのか。こりゃひでえ。 神社本庁、日本会議、がらみか。

いろいろ意見が分かれてるな…。 まあそもそも実印周りのシステムが腐ってる気がするけど。

…。

この部屋揺らし装置はちょっと欲しいかも…。振動センサーと組み合わせて…。

集英社えらいな。

やっとか。 なお 12日の Windows Update で、 10 以前の IE に警告メッセージが出るようになるらしい。 まあしかし使い続ける奴は使い続けるんだろうなあ…。

まあこのへんの性役割に関する固定観念の根強さは世代によらないという気もする…。 調べた訳じゃないが。

フィルムはいつまで入手できるんだろう…。 あと現像とか。編集機材とか。

アニメーション作画・撮影技術の時代とのずれ、作画と撮影とのずれ、 この先の技術的環境的変化をふまえての新フォーマットの確立、とか。



実際、子供に対する性虐待の約半分は小児性愛でない人々によって行われており、またこの傾向のある人であっても実際に子供への性虐待に走るのは一部であるから、小児性愛の傾向を持つ人を性犯罪者予備軍であるかのようにみるのは、男性同性愛者は男子更衣室で他の男性にセクハラを働くに違いない、女性同性愛者は女性用トイレで覗きをするのではないか、といった類の差別的な言説であろう。

まあねー確かにねー。

性的少数者である一部オタクたちは、犯罪に走るでもなく、誰に迷惑をかけるでもなく、社会と協調し平穏に暮らしながら、静かにマンガやアニメなどを楽しんでいる。それは、犯罪者の活躍を描いた映画を楽しんで見る観客が自ら犯罪を犯すわけではないこと、疾病を抱えた人が薬を飲みながら平穏な社会生活を送ることなどと似ている。


昨年ボツになった企画で描いたマンガのネーム。 これは確かにボツのまま埋もれさせるのは惜しい。

2016-1-9 (Sat)

> なんの脈絡もなくふと思い出したんだが、 もう 10年以上昔の話。 池袋某所で、典型的 (?) なチンピラヤクザ風な人を目撃したことがあった。 会社勤務中、小買い物から帰って会社のあるビルに入ろうとした時、 すぐ後ろの通りを歩いてきた二人組に思わず目が行った。 30~40代くらいの男性×2。 一人は兄貴分、一人は弟分な感じ。 暴力団、というのとはちょっと違う。 B級映画の演出で派手めにカリカチュアライズされたような、色取り取りのキンキラな服装や装飾で、 歩き方もずっちゃらずっちゃらという感じで、 一瞬映画のロケかしら?と思ったくらい現実離れした雰囲気をまとっていた。 えっと思って 1~2秒、注視してしまったところ、 こちらの視線に気づいた次の瞬間、 弟分的な方の人が“おうおうなに見てやがんだヤンノカコラ”的に、 目をむいて首 (= 目線) を上下に走らせつつかなりオーバーアクションで肩を揺すり足をガニ股にしてこちらに方向転換してきた。 ほんとに一瞬の間の方向転換だった。 ただあっけにとられて見ちゃっただけで敵意 (害意) は特にないんですよ、ということをボディランゲージで示そうと、 笑顔で“どうもどうも”という感じでおじぎをしてからビルの玄関に向き直って、玄関を入って振り向いたらもう通り過ぎていた。 笑顔は作った顔じゃなくて、ホントに「なにこの人たち楽しい!」という気持ちがそのまま表れた笑顔だったと思う (外からどう見えたかはわからんが少なくとも当人としては)。 遭遇した時間はおそらく 10秒かそこらだったと思うんだが、印象だけは強烈に脳裏に焼き付いている。 …まあ時間の経過相応に記憶の変質はしているだろうけど…。 後にも先にも、あんな感じのチンピラな人には会ったことがないな~。 実際はどういう素性の人たちだったんだろうなァ…。 万一機会があったらいろいろ話なんかしてみたい。ようなみたくないような…。
鉄分の含有量が多かったのは、かつては鉄釜で煮ていたため。 無機ヒ素に関しては、普通の調理時に水で戻す段階とゆでこぼしで相当な量が除去できる。 なので大量に継続的にむさぼり食うとかでなければまず心配するほどのことはない模様。

小田嶋隆氏。 “空気読み”の跳梁跋扈。

徳丸先生…。
しかし肝腎のラップの歌詞部分がこっ恥ずかしくてちゃんと読めない。困るな。

CCC のやらかしてるやつと比べると実に好対照な感じ。

現政権とその支持者は本気で国を殺しにかかってきてるな。

ただ、スターウォーズの非常事態宣言は、自民党の主張する緊急事態条項よりは、まだマシなものです。なぜなら、自民党の案は、内閣が自分で「緊急事態」の宣言ができるのに対し、スターウォーズでは議会で承認されなければ最高議長は非常大権を得られなかったからです。

自民党の案も、事後的に国会の承認が必要ではありますが、与党が多数を占めている議院内閣制では、政府の方針は国会ではそのまま承認され、全く歯止めにはなりません。安保法案の審議を思い出してください。

スターウォーズでは、非常事態宣言による最高議長への権力の集中も、帝国の成立も、議会で承認されました。エピソード1~3のヒロインのパドメは、「自由は死んだ。万雷の拍手の中で」と表現しました。その後、銀河帝国の成立から崩壊まで、実に20数年かかったのですが、非常事態宣言のコントロールが効かなくなると、後で民主主義を取り戻すのがどれだけ大変かということがよく分かります。

自民党のいう緊急事態条項では、内閣が法律と同じ効力の政令を自分で作ることができ、国民は政府の指示に従わなければならず、人権侵害も予定されています。

たとえば、非常事態宣言のやり方がおかしいと言って政府を批判しようとすると、「公の秩序を害する」といって規制されることもあり得ます。真実の報道ができず、本当のことが分からなくなってしまい、おかしな緊急事態宣言をした政府を、選挙で民主的に変えることもできなくなってしまうのです。

大災害やテロなどの危機に対応すること自体は必要ですが、そのための緊急事態条項だと思っていたら、民主主義が終わりかねないのです。


池澤春菜氏の体験 (というか目撃) レポート。

理解不能。 まあどう理論武装しようと後付け臭はぬぐえんな~これは。 たぶん、問題のヘソは、とんでもないアサッテのところにあるんだろうな…。 こういうのは、原因も解決法 (?) もカルトの洗脳 (マインドコントロール) と関連が深い気がする。個人的に。 そのへんはちょっと解明してみたい気はするな。

法的な面からの話。いいこと言ってはると思う。 非難の声がどうも大きいようだけど、まあこれはやってみていいと思うんだよな。 テストケースとして有用になればなおよし、で。

ねとらぼに捕捉されてるし。 該当コンテンツの修正如何にかかわらず (または公開の有無にかかわらず)、「回答しないと」強制公開停止。 いつものパターンみたいだけど。

なお、「アメーバブログ」「Yahoo!ブログ」「ライブドアブログ」などは運営元がJASRACと利用許諾契約を結んでいるため、管理楽曲の歌詞掲載が可能です。

はてなはいつまでたってもどこかしらグズグズなまま、という印象があるんだが (個人の感想だが)、 にも関わらず、「はてナー」とか「はてな村」とか言われるような、 積極的支持者 (固定ファン?) がいるのは何故なんだろうなあ。不思議。 まあ余計なお世話だけど。

自滅意欲マンマンだな~。 ツイート 1万字とかどうでもいいからまずサポートしっかりしろよ、って思うんだけど。 会社の業績も日本以外では死に体らしいのになんだこりゃって感じだ。 サードパーティアプリの締め出しとか延々とくだらないことに血道を上げ続けてるし…。 このままだと Twitter もじきにオワリかな。

一般社団法人 次世代放送推進フォーラム (NexTV-F) とやらの関係者はバカしかいないのかな。 これがそのまま通るようだったらたぶんそうなんだろうな…。 どっちみち見ないから個人的にはどうでもいいけど。

2016-1-21 (Thu)

> POPFile (for Windows) がいつの間にか落ちずに起動するようになっておった。 なんなんだ。意味わかんねーな~。 まあいいけど…。 仮にまたコケても、いつでもクロスプラットフォーム版に戻れるから、 原因不明な割にはとりあえずあんまし気にならないや…。
> 節分を控えたこの時期、近隣のスーパーなどに煎り大豆が出回っていてうれしい。 この時期でないと滅多に店頭で見かけないんだよな…。 いまは亡き要町のアネックスにはカップ入りのが常備…に近いほどいつも売ってたんだけど。 …とかなんとか思いつつ、ふと Amazon で検索してみたら、 煎り大豆徳用 1kg 1200円送料込くらいで売ってるんでやんの。 もしかして通販ならいつでも買えるのかしら…。 まあいっぺんに 1kg も買ってもたぶんあっという間にもぐもぐ食っちゃって腹具合を悪くすると思うんで、 キケンな選択肢ではあるがなァ。
> 自宅用に、ちっちゃい無線LANルータを買った。アイオーデータの WN-G300TR。 基本、携帯用 (旅行用) らしい。 サイズ感はマッチ箱を一回り太らせたくらい。ってマッチ箱がもうそこらにないよな…。 ミント系タブレットの容器を太らせたくらい?
知人より無期限貸与されてるノーパソを自宅で LAN につなぐのに、 今までは無線 LAN 機能内蔵のメイン機 (Windows 7) を Windows SoftAP というやつで無線 LAN ゲートウェイ化して使っていたんだが、 メイン機を再起動する度に Windows SoftAP も起動し直さねばならず、 まあこれはバッチファイル作って自動起動する設定にしておけばいいだけの話なんだけど、 しばらく使っていると接続が不安定になってついには接続できなくなる症状がけっこう起きていて、 その都度 Windows SoftAP を再起動すんのがメンドウだったりして、 単独で動く安定した無線 LAN ルータ…というか無線 LAN アクセスポイントが別途あった方がいいな、と思い、 Web でいろいろレビュー込みで物色して、 最初は高速転送とか多機能とかカタログスペックに気が行ってたんだけど、 ぶら下がる端末も 1コだけで出番もそんなにないモンにあまり投資してももったいないし、 そもそも安定してつながりさえすれば高速転送はそれほど必要ないか…と思い直し (そもそも大元のプロバイダの速度が遅いし… > WAKWAK)、 安定と価格の安さで妥当なところを選択。 実際、半月くらい連続稼動させているけどまったく問題なく、Windows SoftAP よりもぜんぜん安定している。 Windows SoftAP の時はへたすると 1日くらいで不安定になってたからなァ。 LAN 端子が WAN (インターネット) 側と LAN 側の 2つあって、 ルータモードではなくアクセスポイントモードで使う場合は、 LAN ケーブルは WAN と LAN のどっちの端子につないでも OK。 LAN 側につないでおけば、PC から設定画面にアクセスできる (WAN 側からはたぶんできない)。 電源端子が microUSB になっていて、短い USB←→microUSB ケーブルは同梱されているものの、 AC アダプタが付属してないのが若干残念。 まあ今は百均でも買えるらしいけど…たまたまデジカメに同梱されていたやつが 1つ余っていたのでそれを流用。 あとは特に不満点なし。 今はこんなのが 1500円かそこらで買えちゃう時代なんですなァ… (Amazon でポチる寸前で価格コムを見に行ったらビックやヨドバシの方がちょっと安く、 ひょっとして店頭価格も安いかも…と思って池袋まで行ってみたら、案の定ちょっと安かったという)。
> 先日友人より (再び) お誘いいただき、前回の学祭に続いて某美大の卒制展にちょっとお邪魔してきた。 とても全部は回り切れず、とりあえず友人のお子さんの作品から見始めてあとは時間内で回れるったけ。 たぶん全体の数割も見てないと思う…。 評価の高かったらしい作品には「○○賞」など表示もされているんだが、 「え? これが??」ってやつがちらほらあった…。 評価基準がシロウト目にはゼンゼン見当がつかん世界だな。 友人と二人で気安く論評したり、材料だの作り方だのを想像したりしながら見て回ったが、 立体造形物なんかは巨大なものもけっこう多く、 あれを作ったり移動したりするだけでも相当体力要るよなあ…創作者は“要体力”だなァ…と思った。 まあ学生で若い分体力も相応にあるだろうけど、 寒空の中を一日中、 順ぐりに作品を講評して歩いてる先生達がいて (学生達がぞろぞろついて歩いて講評を聞いていた)、 創作の世界は年をとってもやっぱり体力が必要そうだわ…。 たぶん全作品を卒制展の前後も含め、何日もかけて講評して回るんだろうなあ。 前回の学祭の時、カメラを持って行った割にはほとんど何も撮らずに帰ってきてしまった反省 (反動?) で、 今回はとにかく撮りまくってみた。 それでも帰ってきてから「あ、あれも撮っておけばよかった…」といくつか心残りがあったけど。 しかし FUJIFILM XF1 でバッテリを替えも入れて 2個フルに使い切ってしまい、最後の方は撮影できず…。 バッテリの持ちあんまし良くないなこれ! 予備がもう 1個必要かよ! と思ったんだが、 撮影枚数数えてみたら 600枚行ってた (+ 動画を数分ずつ 2本)。 でもって、ちゃんと製品仕様にバッテリあたりの撮影枚数 300枚って書いてあった。 仕様どおりの性能をきちんと発揮してた…。 しかも、この撮影枚数も他の (手持ちの) カメラと比べても特に少ない訳でもなく。 つまり、それだけの枚数を撮るためにはカメラによらずバッテリ 2個では心許ない、ということなのか。 一度にそんな枚数撮る機会も最近ではなかったからなァ (せいぜい 200枚くらいまでだった)。 今後同じような状況がどれくらいあるか分からんが、念のため予備のバッテリを買い足しておこうかしら。 って卒制展の感想よりもデジカメの感想だなこれは。
> 先月まで異常にあったかかったんだが、 今月に入って急に例年並に (?) 寒くなってきた。 先日 (月曜) は午前中雪降ったし…ちょっと積もって現時点でまだ道の端とかに溶け残ってるくらい。 毎冬ながらなんだけど、今年はいきなり寒くなった感じな分余計に風呂の寒さが身にしみる…。 部屋はもう暖房 24時間連続稼動させてるけど。 電気代がアレだけど…。 設定温度はずっと最低限の 16℃にしてるが、 これまで勝手に 20℃くらいになってたのが、 寒さが厳しくなってきたら 18℃くらいまでしか上がらんようになってきた。 エアコンの暖房の利きって外気温に左右されるんだよな~。 室内にこもっていても室温から間接的に外気温の様子が分かってしまうという。
> 今月頭くらいにスルガ銀行の VISA デビットを使って Amazon でまとめて買い物をしたんだが、 販売者ごとに 3件に分割された引き落としのうち 1件が銀行の方の明細照会画面に表示されず、 計算の辻褄が合わない状態が 2週間ほど続いていた。 サイトからメールで問い合わせたんだけど、 問い合わせの説明がヘタだったのか、なんだか要領を得ない返信が来て、 その後も表示の一部が辻褄合わん状態のままなので、 再度問い合わせをしてみた。 画面キャプチャを添付できればいいんだが、フォームからの問い合わせではファイル添付ができず、 仕方なく画像は適当なサイトにアップロードして、その URL だけ書き添え。 さて納得できる返事が来るのやらどうなんやら…。
> 2年前にドンキで買ったポリエステル綿 100% の座布団 (カバーと合わせて 1.3K) が、 すっかりぺったんこになってずっと座ってるとケツの骨 (?) が痛くなってくるように (長時間座り過ぎ)。 これが真綿ならぺったんこになり切らないんだけどなァ…と思って Amazon で検索してみたが、 出てくるのはポリ綿のものばかり、たまに綿 100% の製品もあるけどどれもけっこういいお値段。 で、ふと楽天で探してみたら手頃な値段のがヒットした。罠だな…。 55×59cm の銘仙判で、綿 1.3kg で 1.8K。綿 1.0kg で 1.2K のもあったけどちょっぴり奮発 (?) して前者を買ってみた。 注文が多くて生産が追い付いてないらしく一週間ほど待ったが、無事に送られてきた。 座布団カバーは別途、安いのを買おうと思ったんだが通販を探してもなかなか手頃な値段 (ビンボ人感覚的に) のが見当たらない…。 Olympic ならあるかな、と思って行ってみたらちゃんとあった。Olympic エラい。 安い方では旅館などでよく見る白無地で縁にヒラヒラがついてるやつが 500円くらいから。 ヒラヒラなしで絵柄付の 800円くらいのを 2枚購入。 これでケツの骨が痛いのも解消されるとよいが (長時間座り過ぎの方をちょっとなんとかした方がいいかもしれない気もするけど…)。 しかし Olympic (落合店) 久々に行ったけど、 閉店時間が 20:30 と早まってたし、 お餅を大量に安売り (投げ売り?) してたし (原材料が米粉じゃなくて餅米のちゃんとしたお餅が 1kg で 300円税込っていう)、 大丈夫なのかなァ…余計な心配かもしれんけど…。 お店は続いて欲しいしな…。 大きめの電気製品とかもう売らなくてもいいんじゃないかな。フロアにお客さんほとんどいたことないし。 なんてまァ、どシロウトが余計なお世話か。 ちなみに座布団本体は Olympic でもポリ綿のしか見当たらなかった。 通販で見つかってよかった。
追記:閉店時間が 21:00 から 20:30 に早まるのは 1月 4日から 3月 15日までの期間限定らしい。

購入記録

  • 雑誌「まんがライフオリジナル」2016.2 竹書房
  • 雑誌「まんがタイムジャンボ」2016.2 芳文社
  • 雑誌「まんがタイムファミリー」2016.3 芳文社
  • 雑誌「まんがライフ」2016.3 竹書房

あァ、いろんな意味で頭が悪いんだなァ、というのがしみじみ感じられる…。
そもそも妻の給料が夫の半額、という男女不平等の前提が誰からも自然にスルーされている、という。 言われてみれば確かにそうじゃのう。

“ブラック社労士”がらみで。 日本は解雇しにくいから、というインチキ擁護論を検証。 実際には解雇も (解雇目的の) いじめも、テンコモリにある。

日本の研究不正検証システムがそもそもダメ、という現状でもあるらしい…。 不正側には政治家 (衆院議員) もからんでるっぽいような記述もあるなあ。 もうグッズグズだな…。

まあメモだけ。

Twitter の RT や Togetter でよく見かけていた人…。 膵臓がんだったのか。

米国コミック弁護基金(CBLDF)事務局長のチャールズ・ブラウンスタイン氏の意見書「なぜ過激なマンガを禁止することは児童保護へとつながらないのか」の邦訳。

ホントにそっくりだわ。

鹿児島県警。こんなんばっかし…。

クソもミソもぜんぶ同じくくりで規制ってところにはまあ科学的根拠とかはたぶんほとんどないんだろうな。 薬品の規制に限らず、 こういういわゆる“政治的”で済ませちゃってる部分がもっと科学的根拠を大事にするようになるには、 あとどれくらいかかるんだろうなァ…この国のシステムは。 永久にムリってことはないと思いたいが…。

合理的白タク。

セキュリティ関連製品会社が間抜けだと目も当てられんのう。 そして往々にして間抜けなんだよなこれが。

軍事情報は中国のガンダム (筆者持論)。→ 日本のおっさん:ガンダムネタで盛り上がる / 中国のおっさん:軍事情報で盛り上がる。
公式未発表段階でいろいろ妄想してたスペックが先走り過ぎてて、実際のスペックとの落差でがっかり、みたいな構図らしい。 中国では“空母”はとにかくすごいものの象徴、あこがれの対象、という感じらしい。 他いろいろ。

Pentax、Panasonic、Fuji、Nikon などの製品に付属する Silkypix 系現像ソフトで、 Jpeg 撮影時の本体搭載エフェクトは部分的にしか適用できないのは、 各社秘蔵のエフェクトアルゴリズムを社外に出せないから。 らしい。 現像ソフトくらい自社開発しろよな…。 ちなみに Olympus は自社開発らしい。

魔法の数字…。なるほど…。どっちかつうと「数字が魔法で」って感じだけどまあいいか。


昔からある V 字型の台 + デジカメ撮影、のタイプだけど。 オープンソースで設計図が公開されてるらしい。自作も可らしい。 Raspberry Pi 2 で自動化もできるらしい。 裁断したくない厚い書籍を手間と時間が多少かかってもデジタイズしたい場合にはこのタイプしかないな。 でも器用でないと自作は難しそう…。

一般販売開始。 なお実質醤油 (味も素直な醤油らしい) だが、JAS法とかいうやつの縛りで原材料的に「醤油」とは名乗れないらしい。

記事内容に関係ない嫌韓コメントが群がってるらしい (見てない)。

首から上だけ SW。

まったくだ。

10倍は都市伝説。成人男性の体細胞数 30兆、細菌数 40兆くらい。らしい。

どんどんダメ加減が増す一方の Twitter…。

ひでえもんだ。まあ本気にする人はほとんどいないだろうけど。
記事中で「割と硬派」と紹介されてるテストで以前けっこういい数値が出たんだけど、 これもどうなんかなあという気はしなくもない…。

さめもけっこう絶滅が心配される状況なんだなあ… (しかもイルカやクジラと比べて熱心な保護団体もあんましないらしい)。

虫スプーン…。

ほー。

2016-1-25 (Mon)

> 東武東上線駅の女性のアナウンスが妙に声優っぽい声質としゃべり方で前から気になっていたんだが、 やっぱり声優さんだったんだ。
大原さやか - Wikipedia
先日ちょっと IC レコーダで録音を試みたんだがうまく録れなかった。 また今度やり直してみよ。
東上線は駅ポスターも妙にかわいいし (アニメ絵)。 どういうアレなんだろうな。 ポスターも写真撮ってみるかな。 でもぼちぼち色あせてきてるかな…。 欲しい、といったらくれるかな。もしくは入手手段があるかな? ずっと昔、交渉して地下鉄のポスターもらって帰ったことがあったなァそういえば…。 パネルに入れてずいぶん長いこと会社に飾られてたっけな。 今はポスターもらえたとしても置く場所もないし、やっぱり写真でいいか。
> コミックスとかを大量買いした時に、 本の現物を引っくり返しながら購入記録に ISBN をいちいち手入力していくのは面倒だよな… (最近では購入頻度が落ちたからそんなでもないけど)。 と突然思い立って、 テキトウな Web ページを scrape して ISBN 部分を半自動で補う Perl スクリプトを書いた。 先月。 参照先が Amazon だとハイフン付の ISBN コードが得られないので、 honto! のサイトを拝借。 もっと適切な (scrape がカンタンな) サイトがあるかもしれないが未調査。 書名と著作者名と巻数だけ指定すると、 出版社と ISBN と発行年を補完して購入記録用の HTML を吐き出す。 ただし複数候補が絞り切れない場合と候補が見つからない場合はその旨警告だけ出す。 なお対象となるリストが複数ページにわたった場合をまだ考慮できてない。 当面自分に (だけ) 使えればいいのでこれの対処はそのうち。
Web 側に情報が (探せば) 整備されているからこそのラクチン。

購入記録

  • 雑誌「まんがタイムスペシャル」2016.3 芳文社
  • 雑誌「月刊アクション」2016.3 双葉社
  • コミックス「白暮のクロニクル (7)」ゆうきまさみ、小学館 ISBN978-4-09-187365-1 C9979 ¥552E (2015)

> 先月に引き続き、今月も「月刊アクション」が近隣のコンビニのどこにも入荷しておらんかった。 もう近所のコンビニは月刊アクション仕入れるのヤメちゃったのかなァ…。 確実にある (と思われる) のは駅向こうのジュンク堂なんだがいささか遠いんでメンドくさい…。 自転車で池袋駅近辺から線路を越えるのがホントにメンドくさいんだよ。 跨線橋は坂がけっこう急だし、ガード下はいちいち自転車降りて歩かないといけないし、 ホントに自転車に優しくないよこの自治体は。 やーっと最近駐輪場が整備されてきているけど、 無料なのは最初の 1時間とか 2時間とかだけだし、料金も案外高いし、 なにより駅などの便利アクセスポイントから遠いことが多くて不便! まあ徐々に解消されてきてはいるけど。 他にも自治体が勝手にパクってった自転車の身代金も異様に高いしフザケンナ感満点だよ。 閑話休題。 先月は芳林堂コミックプラザには見つからなかったので、 今回は探しに行かなかった。 入荷してないのか売り切れていたのかは不明。 先月号購入後に、毎月仕入れてそうなコンビニを 1軒、やや遠方でたまたま発見したんだが、 今回は「白暮のクロニクル」最新刊もちょっと欲しかったので素直にジュンク堂まで足を伸ばした。 ついでに他の本もついいろいろ物色してうっかりすると買ってしまうキケンが非常に高かったが、 なんとか物色だけで持ちこたえた…。 ちなみに件の (確実に置いてそうな) コンビニまでの距離はジュンク堂までの半分くらいなので、 来月もやはり近隣のコンビニになかったら、今度はそっちを優先的に探す。 途中に坂もあんましないし。
Business Continuity Plan。 輸送インフラ側だけでなく、利用者側 (通勤者というより通勤者を雇用している会社) にも必要。 そりゃまァそうだよな。 つーか、昔はそうだったかも…。 交通手段に限らず、インフラ全般が脆弱な部分があったからある意味慣れていたというか。 今はサービスが安定している分、利用者側がついそれによっかかってしまう面はあるかもしれんな。

インテルのCPUには,三角関数を数値的に計算するための命令が備えられていますが,その結果は正しくありません。

えっ。なんで?

冒頭から容易にオチが読める、いつものアマゾンのクソ事例。

米 Amazon だが、ひでえなこりゃ。

2016-1-31 (Sun)

> Firefox の拡張機能の制限 (署名付のみ) から逃れるために現在 Developer Edition を使ってるんだが、 これは安定版 (? 正式公開版?) よりもバージョンが 2つばかり先行している (ただしα版だけど)。 で、ついさきほど 45.0a2 (2016-01-25) から 46.0a2 (2016-01-28) にアップデートしたら、 拡張機能 uc (= userChrome.js + subscriptoverlayloader.js) が利かなくなってしまった。 ユーザ定義した機能がコンテキストメニューに表示されない… (ヘンな空欄に置き換わっちょる)。 あのーワシこれ使えないと致命的っつーか Firefox 使ってる意味が半減しちゃうんですけど。 仕方ないんでとりあえず 45.0a2 (2016-01-25) に戻して、更新チェックをオフにしてしばらくしのいでみる。 そのうちに直るか知れん。わからんけど。 直らなかったらどうすっぺかなァ…。 uc 以外にユーザスクリプトを使う方法を何か考えないといかんのか…? う~ん…。 …まァ最悪の場合、とりあえず使えている JSActions に移植するんでもなんとかなるかな…。 操作の手間が 1~2段階増えて、使用頻度を考えると鬱陶しくてやってらんなくなりそうだけど。
しかしホントに Firefox はじりじりとクソ化してるな~ (ワシ的に)。 それこそいまいち不安定で安心して使えないような頃から使い続けてきて愛着もあるし、 ぶっちゃけ代替ブラウザもない状態なんだが…。 まさかこんなんなっちゃうとはなァ…。 哀しいというか馬鹿馬鹿しいというか…。
追記: どのタイミングかは分からんが、2月半ば頃ふと試してみたら uc 無効状態が解消していた。 たぶん 46.0a2 に変わるタイミングでのエンバグだったんだろうな~と想像してるけど調べてないけど。 で Firefox dev は 46.0a2 にアップデートして、更新チェックも有効にした。 あとコンテキストメニューの空欄項目は、別のアドオン Mozilla Archive Format のだった。 このアドオンは念のため入れたっきりたぶん一度も使ってなかったんで、とりあえず削除して対処。

購入記録

  • 雑誌「まんがタイムオリジナル」2016.3 芳文社
  • 雑誌「まんがライフMOMO」2016.3 竹書房
  • 雑誌「まんがライフSTORIA」vol.16 竹書房

やれやれ…。

Firefox 45以降、開発者はabout:debuggingの画面で設定を変更することにより、再起動不要の拡張機能に限って未署名でも一時的にインストールが可能となる(Bug 1221141)。

再起動不要の拡張機能に限ってだと。なんでそんな余計な制限つけるんだ。

なお、Firefox 46以降、デジタル署名を強制されない、開発者向けのノーブランド版FirefoxがMozillaから提供される予定となっており、再起動が必要な拡張機能の作者は、そちらを使うことになる。

この間 Developer Edition に乗り換えたばっかしなのに、また乗り換えないといかんのかもしかして。めんどくせえな。

2015年12月上旬、AMOでの公開を目的としない非掲載の(unlisted)拡張機能は、レビューを受けずにデジタル署名を取得できるようになった(Bug 1229197)*1。これを利用して、自分が使う拡張機能のファイルに自分でデジタル署名を付してしまおうというのが、Firefox 44以降でも未署名アドオンを使い続ける方法 | ハルパスの提案である。最初にAMOのユーザーアカウントを取得する必要があり、署名もバージョンごとに付すことになるが、さほど時間もかからず、現実的な解決策といえる。ちなみに、AMOでは将来的にFirefoxアカウントをサポートすることが既定路線となっており、実現すればさらに手続は簡単になるだろう。

それもそれでめんどくさいけど、まあいざとなったらそれでいくか…。 覚えとこ…。

毎日新聞2016年1月25日 東京夕刊

写真1
東京五輪の2年前、国鉄(現JR)東京駅近くの路上風景。植え込みも路上もごみだらけ=東京都中央区京橋1丁目で1962年5月27日、池田信さん撮影

 日本人は「伝統」という言葉にヨワいらしい。例えば選択的夫婦別姓制度の是非を巡る議論。安倍晋三首相ら反対派は「同姓が日本の伝統だ」と主張し、いくら専門家が「同姓は明治中期以降の新しい制度」と指摘しても聞く耳を持たない。このように最近は、新しく、ウソに近い「伝統」がやたらと強調されている気がするのだが……。【吉井理記】

銀座はゴミの山だった

 中国の旧正月・春節(今年は2月8日)が近い。流行語にもなった中国人観光客の「爆買い」だが、彼らのマナーはどうだろう。

 「(ホテルで)酔って従業員に絡む人も」「寝間着にスリッパでロビーをウロウロする人は少なくなったが、じゅうたんにツバを吐いたりたばこを捨てて焦がしたり」「ひどいのはロビーのイスで足を開いて高イビキ」……

 中国人は、礼儀正しさを伝統とする日本人とは違うなあ……と、あえてそう思い込んでしまう書き方をしたが、実は全て日本人がやらかしたこと。東京五輪の年、1964年3月19日付毎日新聞の東京都内版が報じた日本人のマナーの悪さを嘆くホテル側の声の一部である。前年7月1日付では「汚れ放題東京の顔 銀座の歩道はゴミの山」との見出しで、通行人のごみのポイ捨てや住民が路上にぶちまけた「台所の残り物」が散乱する様子を伝えている。

 そして今、日本のマナーに反する中国人観光客はいる。列に並ばなかったり、ごみを捨てたりする人を記者も見たことがある。だが――。

 「そこは『お互い様』です。最近まで私たちもそうでした。僕は70年代に米国留学したのですが、向こうで何に驚いたかというと、『割り込み』せず、みんなが列を作ること。当時の日本と大違いでした」と振り返るのは、社会心理学者で一橋大特任教授の山岸俊男さんだ。

写真2
鉄道利用者のマナーの悪さを報じた1951年2月の「サン写真新聞」(60年廃刊)に掲載された「割り込み乗車」の写真。「乗るときは一番後ろにいて、電車が来ると横に回り、ねじるように押し入る」らしい

 日本の駅で当たり前になっている「整列乗車」が生まれたのも戦後である。東京では47年ごろ、営団地下鉄(現東京メトロ)渋谷駅が最初らしい。駅長や駅員が整列乗車を訴えるプラカードを首から下げ、並び方を指導したのが始まりだ。これが後年、国鉄(現JR)などに広がった。整列乗車の成り立ちは「営団地下鉄五十年史」(91年)などが伝えている。

 銀行やスーパー、コンビニなどでも客に並んでもらうためにロープを張る、床にテープで線を引く、といった工夫をしてきた。街も、東京など各自治体が罰金・罰則を設けたり、「美化デー」を設けて清掃活動に力を入れたりしたことで清潔になっていった。

 つまり、戦後のさまざまな取り組みによって今のマナーの良さがある、ということ。これ自体は素晴らしいのだが、なぜか山岸さんは顔を曇らせる。

 「怖いのは、そうした過去を忘れ、今あるものを『これが日本の伝統だ』『昔からそうだった』、そして『だから日本人は昔から優れていた』と思い込むこと。これは非合理的な思考だし、他国を見下す思想につながる。近ごろはそんな風潮が広がっているようで心配です……」

現状否定のため過去を美化

写真3
ごみが散乱する約60年前の旧国鉄の列車内。日本人は昔から礼儀正しかった……とは必ずしも言えないようだ=1953年11月、旧国鉄の尾久駅で

 では、冒頭の選択的夫婦別姓はどうなのか。戸籍が作られた奈良時代から明治中期までは別姓が基本だったし、初めて同姓を強制したのは1898年の明治憲法下の旧民法で、当時は同姓が基本だった欧米に倣ったのだ。

 「でも、現在では同姓を強制している国は極めて例外的。なぜ日本はこれほど不自由なのでしょうか」と首をひねるのは武蔵大の千田有紀教授(現代社会論)である。欧米でも近年は別姓も選べるようになっているし、逆に別姓が基本だった中国では同姓も選べる。

 「明治以降の夫婦同姓が家族本来のかたち、という考え自体が『日本の伝統』と呼べるのかは疑問だし、『別姓を認めると家族の一体感が損なわれる』という反対論も根拠があるのでしょうか」

 確かに別姓で家族の絆や一体感が崩壊した、あるいは別姓夫婦の子供の「個」の形成に問題が生じた、という国は聞いたことがない。離婚や再婚、事実婚や一人親が珍しくない今、親の姓が同一ではないことを問題にするのは意味があることなのだろうか。

 中央大の山田昌弘教授(家族社会学)も苦笑いする。「『多数派がやっていること』を伝統と言い換え、少数派を従わせようとしているだけです。自分と異なる考えを認めない。それを正当化するために『家族が崩壊する』と言い出す。そもそも結婚には昔、通い婚などがあったし、家族の形も各地で本家や分家、隠居制のあり方などに違いがあってさまざまでした。それが日本の伝統なんですが……」

 では、なぜ新しいものを「伝統」と考えたがるのか?

 「根底にあるのは『伝統の捏造(ねつぞう)』と同じ考え」と分析するのは著書「江戸しぐさの正体」で知られる作家で歴史研究家の原田実さん。現在の道徳や公民の教科書が取り入れている「江戸の商人・町人の心得・風習である江戸しぐさ」なるものが、実は1980年代に創作されたことを2014年に著書で指摘し、今もなお教育界に波紋を広げている。

 原田さんによると、「江戸しぐさ」を創作したのは高校教員や雑誌編集長を務めたとされる芝三光(しばみつあきら)さん(99年死去)。彼は日本人や社会のモラル低下を嘆いていた。現状を否定し「昔は良かった」とばかり「ユートピア」を過去に求めた結果、道徳が優れている「想像上の江戸時代の人々の風習=江戸しぐさ」を生んだ。

 「『昔は良かった』という考えがクセもの。この考えに従うと『今ある良いものは昔からあったはずだし、昔はさらに良かったはずだ』との考えに陥りやすい。だから『日本人の道徳・マナーは昔から優れていた』と考えてしまう。『戦後日本から道徳やモラル、公の心が失われた』と言う人は戦前を評価する傾向にあるが、これも同じ。本当にそう言えるのでしょうか」

 試しに統計を見れば、戦前・戦中(1926~45年)の殺人事件の人口10万人当たりの発生件数は1・25~4・14件で、2014年の0・83件より高い。「現状否定のために過去を美化しても、史料に裏切られるのがオチ」と原田さん。

「理想の人間づくり」行く末は

 「昔は良かった」と考える人が強調するその道徳教育、安倍政権は18年度以降に小中学校の「特別教科」とすることを決めた。著書「新しい国へ」で盛んに「問題はモラル低下だ」と指摘していた安倍首相らしい。山岸さんは「20世紀で、最も道徳教育に力を入れたのは旧ソ連や中国など社会主義国家でした。自分より公を大切にせよ、と。でも結果はご存じの通り。歴史上、どんな国・社会も道徳教育で『理想の人間づくり』に成功した事例はありません。これこそ『伝統』なんですが」。

 年始から夏の参院選について「憲法改正を訴えていく」と力を込める安倍首相。自民党の憲法改正草案の前文には「良き伝統を……末永く子孫に継承する」とある。その「伝統」の正体を注視したい。


ネトウヨ&ヘイトでお馴染みの、はすみとしこ氏のサイン会が中止になったもよう。

う~ん…。ヘイト拡散目的のイベントは果たして言論の自由の範疇に含んでよいのだろうか…? あと、サイン会中止させるのは果たして言論の自由を損なうことになるんだろうか…?