駄日記 (未完結間欠日記)

2013年 10月


2013-10-3 (Thu)

> やっと日付が実時間に追い付いた (先週くらいまで 5月あたりを延々と書いちゃ直し書いちゃ直ししていた)。 まあ追い付いたからどうということもなく相変わらず内容はないよう。
> あと当サイトの退避先だった x680.x0.com/sabiweb/ をさっくり消去した。 ちょっと早かったかもしれないがまァいいや…。 sabimaru.no-ip.com と同じレンタルホストの同じサーバなので、 予備サイト的な使い方もできないし。
> そんなことより no-ip.com の強制的な 30日ごとの人力認証がぼちぼち鬱陶しいな…。 無料ユーザを切り捨てたくて (有料ユーザに切り換えさせたくて) 仕方ないんだろうけど、 このサービス悪化っぷりはホントにヒドいもんだわ…。 別の DDNS サービスに移行しようかなあ…。この際。 またドメイン名変わっちゃうけど。 …あ、そういう意味では退避先サイトの URL の方が今後変化する可能性が低くて良かったのか…?
> どうでもいいけど新しい PC をぼちぼちなんとかせねばいかんなホントに。 引き続きノートPC にする予定。価格は 5桁台におさえたい… (選択肢狭まる狭まる)。 なんでノートPC なの~デスクトップでいいじゃん~と先日言われたが (誰に?)、 もう 10年以上も前からメイン機はなんとなくノートPC で続いているなァ。 デスクトップ機はメリットとしてはディスプレイ部も含めてパーツの一部入れ替えがしやすい (= アップグレードしやすい) とか、 価格性能比がノートよりも良い (傾向にある) とか、 筐体容量に余裕があるので熱対策もしやすい (かもしれない) とかがある反面、 可搬性が低まるとか、場所食うとか、基本的にうるさい (のが多い) とか、 ケーブル類 (モニタ接続コード、電源コード等) がかさばりがちとか、 廃棄処分時にでかい分若干面倒 (まあノートも面倒は同じか…) とかのデメリットもある。 あと、ノートだと一応バッテリ付なので (バッテリが生きてる間は) UPS 不要とかの利点も。 つっても外付 HDD フル活用しててそっちに UPS 使ってなかったらあんまし意味ないけど。 外付デバイス用にぼちぼち小さいめの UPS でも用意するかなァ…。 最近は安くなってきてるかもしれないし (まだ調べてない)。 まァその前に内容のバックアップ態勢か…。 その前にもろもろの設置場所を作らなくては…。 とりあえず新しい PC の物色だけでもしとこう…。 でも Windows 8 (8.1) はホントはヤなんだよなァ…。 Windows 7 のパッケージ版は今月末までは販売 (今月いっぱいで販売終了) するらしいので、 今月中なら PC 本体とは別にパッケージ版 Windows 7 も買ってそっちを上書きインストールする、 という手もないこともないのか。なんだかお金もったいないけど…。 その前に例によってぼやぼやしてるうちに今月過ぎちゃいそうな気がするけど…。 ホントは Linux あたりにしてもう根本的にスッキリさせたい気もするんだが、 Windows 上の作業環境、特にキーバインド変更ユーティリティとか画像や動画や音声の編集ツールとか、 かな漢字変換とかエディタとかファイラとかがすっかり手に馴染んでしまっていて、 おいそれと移行できそうにない。 そーゆー意味では Windows XP と 7 や 8 の互換性 (つーかアプリ動くかどうか) も心配のうちなんだけど。 ネットワークにつながずスタンドアロンでなら XP をずっと使い続けるっつー手もあるかもだが、 まァそれも無理な話だしなー。

購入記録

  • 雑誌「まんがホーム」2013.11 芳文社
    • らいか・デイズ (むんこ)
    • 坂の上の職人工房 neet (胡桃ちの)
    • ただいま独身中 (辻灯子)
    • 黒い大家さん (こいずみまり)
    • オトナのいろは (あさのゆきこ)
    • 孔明のヨメ。 (杜康潤)
    • まりかちゃん乙 (ユキヲ)
    • 主任の一ノ瀬さん (楯山ヒロコ)
    • 新宿さんと周りの人々 (カワハラ恋) (ゲスト)
    • ゲキカラ文化交流 (沼江蛙) (ゲスト)
    • いぬにほん印刷製版部 (瀬野反人)
    • 天国のススメ! (宮成樂)
    • ようこそ! オーロラ百貨店 (師走冬子)
    • うちの秘書さま (ミナモ)
    • あゆみちゃんは心配性 (ミナモ)
    • シネマちっくキネ子さん (ÖYSTER)
    • はっち・ぽっち (高野うい)
    • となりのなにげさん (橘紫夕)
    • マチ姉さんの妄想アワー (安堂友子)
    • グランメゾンむらさきばし (南Q太)
    • 一番星のそばで (仙石寛子) (最終回)
    • もっと! 夫婦な生活 (おーはしるい)
    • 200年の夜と孤独~おひとりさま吸血鬼~ (松田円)
    • 半熟やおよろず (けんち蛍)
    • おかあさんがいっしょ! (木村和昭)
    • 新人4コマまんが展:てぶくろきつねと金色しっぽ (村田あつ)
    • 目次4コマ:もっと深刻なバカ (宮原るり)

おうふ。 これはなかなかサバイバル揃い。 今までのところハンティングするまでには至ってないな~ワシ (野草とか木の実とかザリガニとか蛇とか虫とか?)。 まだヌルいってことだな。何がだ。

違法ダウンロード刑事罰化と CD・DVD 売り上げの話。 まあ当然の結果というか。

宮台真司ってばかだったんだな~。

まあ元記事は読んだけど良くも悪くも記憶 (と記録) に残しておく必要はないと思って URL メモはしなかったけど…。 個人的メモとしてやはり、大石哲之は要注意、かな… と思ったらこの記事もなんかちょっとピントがずれてた。見出しにダマされた (勝手に)。
まあしかし、 米が他の炭水化物 (主食候補) (の最低価格ライン品) よりざっくりいって倍ほど割高なのは確かだが、 価格が 1/10 の輸入米は (質に信用がおけないからという理由ではなく) 何も考えずに置き換えられるものとはちょっと思えない。わな。
うーん。年収 200万円てそれほど底辺の生活じゃないような (家賃の額にもよるが)。

ほんといろんな意味でロクでもないな鳥取県警…。

 鳥取県が補助金を出している町おこしイベントのホームページに掲載されたイラストがみだらだとして、鳥取県警が主催者と県に注意し、削除を検討するよう求めていたことが2日、県警などへの取材で分かった。既に削除され、イラストが印刷されたチラシも回収済みという。

 県警生活環境課は「今回はわいせつ物には当たらないが、画像にせよ文章にせよ、不特定多数が見る場に掲載する際は十分に注意してほしい」としている。

 イベントは9月28日から鳥取県米子市で開催されている「第三次米子映画事変」。県が進めるまんがを活用した地域づくり事業「まんが王国とっとり」の関連イベント。

2013/10/02 21:03 【共同通信】


酵素ジュースを実際に作って、どんな菌が出るか、を厳密に実験してみた結果。

nanapi と NAVERまとめ。 目糞 vs. 耳糞。

吾妻ひでお×とり・みき。 本に収録されるものの抄録、らしいので本を買う人はわざわざ読む必要ないな。

小田嶋隆氏。 踏切事故 (踏切内に倒れていた老人を助けに入った女性が死亡した事故) の報道の仕方、から。

まァ、この直属の上司が気の毒なことに若干無能だったということなんだろうな。

林則行氏 (投資家)。 言語と文化 (その言語を母語とする人々の人間関係の特性) は分離不能。 日本語は日本人同士の人間関係や文化を反映する言語体系となっていて、 日本語でコミュニケーションを取るということは、 双方がこの文化的背景を暗黙の共有事項とすることで成り立っていて、 それとはまったく異質な人間関係や文化を背景に構築されている英語という言語体系でコミュニケーションを取ろうとすると、 暗黙の共有事項との齟齬によりコミュニケーション不全になる。 みたいな。 まとめようと思ってわかりにくくなっちった。 まァつまり、日本語は日本 (東アジア) 的な目上目下的な人間関係を考慮して表現にワンクッション置ける言語体系になっているが、 英語には目上目下的な人間関係を考慮できるような表現体系ではないので、 ぶっちゃけ角が立ちまくる、と。 さて、どうかなこれ…。 もっともな気もするけどなんか見落としがあるような気もするし。 …たぶん、英語にも婉曲表現みたいなものはあるんだろうけどなァ…。
上記記事筆者は英語を知らん、と。ふむ。 まァいずれにしても、 英語 (の機微) をよう知らん日本人同士が拙い英語だけでコミュニケーションしようとしたら、 そりゃギクシャクするだろうことは想像がつく。 そーゆー意味では半分くらいは合ってるのかもしれん… > 元記事。

2013-10-6 (Sun)

> 吾妻ひでお著「アル中病棟」発売日だったので、 芳林堂書店コミックプラザに閉店時間 (22:00) ぎりぎりに駆け込んで購入。 うう。字とか細かくてよう見えん… (老眼)。 まあこれから楽しみにじっくり読む。
ついでに、以前ダメ元で探してみたけど見つからなくて、 やっぱりコミック専門店じゃ扱ってないのかな~でもここなら置いてそうだけどなあと思いつつ、 その後 Web で書影を確認したら文庫サイズじゃなくて新書サイズだったことが判明し、 どうりで文庫の棚に見当たらなかった訳だよ、 としばらくうろうろ探してみたらちゃんと棚 1~2段程度並んだ同レーベルの中に見つかった 火浦功著「ファイナル・セーラー・クエスト【補完計画】」も購入。 最初はログアウト冒険文庫からイラスト竹本泉で出て (原作・竹本泉 / ノベライズ・火浦功でも違和感ないくらい絵と内容がマッチしていて惚れた)、 その後ちょっと加筆したものがまったく別の画家のイラストで角川スニーカー文庫から出て、 さらに挿絵が竹本泉に戻った上に補遺加筆したのがこの【補完計画】てやつなので (大雑把な把握による若干テキトーな認識)、 まあ今のところこれが最新版かつ完全版。 ちなみに全部買って持ってんだよな… (たぶん捨ててないはず。たぶん…)。 これも大半は既読の作品だけど、あとでじっくり読む。
以上敬称略。

購入記録

  • 雑誌「まんがくらぶ」2013.11 竹書房
    • 有閑みわさん (たかの宗美)
    • 父とヒゲゴリラと私 (小池定路)
    • 天使の事情 (神仙寺瑛)
    • うちは寿! (小池恵子) (最終回)
    • 晴れのちシンデレラ (宮成楽) (ゲスト)
    • 森田さんは無口 (佐野妙)
    • 黒猫の駅長さん (山口悠)
    • ラーメン屋のヨメ (神奈川のりこ)
    • 100万ボルトの彼女 (楯山ヒロコ)
    • なぎさ食堂 (藤沢カミヤ) (連続ゲスト2/2)
    • トラロッコ (えのきづ) (ゲスト)
    • 愛のたたき売り物産展 (胡桃ちの)
    • ひよわーるど (橘紫夕)
    • せんせいになれません (小坂俊史)
    • コラムオトナの読書感想文:山の人生 (柳原望)
    • 大正四葉セレナーデ (香日ゆら) (連続ゲスト2/2)
    • 高尾の天狗と脱・ハイヒール (氷堂リョージ)
    • 腹黒舞子さんとの京生活 (櫁屋涼)
    • シークレット5 (真枝アキ)
    • ゆるめいつ (saxyun)
    • ニセ番長とちびっこ舎弟 (大河内ゆき) (ゲスト)
    • うちゅうジカ (田丸さと)
    • 土曜ランチ! (イシデ電)
    • おじいぼんとわたし (橘りた)
    • 小杉センセイはコドモ好き (やまもとまも)
    • ぼのぼの (いがらしみきお)
    • マジョ&サディ (ジョン・チョリョン)
  • 雑誌「まんがタウン」2013.11 双葉社
    • 新クレヨンしんちゃん (臼井儀人&UYスタジオ)
    • 派遣戦士山田のり子 (たかの宗美)
    • うちの大家族 (重野なおき)
    • あつあつふーふー (佐藤両々)
    • となりの工学ガール (梅川和実)
    • 夢からさめても (王嶋環)
    • 押しかけ時姫 (東屋めめ)
    • 70's愛ライフ (吉田美紀子)
    • 大正乙女カルテ (野広実由)
    • 居間には今外国人がいます。 (駒倉葛尾)
    • 涙の数だけ輝いて! (柳瀬ルカ)
    • 研究所ライフ (坂巻あきむ)
    • ちはるさんの娘 (西炯子)
    • かりあげクン (植田まさし)
    • クレヨンしんちゃん ガチンコ! 逆襲のロボとーちゃん (原作:臼井儀人/脚本:中島かずき/作画:相庭健太)
    • 彩陽女子高食物調理科 (青木だいしろう)
    • しょーがくせれぶ (中村カンコ)
    • 思春機13号 (池尻エリクソン)
    • アキナイダマシイ (胡桃ちの)
    • ケイくんとアヤメさんがルームシェア (ボマーン)
    • きぐるめくるみ! (うず)
    • 鎌倉ものがたり (西岸良平)
    • 少女よ漫画家の星となれ (松山花子)
  • コミックス「アル中病棟 -失踪日記2-」吾妻ひでお、イースト・プレス ISBN978-4-7816-1072-6 C0095 ¥1300E (2013)
  • 新書「ファイナル・セーラー・クエスト 【補完計画】」火浦功/イラスト・漫画:竹本泉、朝日新聞出版 (朝日ノベルズ) ISBN978-4-02-273975-9 C0293 ¥980E (2011)

実際はアウェイな環境で、労働環境が劣悪なところで働いているのが原因だと思うんですが、それを“東京のせい”にしてしまっているだけだと感じますね。

だろうな~。いずれにしても気の毒っちゃ気の毒だが。 滅多に外食はしないけど、飲食店で店を出る時に軽くごちそうさまくらいは言ってる。 客層の悪い店でばかり働いていたんではないかのう。

おお。しかしこれがニュースになってしまうということは、 こんな当たり前の判決にニュース性が存在するという司法の現状の間接的証拠なのかも、とか…。 (「転び公妨」なんつー言葉があるくらいな)

職務質問を受けた際に警察官を殴るなどしたとして公務執行妨害の罪に問われた男性に対して、東京簡易裁判所は「男性の承諾を得ないまま警察官が行った違法な所持品検査への抵抗として、許される程度の行為だ」と指摘して、無罪を言い渡しました。

無罪を言い渡されたのは東京・新宿区の38歳の男性です。

男性は、去年11月、新宿区内で自分の自転車に乗って帰宅途中、新宿警察署の警察官から、盗んだ自転車ではないかと疑われて職務質問を受けましたが、その際、警察官の胸を殴ったり足を蹴ったりしたとして、公務執行妨害の罪に問われました。

4日の判決で東京簡易裁判所の村田正臣裁判官は「警察官は職務質問の中で、服の上から体を触って所持品検査をしたが、男性の承諾を得ておらず違法だ」と指摘しました。

そのうえで「男性の行為は、違法な所持品検査への抵抗として許される程度のものだ」と判断し、無罪を言い渡しました。

無罪判決について男性の弁護士は「主張が認められてよかった。検察は控訴せずに裁判を終わらせてほしい」と話していました。


10月 18日発売?

日高トモキチ氏。おおう。

三善晃氏没。 どこかで見た名前だな…と思ったら名作劇場の赤毛のアンの楽曲 (OP/ED) の作曲者の人だったか。

「横浜市都筑区のインド料理レストラン インド家庭料理ラニ」サイトの「よくある質問」ページ。 インドでサフランライスは使わない。でも日本のインド料理店でだけなぜかスタンダード。 色もたぶんサフランじゃなくてターメリック。 面白いな。どういう由来なんだかな。

なんだこれ。うさんくささ炸裂…。

楽しい陰謀論論。いやしかし、なんか説得力あるんだが…。

リジェクトされるべき論文をオープンアクセス誌に送りつける実験の結果が、Science誌に載った。


2013-10-9 (Wed)

> 「アル中病棟」読了。2巡した。 「失踪日記」が埋もれていてすぐに読み返せないんだけど、 比べるとやっぱしやや重い感じがするな。 恨み節的な描写も多いめだし。 でも前著よりだいぶぶ厚いけど読後に真っ先に思ったのは、 もう終わりなのか~続きが読みたい、だった。 続編出ないかな…。また 8年後でもいいから…。 あと、これだけ酒で苦しんでもタバコはやめないんだなァ…。
各奇数ページ左下に小見出しが小さく入ってるんだが、 コマにかぶって入れちゃってるページがいくつかあった。 制作 (編集?) のミスだろうけどもったいないことをしてるな…増刷分は修正してくれるといいんだが。 あと、とり・みき氏が数ページほど背景を手伝っているそうで、 巻末対談ではどのコマかひとめで分かるみたいに書かれていたけどぜんぜんわからんかった。 まァとり・みき氏の絵柄が頭に入ってないせいだろうけど。
> ここしばらく、髪の毛がヘンな風にはね散らかって、えもいわれぬ風合いの髪型になる。 風呂上がった直後くらいは若干マトモなんだが、1~2日たつともうダメ。 元々くせ毛なのは確かなんだけど、 ここまでヘンな風にはねるのは (近年散髪行き出してからは) 初めてかなァ…。 まァ前回の理容師の人が若干ヘタクソだったような気はする (過去毎回違う人だったが)。 その割に一番モンクたれながら切ってたっけ。 ちゃんと指示してくれないと切れないしそのくせそういう客に限って文句言ったりするしとかなんとか…。 こっちは、所詮は 1000円カットなのでヘタクソでも別にいいや、というつもりではあるのだが。 伸びてもできるだけヘンになりにくい切り方なんて、 たった 1000円でしかもたま~~~にしか来ない客にそんなんでける訳ないしな。 しかし頻繁に切りに行かないといけないのはやっぱりメンドくさいんだよなァ…。 なにしろ伸ばしっぱなしで何十年も暮らしてきた一番の理由がそこらへんだったりするし。 とかなんとかいいつつ、前回切ったのが 4月だからもう半年はたってるんだが…。 でも 1回目が一昨年の 4月、2回目が昨年の 1月、3回目が 8月で 4回目が今年の 4月だから、 今月中に散髪すると最短記録なんだけど。 どんだけ散髪が嫌いなんだワシは。 もう髪の毛なんか伸びなくていいのにという気持ち。 ただ部分ハゲはそれはそれでやはり面倒そうなので、きっぱりまるはげがいっそラクでよさそう。 ただし自前だとマメに剃らなきゃいけないから却ってメンドウで駄目だな。 でも自然に自動的にまるはげに、はまずムリだよな…。 あァなんて平和な悩み (?) なんだ。

購入記録

  • 雑誌「まんがタイム」2013.11 芳文社
    • おとぼけ課長 (植田まさし)
    • わさんぼん (佐藤両々)
    • ラディカル・ホスピタル (ひらのあゆ)
    • 秘書の仕事じゃありません (東屋めめ)
    • 満開! Sister (東屋めめ) (ゲスト)
    • 恋愛ラボ (宮原るり) (最終回)
    • 天子様が来る! (安堂友子)
    • あいすべきものものどもへ (楯山ヒロコ)
    • パパロバ (胡桃ちの)
    • ほめよめ (黒渕かしこ)
    • 鉄仮面のイブキさん (市川和馬)
    • 大家さんは思春期! (水瀬るるう)
    • ロコ・モーション (藤井理乃)
    • ノコひけ! 工業娘。 (宮下二三)
    • ゆとりノベライズ (渡辺伊織)
    • ニッポンのワカ奥さま (木村和昭)
    • スキップAD! いろはちゃん (大乃元初奈)
    • ひらめけスイッチ (トフ子)
    • 絵本とママ (櫻井リヤ)
    • スクール・ビート (ハカタマン)
    • Welcome! つぼみ園 (おーはしるい)
    • スーパーな店員さん (奥原まむ)
    • もいんの高校野球日誌 (きんのりふみ)
    • 通りぬけできます。 (幾花にいろ)
    • つくしんぼ (城戸みつる)
    • フリーランスなあさみさん (あらごん)
    • おしゃべりしろくま (田村ナナ) (ゲスト)
    • 目次4コマ:安堂友子の生きてます日記 (安堂友子)

東京湾第三海堡の解体引き上げ現場で、 潜水士の作業補助、テンダーと呼ばれる仕事とか。へぇ…。

とりあえず遠巻きで様子見したい。

細かい違いは覚えてないが、 ヤフオクはそもそも昔は原則無料だった。 少なくとも入札するのに手数料だの月額料金 (プレミアムユーザの料金) なんか不要だったんで、 そういう意味では進歩というよりは回帰な感じかな? (ユーザ、特に入札者視点だと) まあ世間の注目はオークションよりも Yahoo! ショッピングの方に集まってるっぽいけど…。

なるほどなー生活習慣。

ニホンミツバチは気難しくて巣箱が気に入らないと巣を放棄したり、 いろんな花の蜜を同時に集める習性もあり養蜂にはあまり向いてない一方、 養蜂に適したセイヨウミツバチは元々スズメバチとは生活圏が違うので、 ニホンミツバチの蜂球のようにスズメバチへの特別な対処法を持っていない (養蜂家が巣箱の周囲を網で覆うなどの対処が必須)。 とそれぞれ利点 (特長) と欠点 (弱点) があるという。 面白い。

アメリカ政治を語る上で欠かせないのが司法の動向である。違憲立法審査が形骸化し、せいぜい刑事事件でしか馴染みがない日本の裁判からは想像できないことだろうが、アメリカでは多種多様な法律について訴訟が提起され最高裁判所が違憲・合憲の判断を行い、その判決が時にはアメリカの政治・経済・社会の動向を大きく左右する。

本書は、その強い司法がいかにして成立したのか、また憲法を巡る判断がアメリカ史にどのように影響を及ぼしたのかについて、憲法と司法からみた建国から現代までのアメリカの歴史を通観する、非常に勉強になるぜひとも読んでおきたい米国憲法史入門本である。特に日本人にはあまりなじみが無い米国史上の代表的な裁判官の人となりも深く描かれ米国裁判官列伝の様相で、憲法史入門としてだけでなく読み物としてもとても面白い。

残念ながら絶版、らしい。
この際絶版禁止法を作って欲しいね。 もちろん電子書籍やオンデマンド印刷も出版に含めて OK ってことにして。

GM 食品についてウソを書いている件。

Q. キリスト教では同性愛はいけないんですよね?
A. ぜんぜんオッケーです。

長いなこれ…。
聖書を根拠に同性愛を非難・否定するクリスチャンは偽善者であり、聖書を冒涜している。 聖書には現代ではとても守れそうにない律法がてんこもりで、 それを全部守っているクリスチャンはいない (いたらおかしい)。と。
2000年に創立した Web 教会、とのこと。

2013-10-20 (Sun)

> やなせたかし氏の訃報…。13日。94歳。
> 15日夜から 16日午前にかけて、関東圏では 10年に一度という規模の台風が。 そんな規模の台風にこのボロアパートは耐え切れるのか!?と若干心配だったけど、 どこか壊れるどころかミシミシいうこともなく乗り切る。 しかし 16日、台風が過ぎた後の強風がすごかった…。 ほぼ一日吹き荒れていたので、買い物も自粛 (夜遅くにはだいぶ治まったので食料品補充に行った)。 この台風であちこち被害がいろいろあった模様。 ちゃんとニュース見てないんでよくは把握してないけど…。
そんな台風ほどではなくてもちょっと強い雨が降るたびに鉄柵やコンクリに当たって跳ねた雨だれが、 玄関脇の自転車に総攻撃をくらわすので (ちょっと風でもあれば直撃弾ももろにくらう)、 前住居で室内 (玄関内) 保管で約 5年、比較的綺麗な状態を維持できてた自転車も、 この 10ヶ月ほどでテキメンにあちこち錆が浮いてきた。 一応潤滑剤を吹いてたチェーンとギアにもうっすら錆が浮いてなんかショック。 前のママチャリは CRC 5-56 だけで屋外保管 (しかもかなり長いこと屋根なし) で、 チェーン周りだけは錆させずに使えてたのになァ。 あとこぐとどこかからかすかにカッタンカッタン異音もするし、 前ブレーキも鳴りがすごくて (多少対策を試してみたけどおさまらず) ほとんど使えないもんですっかり後ろブレーキだけで止まってる始末。 まァ、前ブレーキは雨とは (たぶん) 関係ないけど…。 雨のかからない保管場所が欲しいなァ…。

購入記録

  • 雑誌「まんがライフオリジナル」2013.11 竹書房
    • おうちがいちばん (秋月りす)
    • ちぃちゃんのおしながき (大井昌和)
    • リコーダーとランドセル (東屋めめ)
    • ゆにいる (渡邊)
    • はるまちダンス (佐藤両々)
    • よっけ家族 (宇仁田ゆみ)
    • 動物のおしゃべり (神仙寺瑛)
    • だから美代子です (むんこ)
    • 野村24時 (板倉梓)
    • セトギワ花ヨメ (胡桃ちの)
    • まつりごよみ (曙はる)
    • よこしまゼミナール (松田円) (最終回)
    • 先生ロックオン! (神堂あらし) (新連載)
    • ベルとふたりで (伊藤黒介)
    • なごみクラブ (遠藤淑子)
    • エデンの東北 (深谷かほる)
    • 榎本さんのガラパゴス世界 (藤真タケシ) (ゲスト)
    • 星降り村事件ファイル (碓井尻尾)
    • 美術館のなかのひとたち (黒田いずま)
    • うちの3ねこ (松本ぷりっつ)
    • 明日もコトコト (犬上すくね)
    • しばいぬ子さん (うず)
    • よんこまのこ (重野なおき)
    • 中年女子画報 (柘植文)
    • MEDIGIRL (道端千揺/原案監修:有好從桜)
    • 大カラスヤサトシの大発明大王 (カラスヤサトシ) (最終回)
    • けんもほろろ (ハトポポコ)
    • とーこん家族 (よしもとあきこ)
    • 月刊すてきな終活 (小坂俊史)
    • ばつ×いち (おーはしるい)
    • 目次4コマ:ポポ時評 (施川ユウキ)
  • 雑誌「まんがタイムジャンボ」2013.11 芳文社
    • レーカン! (瀬田ヒナコ)
    • じょしもん (重野なおき)
    • 花の任侠物語しずか (火ノ鹿たもん)
    • 乙女ほるもん (津々巳あや)
    • 笑って! 外村さん (水森みなも)
    • かみおとめ特別編 (桐原小鳥)
    • ちっこいんちょ (トイシキ)
    • おねがい朝倉さん (大乃元初奈)
    • 凪くんの不運な棚ぼた (かわのゆうすけ)
    • ひみつのマンガ道! (三宅あきた)
    • 桜乃さん迷走中! (えのきづ)
    • びあ充! (イセダイチケン)
    • ラン様の放課後遊戯 (とく村長)
    • お隣さんゲーム (神堂あらし)
    • ほのかミステリーノート (あづま笙子)
    • おとぎのシソン (春夏アキト)
    • オンエア -うるま高校放送部- (浅木胡逸)
    • 妖こそ! うつつの分校 (あろひろし)
    • 企画:私のこだわり趣味 秋の夜長編 (瀬田ヒナコ/かわのゆうすけ/イセダイチケン/とく村長/浅木胡逸)
    • マネーちゃんず (今豊太郎)
    • テイクアウト! (枕辺しょーま)
    • 時代はメグルちゃん (雨水りんの)
    • 僕のロイヤルなメイドさま (天然鰤)
    • あねざかり (藤凪かおる)
  • 雑誌「まんがライフ」2013.12 竹書房
    • 動物のおしゃべり (神仙寺瑛)
    • ナノレンジャー (渡辺伊織)
    • スパロウズホテル (山東ユカ)
    • 紡木さん家の場合 (碓井尻尾)
    • ポイズンガール (瀬野反人)
    • お姉ちゃんが来た (安西理晃)
    • かてきょん (あづま笙子)
    • 裸眼でGO! (吉田美紀子)
    • わくわくワーキング (おーはしるい)
    • ウリとツメ (佐野妙)
    • ポラリスをめぐる (浦稀えんや) (ゲスト)
    • ななこまっしぐら! (小池恵子)
    • キャバはじめました (忍田鳩子)
    • ラーメン大好き小泉さん (鳴見なる) (ゲスト)
    • うり×うり×うり! (赤穂老師) (最終回)
    • カタコイカノン (胡桃ちの)
    • だめっこどうぶつ (桑田乃梨子)
    • 告知:特報! やねうらの彼女 (北条晶)
    • となりのエロチカちゃん (後藤羽矢子)
    • ちゅーちゅーブレインわーるどS (海月れおな)
    • だってヤンママ (すみれいこ)
    • 新フリテンくん (植田まさし)
    • ぼのぼの (いがらしみきお)
    • うわの空チュートリアル (みずしな孝之)
    • ハレハレなおくん (ナカタニD.)
    • おわらいおん (たんたん×カネシゲタカシ)
    • おきらくごくらくデブ猫生活 (ビビック)
    • 目次4コマ:荒井清和の4コマワイドショー (荒井清和)
  • 雑誌「まんがタイムファミリー」2013.12 芳文社
    • ぽちゃぽちゃ水泳部 (遠山えま)
    • 椿さん (楯山ヒロコ)
    • ダ・ヴィンチ系女子高生 (駒倉葛尾)
    • 村ドル (佐野妙)
    • 教壇のポラリス (鴨鍋かもつ)
    • 大家さんは思春期! (水瀬るるう) (ゲスト)
    • 毎日が新選組! (おーはしるい)
    • 航海王子の優雅な船旅 (ひらのあゆ)
    • 純情小町 (高透レイコ)
    • 宅飲み残念乙女ズ (コナリミサト)
    • パパとあそぼう! (かより)
    • 2倍まもります! (310)
    • カラフルぶらぱん (上田キク)
    • 男子校生へ愛をこめて (浦津ゆうじ) (ゲスト)
    • 博士の白衣女子攻略論 (香日ゆら) (最終回)
    • 妖こそ! うつつの分校 (あろひろし)
    • ゆうたいプレイ (むらさき*) (ゲスト)
    • 小森さんは断れない! 特別編 (クール教信者) (ゲスト)
    • ひかり! 出発進行 (水井麻紀子)
    • ココロ君色サクラ色 (桑原草太)
    • スパイの歩き方 (速水螺旋人)
    • 春夏秋冬こよみの献立 (いづみみなみ)
    • かしこみかしこみ (幌倉さと)
    • 火消しなでしこ (小夜鳴ウズ/原案:田中正露) (ゲスト)
    • 地味なコ、派手なコ (G3井田)
    • 駅前の天使・アイは歌う (鈴木フルーツ)
    • 目次4コマ:つながれ! 黒電話ちゃん (瀬田ヒナコ)

「とり・みきの トリイカ!」

活版印刷にこだわりつづけて続いている小さい印刷屋さん。 昭和35年創業か~。半世紀以上。

一部コンビニでも売ってるらしい。探してみるかな…。

並んでるな~。壮観だな~。 みずほ銀行は ATM (時間外?) 手数料無料の条件が他行と比べて厳しめで (= しみったれで) 口座作る気になれないんだよな~。 どうでもいいけど。

ふむ。

渡辺芳之。タチが悪そうだな…。

推奨ブラウザは Chrome だそうだ。推奨というよりは一択くさいけど。

虚構新聞。

腐れサービスになっていく一方のようじゃな。

メディアが宮崎勤事件の時に室内のビデオやなんかを適当にアレンジして散らばして撮影したが、 その頃からぜんぜん進歩も反省もなんもしてないというのがよくわかるな。

う~む。こりゃかわいいとしか言いようがない。

志ん朝師匠若い…。昭和 39年で、まだ 25~26歳の頃か。

政府の教育再生実行会議有識者に【イオンド大学】から名誉博士号を授与された方がおられるという、驚きの声をまとめました。

教育破壊実行会議の間違いじゃないの?
こちらにも指摘が。 まあ“親学(おやがく)”の安倍の肝煎り + 曽野綾子だの八木秀次だのが連なってる時点で。

イオンド大学の変遷。

これは朗報。

「艦これ」を dis るつもりが大失敗、の図。 ていうかこの自爆とあんまし関係ないな艦これ。 さすがに皇紀1600年は打ち間違いだろうけど…。 当人のツイートなどを見てたら、 だんだんいたたまれなくなってきたので「そっ閉じ」。

(日本の) 祝祭日の求め方。 メモ。

日本経済新聞(3月10日付)が、自民・公明両党が、「児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律」(児童買春・児童ポルノ処罰法)の改正案を提出するために、調整に入った、と報じた


柴那典(とものり)氏、ライター。

エホバの証人。 二世の立場から自力で脱会し家族や友人を (一部を除き) 脱会させるまで。 真理真、のペンネーム (ハンドル?) でエホバ検証の資料を公開している人 (その資料見たことあるな)。

pjax の p って何だろうな。python かな。perl じゃないだろうな。 と思ったら pushState (method 名) の p らしい。 ページ URL も変更しつつ画面を部分的に (非同期に) 遷移するページ移動、 の記述を補助する JavaScript ライブラリ。 HTTP サーバ側では X-PJAX というヘッダを解して、 要求された部分のコンテンツだけを送り出す仕掛けが必要。 「railsで書くとこんな感じです」rails前提か。 使えねぇ…。

まあそういう使われ方をされるようにできているよな > NAVER まとめ。 ユーザにインセンティブも払ってるし胡散臭さ満点…。

はごろもフーズの製品 (シーチキン) にヒスタミンが社内基準値を超えて検出されて回収したのを、 メディアが「アレルギー物質で」回収、と報道した件について。 「ヒスタミンはアレルギー物質 (= アレルゲン) ではない」。確かにそのとおりだ…。 ついでに、はごろもフーズの広報担当の不適切な対応も追記されてるな。

おもろい。

なんか…とてつもないな…なんだろうなこれ…。 なんでこんなにいっぱいいるの…?

ふむふむ。 3thParty って 3rd party の誤りかな? 将来的にアプリ類が HTML と CSS (と JavaScript) (の延長) で作れるようになるぜ、 的な話を最初に知った時は、 やったー HTML に馴染んでいてヨカッターとか単純に思ったが、 実際に使うとなればまァ覚ねばならんことは山のようにありそうだ。 当たり前といえば当たり前だけど。

二次大戦末期の話。ドイツ海軍が大量のドイツ難民を輸送したのに対して日本の同報への仕打ちは…。 という。

日本語で使うには Tokenizer 必須なのかな~…。

2013-10-28 (Mon)

> ふと思いたって、無料の印刷用カレンダーデータ PDF を Web で探して、 今月以降分の 3枚をコンビニのプリンタから印字して目の前の見える範囲に貼っつけた。
考えてみると、(紙の) カレンダーのない生活がもう何年も続いておったなー…。 日付の感覚が鈍る一方なわけだ。 まァ、日付や曜日は PC でも PHS でも置時計でもわかるし、 PC にスケジュール表兼用のカレンダーアプリも一応入れてるんだけど、 普段は表示させてないしな (邪魔だし)。
あとは鏡がちっちゃい手鏡しかないな~。 以前の住居は一応洗面台の前に (ちょっと見づらい位置にだが) でかい鏡がかかってたんだけど。 普段使う用に大きめの鏡もひとつ買ってくるかのう…。 といいつつ百均に探しに行くと大して大きいサイズのがなかったりするんだけど。 でも百均でないと高いし… (消耗品でもないのにしみったれだ)。
> 微グロな話。
先日真っ昼間。 パンを焼こうとガスコンロ際の窓にたてかけておいた餅焼き網をコンロの上に乗せて、 予熱のつもりでコンロの火をつけたとたん… カリカリカリカリカリカリカリカリカリッッッッ!!!!! と網を引っ掻く音が 1~2秒 (けっこう長かった)。 基盤の薄い鉄板とセラミックの網の間に潜んでいたらしい。 網を持ち上げてコンロの上に置く間もじっとしていたらしい。 うわ~~…と思ったがしょうがないので灰になるまで焼いちゃえ、 と思って換気扇ブン回しながらしばらく火にかけておいた。 が、灰にまではちょっとやそっとではなりそうにない様子だったので、 テキトウなところで火を止めて (それでも 3~5分は加熱し続けたような気がする)、 冷めるのを待って、上の網を外して、中の「炭」を捨てた。 いや~見事に“姿焼き”(←グロ注意) になっていたな…。 触角や足のトゲや羽根の模様まで…。 あまりに元の形のままな上、元々黒いシロモノだから、 炭なのかただの亡骸なのかパッと見じゃ区別つかないけど…。 でもよく見ると足の先っちょが消えていた。 まァ、赤熱しかかった鉄板の上を 1~2秒以上も高速で引っ掻いてたんだからある意味当然か。 それにしてもどこから侵入してくるんだろうなまったく…。 あの網に関しては、上 (網側) からは入れそうにないので、 たぶん鉄板 (底) に開けられたスリット状の穴から潜り込んだんだろう。 そして入ったはいいもののそのまま出られなくなっていた可能性もあるな…。

購入記録

  • 雑誌「まんがくらぶオリジナル」2013.12 竹書房
    • リコーダーとランドセル (東屋めめ)
    • 銀子の窓口 (唐草ミチル)
    • まちこう! (浦地コナツ)
    • たばたちゃん派 (みずしな孝之)
    • つくねちゃん+30 (ひらふみ)
    • うしろのご先祖さま (勇人)
    • そんな毎日 (おーはしるい)
    • はるまちダンス (佐藤両々)
    • ちっちゃいおっさん (どっこい笑太郎)
    • S・Aで会いましょう (胡桃ちの)
    • 園児様のゆーとおりっ (ミキマキ)
    • ちぃちゃんのおしながき・繁盛記 (大井昌和)
    • ヒジキのお仕事 (山野りんりん)
    • 今日のノルマさん (ふかさくえみ)
    • 恋するウサ杉謙信さん☆ (坂巻あきむ) (動物×武将コラボ企画7)
    • 龍女生徒会っす! (野広実由)
    • 路傍(みちばた)のミオ (小池恵子)
    • さかな&ねこ (森井ケンシロウ)
    • 猫系彼女と草食男子 (こいずみまり)
    • ボク恋コンダクター (坂巻あきむ)
    • ベルとふたりで (伊藤黒介)
    • ラジ娘(こ)のひみつ (小坂俊史)
    • いとをかし (楠見らんま)
    • ヒナ書房へ行こう (都波みなと)
    • ぼくとことりちゃん (野々原ちき)
    • げぇ~むプレイ日記 (田宮まちこ)
    • のぶながちゃん公記 (くりきまる)
    • もしもしぐま (梶原あや)
    • しばいぬ子さん (うず)
    • 目次4コマ:オニワーク (濱元隆輔)
  • 雑誌「まんがタイムスペシャル」2013.12 芳文社
    • 恋愛ラボ (宮原るり)
    • スーパーメイドちるみさん (師走冬子)
    • 先生のすみか (伊藤ハチ)
    • 銀河系女子高生ありすちゃん (原作:サカザキ/作画:はなこ)
    • ゲキカラ文化交流 (沼江蛙)
    • じごくプリンセスえんまちゃん (ひらふみ)
    • OLはとぽっぽ (たかの宗美)
    • ミッドナイトレストラン7to7 (胡桃ちの)
    • 踊る! アントワネットさま (にしうら染)
    • 企画:あの子はアイドル! (藤島じゅん/吉村佳/にしうら染/梨尾/沼江蛙/ナントカ)
    • ピンポン☆ブー (藤島じゅん)
    • 趣味じゃない園芸 (駒倉葛尾)
    • 美味しいタノミゴト (梨尾)
    • カブルモン (藤堂あきと)
    • 笑って! 外村さん (水森みなも)
    • どろんきゅー (吉村佳)
    • 信長のおよめちゃん (大場玲耶)
    • ぱふぃん -中国的刺客美少女- (にたこ)
    • ナースドールまりあ (しまだ)
    • 風紀のフーコ (永みはじ)
    • すしっ娘 (3.5合)
    • アテナの初恋 (縞はるひ)
    • メェ~探偵フワロ (ナントカ)
  • 文庫(古)「ムツゴロウのゆうびん箱」畑正憲、角川書店(角川文庫) ISBN4-04-131910-2 C0195 P390E (1979)
  • 雑誌「月刊アクション」2013.12 双葉社
    • Re Collection (高野苺)
    • 和太鼓ガールズ (すたひろ)
    • 友情課金カルマンゲイン (カズミヤアキラ)
    • 小林さんちのメイドラゴン (クール教信者)
    • カリュクス (岬下部せすな)
    • 女の子が死ぬ話 (柳本光晴)
    • 中学性日記 (シモダアサミ)
    • アクション仮面 (キャラクター原作:臼井儀人/漫画:西脇だっと)
    • ふうちゃんとおじいちゃん (オザキミカ)
    • ガール メイ キル (板倉梓)
    • 王様ゲーム 起源 (原作:金沢伸明/山田J太)
    • ちちゃこい日記 (サワミソノ)
    • りきじょ (歌麿)
    • 瑠璃宮夢幻古物店 (逢坂八代)
    • エジプトの三角 (青色イリコ)
    • アクレキ (えのきづ)
    • つぐもも (浜田よしかづ)
    • 強豪野球部新入部員のありがちな日常 (スズキイッセイ)
    • 受付の白雪さん (吉沢緑時)
    • 大科学少女 (渋谷圭一郎)
    • 恋愛3次元デビュー (カザマアヤミ)
    • 甘露に肩想い (黄島点心)
    • 月が爆発したので (まことじ)
    • ばけもの町のヒトビト (くまのとおる)
    • デスちち (コンノトヒロ)
    • わが闘争 妹のためなら世界を粛清してもいいよね! (堀博昭)
    • 生まれる価値のなかった自分がアンナのためにできるいくつかのこと (永瀬ようすけ)
    • 不安ガール (菊地奈緒美)
    • 死との約束 (滝沢聖峰) (ゲスト)
    • 乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ (大西巷一)
  • 雑誌「まんがタイムオリジナル」2013.12 芳文社
    • ラディカル・ホスピタル (ひらのあゆ)
    • らいか・デイズ (むんこ)
    • 小森さんは断れない! (クール教信者)
    • よゆう酌々 (辻灯子)
    • 満開! Sister (東屋めめ)
    • 社外秘! 神田さん (大乃元初奈)
    • ゆらゆら薬局プラリネ (松田円)
    • かでん屋さんの基礎知識 (風良まり)
    • 鹿女子(バンビーナ) (新山ハルキ)
    • 鈴木くんさん (シミズポリポリ)
    • 先生のたまご (みなづき忍)
    • おかん (小坂俊史)
    • オトメシュラン (王嶋環)
    • ちまりエンプティ (佐藤両々)
    • トリセツなカテキョ (山東ユカ)
    • かがやけ! 工学女子 (酒菜屋なかさ)
    • ぎんぶら (安堂友子)
    • カフェぽぽのチノちゃん。 (神馬耶樹)
    • 春雨平安日記 (松阪)
    • 花と女子高生 (大河内ゆき)
    • ホンマですか本間さん! (伊藤彩夏)
    • もよりずむ (サイトウユウキ)
    • 機動教師アルファさん (ユーキ)
    • ひよスタ! (松嶋でぇご)
    • 脳内フェスタ (松永みやこ)
    • まんしゅう (唯洋一郎)
    • 電車のお姫様。 (永吉たける)
    • 新人マンガ展: (小林かも)
    • 目次4コマ:やくみつるのズバリ!!一発勝負 (やくみつる)
  • 雑誌「まんがライフMOMO」2013.12 竹書房
    • 私設花野女子怪館 (ももせたまみ)
    • 晴れのちシンデレラ (宮成楽)
    • ポヨポヨ観察日記 (樹るう)
    • 森田さんは無口 (佐野妙)
    • お姉ちゃんが来た (安西理晃)
    • 奥さまはアイドル (師走冬子)
    • ゴーゴーダイナマイツ (小池定路)
    • ちとせげっちゅ!! (真島悦也)
    • 青春甘辛煮 (碓井尻尾)
    • MEDIGIRL (道端千揺/原案監修:有好從桜) (ゲスト)
    • そやかてええやん (険持ちよ)
    • 咲丘TVショー (神堂あらし)
    • あくあわーく (大塚志郎) (ゲスト)
    • ロボ娘のアーキテクチャ (山東ユカ)
    • おうちでごはん (スズキユカ)
    • 家政婦のエツ子さん (こいずみまり)
    • 崖っぷち天使マジカルハンナちゃん (佐藤両々)
    • おとぎ女子会 (七花)
    • めがもの! (永井道紀)
    • イヴ愛してる (伊藤黒介)
    • 姉妹サンド (内村かなめ)
    • チカちゃんは知りたがる (竹内元紀)
    • おがにくうーちゃん (胡桃ちの) (最終回)
    • まけるな! 鯉太郎 (石田敦子)
    • 初恋症候群(シンドローム) (瀬戸口みづき)

> 「ムツゴロウのゆうびん箱」はずっと昔のとっくの昔に読んでいた。 冒頭数ページ読んで思い出した。まあ、たぶん読んでるだろうな~と思いつつ買ったんだけど。 書かれてる内容が片っ端から記憶にあるけど、 全部この本だったんだなーくらいにはもう忘れかけてたな。
あァ…実家に置きっぱなしの大量の本 (文庫本、雑誌、コミックス、ムック…) を引き取りたいなァ。 まだ無事に保管されているだろうか (まずそこが心配)。
まさに搾取。

日本にチップ制度 (習慣) がないのは外食産業の発展形態の違いに由来する仮説。ほうほう。

なるほどー。 いろんな事情があるもんだなあ…。

面白いなこれ。 Back to XP for 8 だって。パッケージもあの映画のロゴ風。 でもなぜ 7 通り越して XP なんだろ。 あとフリーソフトで対応できそうな気もしなくもないけど (知らんけど)。

地熱発電もいろいろ課題があるんだな~。 …予算の問題は大きそうだけど…。


選者:青木薫氏。
  • 『炭素文明論 「元素の王者」が歴史を動かす』佐藤健太郎著、新潮選書 ISBN978-4-10-603732-0 1365円(税込)
  • 『エピジェネティクス 操られる遺伝子』リチャード・C・フランシス著/野中香方子訳、ダイヤモンド社 ISBN978-4-478-01546-9 2520円(税込)
  • 『破壊する創造者 ウイルスがヒトを進化させた』フランク・ライアン著/夏目大訳、早川書房 ISBN978-4-15-209190-1 2625円(税込)
  • 『脳のなかの倫理 脳倫理学序説』マイケル・S・ガザニガ著/梶山あゆみ訳、紀伊國屋書店 ISBN4-314-00999-3 1890円(税込)
  • 『代替医療解剖』サイモン・シン&エツァート・エルンスト著/青木薫訳、新潮文庫 ISBN978-4-10-215976-7 882円(税込)
  • 『メディア・バイアス あやしい健康情報とニセ科学』松永和紀著、光文社新書 ISBN978-4-334-03398-9 777円
  • 『低線量放射線を超えて 福島・日本再生への提案』宇野賀津子著、小学館101新書 ISBN978-4-09-825176-6 756円
  • 『宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論』青木薫著、講談社現代新書 ISBN978-4-06-288219-4 798円
  • 「にわかには信じられない遺伝子の不思議な物語」サム・キーン著/大田直子訳、朝日新聞出版 ISBN978-4-02-331238-8 2520円(税込)

漫画には登場し続けていたが、実は乳がんから転移した脳腫瘍で 1年ほど前に亡くなっていた。 なんと…。 イブニング「実在ゲキウマ地酒日記」最終回で初めて公表。 漫画の中で生き続けたい、という奥さんの遺志で描き続けたそうな。 今までのようにまだ生きているかのような形ではなくてもいいから、 また漫画の中に登場します (できます) ように。 ちなみに近藤療法 (近藤誠のがん放置療法。どこが“療法”だ) につられそうになった須賀原氏をいなしたとか。 奥さん偉かった。

11月 28日発売。 うーむ。買うなら赤+黒がいいなと思ってたんだけどこの際オレンジでもいいかな~。 (買う気かい)

NG 部分は、そのうち BluRay とかの特典映像あたりになるのかな。 NG 部分だけ単体で見ることはできなさそうな気がするな…。

小島寛之氏。 数学に関する部分 (シナリオ) の監修や小道具作成協力をしたとのこと。 ものすごく凝ったっぽい… (でもちらちらっとしか映ってないっぽい)。 相棒もテレビ見なくなってからこっちの分はぜんぜん見てないな~ (当たり前だけど)。 レンタルで DVD でも借りてくっかな~。 でもレンタル DVD って利用したことがないんでなんか面倒くさいんだな…。

今年春先ごろのまとめ。 mogura2001 氏の反論 (というか解説) がわかりやすかった。 まあ、どっちゃでもいいと思うけど。 描き手自ら横書きのフォーマットや、 その形で (現時点で) 発表できる場を確立する苦労に見合うほどの効果 (?) は、 どのみち得られそうにない訳で…。それが竹熊氏にはまったく通じてない訳で。 思い込みモードに入っちゃってるっぽいので。
しかしなにやら (自分だけの) 想像上の未来に過剰に怯えてるらしい様子といい…。 「クールジャパン」連呼といい…。人の話を聞かないところといい…。 結局、元々、ちょっと残念な人だったのか…。 > 竹熊健太郎氏。 パニクり具合が放射線恐怖症 (いわゆる「放射脳」、煽ってる側でない人) の様相になんかよく似てるし。 そういや震災後しばらくしてからなんか不穏なことも言ってたっけなァ…。 コメント欄に、震災後の迷走ぶりを見てるのが痛々しくてフォローを外した、 って人がいたけど、そういえばワシもちょうどそんな頃に同じ理由でフォローを外してたっけ…。

おお~。このダンナはすばらしいな。

「ルミネッセンス」。11月13日発売。

【必読】とかついてるあたりが若干ナニだな。トピ職人。 IRORIO とロケットニュースと nanapi と NAVERまとめは基本スルーしている。 あとガジェ通あたりもかな。

けっこういろいろあるもんだねえ。

あははは。

日高トモキチ氏。 イルカショーの噂を検証。おもしろい。 こういうショーっていいな。もうずっとこのままでもいいくらいな。

ちょっと欲しい…。


デイビッド・セインの本。 検索してみたら 1冊、古本で買ってたわ著書。 出てきたら捨てとくか。

「ふたたび」なのか。過去の失敗の教訓を全然生かせてないんだな…。

(1)全ての東京の都立高校サイトはいつの間にか都庁ドメイン(metro.tokyo.jp)の中に吸収され、
(2)サイト構成は全てほとんど統一され、
(3)あろうことか全てに東京都教育委員会の(C)がついている。
(4)ツイッター公式アカウントを設置する場合には、お仕着せのアカウントポリシーが統一で設置されている。 (5)各学校の公式アカウントはその高校の生徒などにフォローされているが、そのアカウントは実名晒しまくりで危ないことこの上ない。この無防備がバカッターの温床となる。

つまりは東京の都立高校の管理体制はネットにおいてもますます強くなっている。そのくせ、内実はおそまつなリテラシーで運営するから荻窪高校のようにplays nowの疑いに関してお粗末な言い訳をする羽目になってくるばかりか現在もネットリテラシーを欠いた多くの生徒のツイッターアカウントをフォローさせ、生徒の個人情報を拡散し、危険を高める拡販装置となっている。

ひどいな…。

Windows も本当に相変わらず地道にカスだな~。

2013-10-31 (Thu)

> 今日日、カレンダーなぞわざわざ買うまでもなく、 Web から無償で公開されている PDF データをダウンロードして、 コンビニのメディアプリントでプリントすれば安上がりで済むわ…などと思っていたのだが、 ふと立ち寄った 100円ショップで実用に十分な大判のフツーのカレンダーがごく当たり前に税別百円で売られてるのを発見… (今更)。 カレンダーなんて買ったらどんな安くても 1K 近くするものという固定観念がずっとあったが、 今はそんな時代なんだなァ…。 プリントアウトだとモノクロでも 1枚 10円、 1ヶ月分あたり 1枚だと 120円かかってしまって百均で買うより割高な始末 (しかもモノクロプリントだから土日祭日も色なしの薄いグレー)。 来年分のカレンダーはおとなしく市販のを適当に買ってこよう…。百均で…。

購入記録

  • 雑誌「まんがライフセレクション おーはしるい」 竹書房
    • わくわくワーキング (おーはしるい)
    • わくわくワーキング -中野の誤算- (おーはしるい)
    • ばつ×いち (おーはしるい)
    • そんな毎日 (おーはしるい)
    • 増刊SP企画:高沢壮太 天然語録 / 中野孝 残念語録 / こたえて♪おーはし先生
    • 描き下ろし:さようならさすけちゃん (おーはしるい)

なるほど…。いわれてみれば確かにそうか~。

なるほどー短期 (というか短時間) 消滅型、というのはもっとあってもいいかもしれんな…。

ふむ。

まったく、そんなスペースなんざスクリプト一発くぐらせれば取るもつけるも望みのままですわよ。 ホントに。

ふむ。

なるほど…趣き深い…。 でも今の文庫では“直”されちゃってるのかァ。ちょっともったいないな。

約 60K。90dB が 60dB に…。欲しいけど置き場所がないな~。 あと今の住環境だと防音性能がもう一声欲しいかも…。 あと夏場は暑そう…。

こんなところにまで EM 菌が侵略してるんだ…という…。

写真が。あさりさんも歳とったなァ… (って一面識もないけど。若い頃の写真と比べての感想)。

子供のお絵描き (の教育) の話。 「○○式」みたいなお手本どおりに描かせるのは×だが、 基礎的な技法は学校の授業でしっかり教えてもいいと思うな。 そういえばそういうのって教わった記憶ないなァ… (初等教育の頃)。

なるほど。そういう。

ふむ。

これ確か以前、ハッカーの和田英一氏が Twitter でちょっとつぶやいてたな…。 式は立ててなかったと思うけど…。

これまでにハト、ブンチョウ、ラットなどの動物が音楽の区別ができることは報告されていますが、キンギョでの実験はこれがはじめてです。また、音楽の好みはヒト以外では鳴禽(ブンチョウ)でだけ認められています。

まあ、鳴禽は好みありそうだな、という気はする (雌雄問わず)。 鳴き声 (のパターン) でコミュニケーションを取る類の種は基本的に好みあってもおかしくない気がするな。