駄日記 (未完結間欠日記)

2012年 5月


2012-5-14 (Mon)

> 久々の (でもないか) アニドウのイベントに行きそびれてしまった (8日)。 ゲスト出演者が唐沢俊一というところでかなり行く気がそげてしまっていたのと、 またもや事前予約しそびれたのと、 精神状態がかなりガタガタだったのと、 それでも行ってみるつもりでいた当日、 今出かければちょうど間に合うという見当の時間になってから、 開演時間がいつもより 30分早かったことにやっと気づいて、 要するに遅刻確定になってしまったのとで…。 まァお金 (入場料、1K) 使わないで済んだのだけがメリットだったな。
> ついでに super moon も見そこねた。 これも、そげな精神状態ではなかったもんで…。 なんつーか。 今月末の金環食も見そこねそうだな…。
> Firefox のバージョンが 12 になって仕様がちょっと変わり、 HTML 中の要素の、 title 属性などの文字列中の改行やタブ文字がポップアップ表示に反映されるようになった模様。 自前の JavaScript コードもこれにあわせて微修正。 他のブラウザの事情とか何も考えない。
> 最近茶碗蒸しの作り方を覚えた。 ふと作り方を検索してみたら簡単そうだったんでやってみたら簡単だったというだけの話だが。 具は面倒なのでミックスベジタブルちょっぴりと鶏胸肉のかけら。趣きもなんもねぇ。 茶碗蒸しは昔 (子供の頃)、 母親がしょっちゅう失敗して「ス」を入らせたと嘆いていた記憶があって、 よく分からんが作るのが難しいモノというイメージを持っていた。 しかし実はあまり高温にしないよう気をつけて (弱火にしたり蒸し器や鍋の蓋を少し開けたりして) いくぶん時間をかけて蒸せばいい、っつーだけの話らしい。 ちなみに「ス」が入るというのがどういう状態を指すのか実はあまりよく分かっていない。 まあ外食で食った記憶の茶碗蒸しとほとんど似たような感じにはできているような気がするので、 成功しているんだと思う。たぶん。 百均で茶碗蒸し用の茶漉しと小さい泡立て器まで買ってきてしまったが、 しかし早くもぼちぼち作り飽きてきた…。 まァ茶漉しも泡立て器も他に使い道がいくらもあるからいいか。
> ぼちぼち HTML5 でもいじってみるかなァ…。 ぜんぜん用はないんだけど…。 HTML 4.01 好きだし。 正式勧告は 2014年らしいけど…仕様はほぼ確定したと考えてよさそう…かな? まずはそこからちゃんと調べないとあかんか。
> 日経BP の PC Online つーサイトで松浦晋也氏の「原子力発電を考える」っつー記事が連載中なんだが、 ユーザ登録しないと最初のページしか読めない。 で、ユーザ登録しようとすると生年月日どころか住所だの連絡先だの勤務先だのなんだのかんだの、 個人情報を根掘り葉掘り登録しないと会員登録できないというフザケまくった仕様になっていた。 いや、ずっと前からそんな感じだったような気もするけど… (日経だし)。 記事は有用そうなのに、こんなサイトでしか公開してないのはもったいないなァ。 まァでも背に腹は替えられないので記事読むのは諦めた。 早いとこつぶれちまえ。
> 隣の部屋で、 子供 (女の子?) が楽しそうにお歌を歌っているのが壁越しにずいぶんはっきり聞こえてきた… という夢を見た。 いや、たぶん夢だと思うんだがあんまし定かではない…。 実際に隣室の声が壁越しにあんなにはっきり聞こえてくることはおそらく有り得ないので、 九分九厘(*14-1)夢なんだが、 しかし目覚めてから確かに夢だったなァと思い返した記憶がない…。 でも隣室の子は確か乳児で、言葉もまだだったような気がするしなァ。 1回通路でちらっと会っただけだけど。 上にもお姉ちゃんかお兄ちゃんがいるのかどうかまでは知らないけど、 たぶんいなさそうだしなァ。
近所の音といえば先日ユニットバスとトイレの換気口から、 どこぞの部屋の犬がギャンギャンとヒステリー鳴きしてるのが聞こえてきてたっけ…。 最近越してきたうちの飼い犬らしく、 数ヶ月ほど前から共用通路越しにもよく聞こえてくるようになったんだけど (うるさいと感じるほどのボリュームではない)。 犬の吠え声って飼い主が一番うるさく感じるんだよなァたぶん (物理的にも心理的にも)。 ちゃんとしつければしつけられるのかもしれないが、 時間や費用の関係でなかなかままならなかったりもするしな。ちょっとお気の毒。

 50歳時点で一度も結婚したことがない人の割合である生涯未婚率(2010年時点)は、男性20・1%、女性10・6%と、初めて男性が2割台、女性が1割台に達したことが30日、わかった。

 政府が6月初めに閣議決定する2012年版「子ども・子育て白書」に盛り込まれる。

 1980年時の生涯未婚率は、男性2・6%、女性4・5%で、今回は30年前より男性が約8倍、女性が2倍以上に増えた計算。男女共に90年頃から生涯未婚率が急上昇している。

 年代別の未婚率を見ると、25~29歳では、男性71・8%、女性60・3%だった。30~34歳は男性47・3%、女性34・5%。35~39歳は男性35・6%、女性23・1%。

(2012年5月1日 読売新聞)

やっぱり東京多いのね。 あと意外に沖縄も。

自民党の憲法改正案といい…。

「デッドコピー」、がぁさん氏の未コミック化作品。 面白かった…。 けど設定と話の筋がいまいちよく把握できてないかも…。 あとでもう一回読もう。

リスクコントロール。
未来設計会議 [after 3.11 エネルギー・科学・情報の民主的な選択に向かって] 第3回「食品の放射能、どこまで許せますか?」

サドルの形状による圧迫で性器に影響があるのと、 都市部では排気ガスで副流煙くらうくらいの害があるのと、 自転車は骨に負荷 (荷重) がかからないため、 自転車競技のトップアスリートクラスだと骨密度が低く骨粗鬆症になっている人も多い (週末や通勤で乗ってるくらいの人はあまり心配ない)、らしい。
記事の検証。 まァ煽り記事だよね、という話。 しかもちょっとデマ混じり?

ああ~…。 むかしたくさんお世話になったよ。 かつては 8ビット機用のデータ記録用のカセットテープ (10分とか 15分とかのやつ) や、 X68k 用の 5インチフロッピーディスクを買ったり。 S-VHS やβや EDβのビデオテープ買ったり。 CD-R メディアなんか…の頃はもう行かなくなってたかな…。 最後に買ったのは 3.5インチフロッピーだったかな。 あれ、ちょっとフジオンと記憶がごっちゃになっているかも…。

どれくらいの危険性があるのかはまだわかってないらしい。 つまり、現時点ではそれほど気にしなくても大丈夫 (目の色変えて対策を講じねばならないほどのリスクはなさそう?) ってことでいいのかな…?

上杉隆のデマぶりまき問題も。

へー。

なるほど合理的。 そういえば昔は台所で作ってその場で立食いがパターンだった。 最初の狭いワンルームに住んでた時だな…。 今も、つけ麺類は台所で食ってる。

うーむ。どこかに元ネタがありそうな気がする…。

佐賀県武雄市の現市長 (樋渡啓祐) というのがどうもなかなかトンデモらしい (取り巻きの市議連中も込で、らしい)。 Twitter の名前に「日本ツイッター学会長」とか入れてる…。どんな学会なんだそれ。 きっかけは図書館に導入するとぶち上げた T カード連動 (強制) システムの個人情報取り扱い問題。 それにしてもなんでこんなのがウヨウヨいるのか…。自治体首長…。
Togetter 見ると被害者を自称 (アピール) しながら恫喝しているような。 これに似た言動パターン、昔某風俗ライターがやはり Twitter でやってたのを見た記憶があるな。 なんか同じようなパーソナリティを感じるな…。

ワイルドぞろい。 元ネタが最近流行ってる芸人さん (スギちゃん?) の持ちネタらしいことにしばらく気づかなかった。 テレビ見てないからな。

Firefox の BarTab 的なやつかな、と思ったらちょっと違っていた。 使ってみたが、必ずメモリを完全解放してしまうので、 元のタブに戻ると読み込み直しが必ず起こる。 状態を保持して欲しいタブだけ除外するとかの細かいオプションは今のところなさげ。

なんとなくごっちゃにしていたが違う種だったんだ…。知らなかった。

カオスラウンジとか。 「税金を使って」というか掠め取ってというか詐取してというか。


JavaScript には sleep (や wait) がない…。 でもって setTimeout や setInterval で実装しようとするとトテモめんどくさい。 それにしてもなんで sleep くらい用意してないんだろうなァ…理由がわからない…。 誰かオシエテ。

ふむ…。

「やる気」と「夢」 (将来の展望的な) がない、というところ、あ~ワシと同じだ~と思って。 もう人生半分過ぎちゃってるけどそのへんずっと変わらず。 このまま死ぬまで変わらずだろう。 で、この人はやる気ないといいつつ「継続は力」の実践ができちゃってるようなので、 あ~なんだワシとは違う人種ぽいな~と思った (そしてたぶんこの人の言うようには「やる気」は溜められない。 やる気とは出せば出すほど出やすくなる類のものだと思う。 でもってこの人は「継続は力」でそれができているっぽい気がする)。 だからどうってんじゃなくて、まァ単なる感想。

購入記録

  • 雑誌「まんがホーム」2012.6 芳文社
    • らいか・デイズ (むんこ)
    • らいか・デイズ 特別編 (むんこ)
    • 椿さん (楯山ヒロコ)
    • 孔明のヨメ。 (杜康潤)
    • 天国のススメ! (宮成樂)
    • さえずり少女、しんしん鎌倉 (matoba)
    • ただいま独身中 (辻灯子)
    • そよ風そよさん (櫁屋涼)
    • はっち・ぽっち (高野うい)
    • となりのなにげさん (橘紫夕)
    • 東京! (カワハラ恋)
    • オトナのいろは (あさのゆきこ)
    • ギュっとして! よねちゃん (しめ子) (ゲスト)
    • 炊飯器少女コメコ (うず)
    • 企画:コメコの友達コレクション! (宮原るり/瀬田ヒナコ/ユキヲ/トイシキ/安堂友子)
    • ちっこいんちょ (トイシキ) (ゲスト)
    • センセイあのね? (小石川ふに)
    • 恋に鳴る (山名沢湖)
    • 第6回まんがタイム新人4コマまんが大賞下期発表
    • あゆみさんは心配性 (ミナモ)
    • メルヘン父さん (吉田美紀子)
    • うさぎのーと (師走冬子)
    • ギフコン (胡桃ちの)
    • 横浜物語 (こいずみまり)
    • まりかちゃん乙 (ユキヲ)
    • 腐女子主婦がゆく! (青沼貴子)
    • 天子様が来る! (安堂友子)
    • おかあさんがいっしょ (木村和昭)
    • もっと! 夫婦な生活 (おーはしるい)
    • 目次4コマ:あや的必殺技 (宮原るり)
  • 雑誌「まんがくらぶ」2012.6 竹書房
    • 有閑みわさん (たかの宗美)
    • 森田さんは無口 (佐野妙)
    • 天使の事情 (神仙寺瑛)
    • 父派なわたしじゃいけません? (渡辺圭祐)
    • オトウフようちえん 特別編 (オトウフ)
    • ゆあまいん (むんこ) (隔月連載)
    • 父とヒゲゴリラと私 (小池定路)
    • ゆるめいつ (saxyun)
    • 100万ボルトの彼女 (楯山ヒロコ)
    • うちは寿! (小池恵子)
    • 愛のたたき売り 物産展 (胡桃ちの)
    • ひよわーるど (橘紫夕)
    • シークレット5 (真枝アキ)
    • 白鳥課長の素敵な生活 (神奈川のりこ)
    • 数学女子 (安田まさえ)
    • せんせいになれません (小坂俊史)
    • しずこん! (水井麻紀子) (ゲスト)
    • トンコといる毎日 (ゆずきなこ) (ゲスト)
    • もののけののけもの (鈴木2号) (ゲスト)
    • にぃづまごっこ (おりはらさちこ)
    • ぶんぶくかまのめし (田丸さと)
    • 田中さんちの白米ちゃん (池尻エリクソン)
    • 並盛サラリーマン (木下晋也)
    • お風呂のアレ (山野りんりん)
    • 輝きジョシ子さん (原作:ダ・ヴィンチ恐山/漫画:嘘空まこと)
    • ぼのぼの (いがらしみきお)
    • 腹黒舞子さんとの京生活 (櫁屋涼)
    • 企画:とりかえっこ4コマ:オトウフようちえん (渡辺圭祐) / 父派なわたしじゃいけません? (オトウフ)
    • 企画:実録 リアルゆるめいつ (橘紫夕/楯山ヒロコ/渡辺圭祐/櫁屋涼/田丸さと/木下晋也/真枝アキ)
  • 雑誌「まんがタウン」2012.6 双葉社
    • 新クレヨンしんちゃん (臼井儀人&UYスタジオ)
    • あつあつふーふー (佐藤両々)
    • 派遣戦士山田のり子 (たかの宗美)
    • ぼくの奥さん (樹るう)
    • ちはるさんの娘 (西炯子)
    • 夢からさめても (王嶋環) (新連載)
    • めざせ! 山カゾク♪ (たかせシホ)
    • アキナイ☆ダマシイ (胡桃ちの)
    • うちの大家族 (重野なおき)
    • 光の大社員 (ÖYSTER)
    • 偽装男子 (東屋めめ)
    • 今夜も家呑み! ご当地グルメでカンパーイ! (カツヤマケイコ)
    • トラノイー カルナ (後藤羽矢子)
    • クレヨンしんちゃん SHIN-MEN (原作:臼井儀人/脚本:中島かずき/作画:相庭健太)
    • 70's愛ライフ (吉田美紀子)
    • 無敵なおかん (神奈川のりこ)
    • かしこみっく (池尻エリクソン)
    • こわれたてのレディオ (武井達人)
    • 鎌倉ものがたり (西岸良平)
    • しましま日誌 (佐野妙)
    • 子供失格 (松山花子)
    • コドモの見方 (松本藍)
    • 蝶のように花のように! (柳瀬ルカ)
    • ケイくんとアヤメさんがルームシェア (ボマーン)
    • かりあげクン (植田まさし)
    • 少年アシベ (森下裕美)
  • 雑誌「まんがタイム」2012.6 芳文社
    • おとぼけ課長 (植田まさし)
    • ラディカル・ホスピタル (ひらのあゆ)
    • だってあいちてる (むんこ)
    • 田園の教授 (松山ソウコ)
    • みそララ (宮原るり)
    • わさんぼん (佐藤両々)
    • ほめよめ (黒渕かしこ)
    • パパロバ (胡桃ちの)
    • すいーとるーむ? (東屋めめ)
    • もいんの高校野球日誌 (きんのりふみ)
    • Welcome! つぼみ園 (おーはしるい)
    • スキップAD! いろはちゃん (大乃元初奈)
    • センセイあのね? (小石川ふに) (ゲスト)
    • わかば先輩未満 (佐野妙)
    • 天子様が来る! (安堂友子)
    • 銀輪少女 (バターナッツ)
    • ロコ・モーション (藤井理乃)
    • タマさん (森ゆきなつ)
    • ニッポンのワカ奥さま (木村和昭)
    • 大家さんは思春期! (水瀬るるう)
    • 花の任侠物語・しずか (火ノ鹿たもん) (ゲスト)
    • ソフテン! (板羽智)
    • ジムメン! (岩城そよご)
    • まだまだ浅野さん (城戸みつる)
    • はこいり良品 (井上トモコ)
    • 天然☆無農薬一家 (筒井旭) (最終回)
    • ひまじん (重野なおき)
    • 第6回新人まんが大賞受賞者発表
    • 炊飯器少女コメコ (うず)
    • 目次4コマ:安堂友子の生きてます日記 (安堂友子)

蛇足的脚注

*14-1 : 九分九厘
最初「くぶんくり」と入力して変換できなくて、 「あれ、“くぶくり”だったかな?」と思って入力して変換できなくて、 検索したら「くぶくりん」だった。なぜか「厘」を「里」だと思い込んでいた (謎)。 ありがちっちゃありがちだけど変な勘違い。

2012-5-18 (Fri)

> あっつー間に今月も半分を過ぎてしまった…。 ずっとピンチ。いろいろピンチ。 どうピンチか書かない (書けない) あたり、 ピンチを脱け出せないヒミツが隠されているかもしれない気がする今日この頃。
> 竹内宏介氏、今月頭に亡くなっていたのか…。 そして潮崎豪選手が結婚と。 力皇猛選手が引退と。 元々プロレスはテレビ観戦のみで、 NOAH のテレビ中継がなくなり、三沢選手が事故で亡くなり、 そもそもテレビ自体も見なくなって、 RSS で格闘技関係のサイトをたまにチェックするくらいしかしなくなってしまったな… (でもそもそも試合も選手も見てないんで、 RSS でサイトやニュースをチェックしても、 名前とか団体とか経緯とかよく分からんことがだんだん多くなってきた)。
> 先々々月ウチに養子に来て、 debian GNU Linux squeeze をインストールしたままほったらかしだった古い FMV (400MHz Celeron機) のセットアップの続きを再開 (やっと)。 OpenBlockS 266 の次の自宅サーバにする予定。 OpenBlockS 266 は外からは直接アクセスできないところに置いて、 補助的に使う予定。 Web サーバは lighttpd から Apache2 に戻そうかどうしようか考えつつ、 ちょっと cherokee なんぞを入れていじりかけてみてたりする (GUI はそんなに好きでもないくせに…という。 準メジャーどころの nginx にも行かないあたりがへそ曲がりっつーかなんつーか)。
> xyzzy の html+-mode を HTML5 対応にできるのか、 情報をちょっぴり漁ってみたりしたが、 しっかりめに対応させようとすると結構めんどくさそう…。 HTML5 の変更点がけっこう大きいというか、 考え方からして HTML 4 までとは違うようなので…。 ちなみに XHTML にはぜんぜん対応させてない (閉じタグ補完とか)。 XHTML は基本的にいじる機会もなかったし、 今後もいじるつもりもないんで問題ないんだけど。
成田広樹/早稲田大学高等研究所助教。 おもしろい。

10年以上前にこの手の市販ソフトのレビュー (のようなもの) を書いたことがあったなァ…。 オシゴトで…。 とちょっと思い出したりなんかして。

既に 1年前拾っていた URL だった。 いろいろあるもんだなや。あちこちまちまちだし。 参考までに和訳されてるものだけメモ (英語は面倒なので読まずに済むなら読まないへたれ)。

ふーむ…。 WordPress は使ってみよまいと思いつつもう 5年以上、 テスト用にインストールしてプラグイン入れたり外したりアップデートしたりしてて、 それ以上先に進んでないという。 その間にどれだけバージョンアップしたんだか… (それも把握してない)。

考えてみると確かに…なんで日本ではいまだに「粉ミルク」しかないんだろう。 今や大抵の飲食物は (水ですら)、 封を切るだけの形で入手・摂取できるのに…。

scriptish。 Firefox の拡張機能 greasemonkey の、 高速・機能拡張版。 ということで入れ替えてみた。

故人のアイコン集でもあるのかと思ったら違った。 機能を表すアイコンの絵の元ネタが、現在では廃れて使われてないものが多いという話だった (タイトルのつけ方がヘタだなあ。まァスラドJ 編集者の日本語センス的にはいつもどおりか)。 たとえばファイル保存のフロッピーアイコンとかの類。 じゃあどうしろっていうんだ、っつー話だなァ。 (若い人で) 意味がわからなくてトラブルになっているケースとか、実際あるんだろうか?
そもそもアプリなんかでもアイコンの元絵が何かをよく認識せずに使ってるものも多いし。 デスクトップで表示させる時のサイズが小さくて元絵を判別できないことなんかもままあるし。 でも色や形などの漠然としたデザイン (イメージ) と結びつけて覚えてしまえば、 元ネタが何か知らなくてもあまり問題にならんのだよな…。

オバマ大統領の同性婚支持ニュース関連。

和訳。 ありがたし。 しかしざっと眺めただけでも結構あちこち変わってるっぽいなァ…。 頭の中は HTML 4.01 transitional で長いこと止まってるんで、 飲み込むまでちょっと大変かも。
ここにも和訳があった。

ふむふむ…。 メンタルモデルがプログラミング向きの人とそうでない人がいると…。 で、向いてる人は年齢性別教育レベルを問わず大体全体の 4割強だと。 コンピュータサイエンスを教えている大学で、 学生の成績のグラフを描くと 2つの大きな山 (フタコブラクダ) ができるのは 関係者には以前から周知の事実とか。

1/e。 確率は奥が深いすな…。

単純にコストだけ見るとカップ麺は割高だが、 「自炊」を成り立たせるためにはそれ相応にコストがかかる (そのための準備や精神的な面も含め)、という話。 なるほどそうかもしれん。
先の見通しが立たないと動く気力もなくなってボンヤリ過ごすって、ほんとそうだよなァ…。 (しみじみ)

楽天とかでもそんな話があったなァ。 デザインが少々とっ散らかってる方が、 “安さ”の期待を感じるからではないか、とか。なるほど。

米国人の愛国心が強いのは子供の頃からそのように教育 (マインドコントロール) されているため。 ま~そうなんだろうな…。 大勢 (大半?) が自発的に“国”に“忠誠心”を持つというのはまァ、ある意味不自然だもんな…。

浄土真宗系カルト親鸞会の元会員 (講師部員) の人の、 親鸞会検証サイト。

「教育」。

美大でプログラミングを教えている友人がぼやく。プログラミングの肝は省力化(繰り返しやしらみつぶしの作業をいかに少ない手順でやるか)にあるのに、あの子達は、延々と作業を繰り返す事をものともしない。

これは前にいた会社で思った。 正確には美大生じゃなくデザイナー (DTP その他の。もちっと正確には上司) だったけど、 延々と同じ作業を繰り返すことをあまり苦と感じない傾向はあるようだ。 まァ自動化に向かない作業が多いんだろうとはいえ…。

購入記録

  • 雑誌「まんがライフオリジナル」2012.6 竹書房
    • おうちがいちばん (秋月りす)
    • リコーダーとランドセル (東屋めめ)
    • 動物のおしゃべり♥ (神仙寺瑛)
    • ちぃちゃんのおしながき (大井昌和)
    • だから美代子です (むんこ)
    • しょっぴんブギ (佐藤両々)
    • 野村24時 (板倉梓)
    • ベルとふたりで (伊藤黒介)
    • 晴れのちシンデレラ (宮成楽) (隔月連載)
    • ばつ×いち (おーはしるい)
    • セトギワ花ヨメ (胡桃ちの)
    • よこしま♥ゼミナール (松田円)
    • ゆにいる (渡邊)
    • ひみつの花園 (みなづき忍)
    • MEDIGIRL (原案監修:有好從桜/道端千揺)
    • GBパーク (オノ・ナツメ)
    • 星降り村事件ファイル (碓井尻尾) (新連載)
    • しばいぬ子さん (うず) (ゲスト)
    • 眠り姫 (仙石寛子) (ゲスト)
    • ファイト! 息ぎれOL (吉田美紀子)
    • 貴美TALLEST (美月李予)
    • 奥様うでまくりっ! (野中のばら)
    • よんこまのこ (重野なおき)
    • なごみクラブ (遠藤淑子)
    • 惑い星と花 (野広実由)
    • エデンの東北 (深谷かほる)
    • ふたごもんじゃ (矢直ちなみ)
    • けんもほろろ (ハトポポコ)
    • 大カラスヤサトシの大発明大王 (カラスヤサトシ)
    • とーこん家族 (よしもとあきこ)
    • なりきりコスピーちゃん (いがらしみきお)
    • モノローグジェネレーション (小坂俊史)
    • わたしのハテナちゃん (柘植文)
    • うちの3ねこ (松本ぷりっつ)
    • 目次4コマ:けものとしなっちょ (みずしな孝之)
  • 雑誌「まんがタイムジャンボ」2012.6 芳文社
    • じょしもん (重野なおき)
    • レーカン! (瀬田ヒナコ)
    • 炊飯器少女コメコ (うず)
    • 花の任侠物語・しずか (火ノ鹿たもん)
    • 福厄いっぺん! (かわのゆうすけ) (ゲスト)
    • 半透明勤務薄井さん (来瀬ナオ)
    • サチウス (水森みなも)
    • 乙女ほるもん (津々巳あや)
    • 桜乃さん迷走中! (えのきづ)
    • おねがい朝倉さん (大乃元初奈)
    • でり研 (ひらふみ)
    • かみおとめ (桐原小鳥)
    • 時代はメグルちゃん (雨水りんの)
    • ちっこいんちょ (トイシキ)
    • 中2限定!? ガールズトーク (坂巻あきむ)
    • マネーちゃんず (今豊太郎)
    • 先生って嘘をつく。 (にょりこ)
    • ラン様の放課後遊戯 (とく村長)
    • ひめとりものがたり (かわちりえこ)
    • あねざかり (藤凪かおる)
    • 太陽くんの受難 (みなづき忍)
    • ボクの社長サマ (あろひろし)
    • はなな大増刷!! (あおなまさお)
    • 江戸川スイートエージェンシー (弓長九天)
    • チャレンジ!新人道場:2倍まもります! (310)
    • 目次4コマ:じょしもん番外編 生物図鑑(26)蚊 (重野なおき)
  • 雑誌「まんがライフ」2012.7 竹書房
    • 動物のおしゃべり♥ (神仙寺瑛)
    • ポヨポヨ観察日記 (樹るう)
    • お姉ちゃんが来た (安西理晃)
    • ななこまっしぐら! (小池恵子)
    • スパロウズホテル (山東ユカ)
    • かてきょん (あづま笙子)
    • キャバはじめました (忍田鳩子)
    • プアプアLIPS (後藤羽矢子)
    • チェンジアップ! (秋吉由美子)
    • わく♥わくワーキング (おーはしるい)
    • カタコイカノン (胡桃ちの)
    • 裸眼でGO! (吉田美紀子)
    • だってヤンママ (すみれいこ)
    • 企画:Book in Book まんがライフNEXT
      • 動物のおしゃべり♥ (神仙寺瑛) (特別番外編)
      • ポヨポヨ観察日記 (樹るう) (特別番外編)
      • スパロウズホテル (山東ユカ) (特別番外編)
      • お姉ちゃんが来た (安西理晃) (特別番外編)
      • 怖活 (瀬野反人) (ゲスト)
    • やねうらの彼女 (北条晶)
    • がーでん姉妹(シスターズ) (竹本泉)
    • ギンダラとキンメダイ (渡辺伊織)
    • 田中さんちの白米ちゃん (池尻エリクソン)
    • 野獣女子高生 (吉田仲良)
    • ニワトリ様とアシ嫁な私 (谷口未紗)
    • 新フリテンくん (植田まさし)
    • ぼのぼの (いがらしみきお)
    • だめっこどうぶつ (桑田乃梨子)
    • うわの空チュートリアル (みずしな孝之)
    • ハレハレなおくん (ナカタニD.)
    • おわらいおん (たんたん×カネシゲタカシ)
    • おきらくごくらくデブ猫生活 (ビビック)
    • ねこごよみ (さわだまこと)
    • 目次4コマ:荒井清和の4コマワイドショー (荒井清和)
  • 雑誌「まんがタイムファミリー」2012.7 芳文社
    • 椿さん (楯山ヒロコ)
    • ラディカル・ホスピタル (ひらのあゆ)
    • ぽちゃぽちゃ水泳部 (遠山えま)
    • うのはな3姉妹 (水谷フーカ)
    • フーフとよぶにわ (赤井吟行)
    • 博士の白衣女子攻略論 (香日ゆら)
    • ギュっとして! よねちゃん (しめ子)
    • 教師諸君!! (駒倉葛尾)
    • よめヨメかなたさん (あろひろし)
    • あとは若いふたりに (光晴ねね)
    • ちっこいんちょ (トイシキ) (ゲスト)
    • はなとふたば (由多ちゆ)
    • めがねのキミと博物館 (井ノ上ふき)
    • 村ドル (佐野妙)
    • リフォーム! (おーはしるい)
    • 働け! おねえさん (水井麻紀子)
    • おかいあげ! (おおた綾乃)
    • ひよっこシスターの安息 (山田古都子)
    • 地味なコ、派手なコ (G3井田) (ゲスト)
    • レッスル・ミーツ・ガール (川村一真)
    • はちみつカフェ (ふじのはるか)
    • 100点満点店長さん (中島直美)
    • やんぼらん (コナリミサト)
    • もふもふファミリー (うさ銀太郎)
    • おかあさんがいっしょ (木村和昭)
    • まんしゅう (唯洋一郎)
    • 第6回新人4コマまんが大賞最終選考結果発表
    • ぐーすかうめ実さん (青沼貴子)
    • 目次4コマ:よろしく神田ちゃん (大乃元初奈)

> どうでもいいけど竹書房の 4コマ誌はなんで高いんだろうな…。 芳文社の 4コマ誌よりおよそ 30~50円ほど高い。 のかな? 今度ちゃんと計算したろ… (あんまし意味ないけど)。

2012-5-21 (Mon)

> 朝、金環日食。
曇の予報だったが、薄曇ときどき晴という感じ。 しかしうちの窓は西南西向きなので太陽のある方角は見えない…。 外出るのなんとなくめんどくさい…でもなーどうしようかなーとかだらだら思いながら、 とりあえず太陽が照らしてる外の景色 (向かいの建物や道路や車) がだんだん暗くなるのを西向きの窓からデジカメで撮ったりしてるうちに最大の食は終わっていた。 あっという間でござった。 まァ予定どおりだったな。 そういや子供の頃から要所要所でこんな感じだったなァ…とか、 なんとなく遠い昔を思い出したり (暗いわ)。
その後、Twitter の TL に上がってる感想や写真 (画像) を眺めて、 なんとなく満足した。 あと結構見そびれたとか見なかったとかいう人もいて、 ちょっぴり慰められた (なんでや)。
> xyzzy の uniquify にバグ (不具合) 発見…。
uniquify は Emacs 用のスクリプトを移植したもので、 xyzzy (や Emacs) は同名のファイルを複数読み込むとバッファ名が例えば 「file.txt」「file.txt<2>」「file.txt<3>」 など別名になるよう自動的に連番が割り当てられるんだが、 単なる連番なのでどのバッファ (タブ) がどのファイルなのかが判別しづらい。 これを解消するのに自動的に各ファイルが属するパス名からバッファ名を補完して、 「file.txt|sample」「file.txt|test」「file.txt|honban」みたいに表示して判別しやすくする、 というもの。 なんだが、例えば「c:/path/to/file.txt」「c:/another/path/to/file.txt」など、 一方のサブディレクトリがまるごと、 もう一方のルートから生えてるような構成の 2つのファイルを同時に読み込むと、 「変数が定義されていません: elisp::dir」とエラーダイアログが出る (バッファ名はデフォルトの「file.txt」「file.txt<2>」などになる)。 その後何か操作するごとにこれが出て作業にならない…。 最初は何が原因かわからなかったんだが、 いろいろ調べた結果 uniquify (移植版) が原因だったところまではつきとめた。 しかし直し方がわからない…。 自分で直せるくらいのスキルがあったらなあ。 xyzzy 移植版 uniquify のオリジナルは 2001年版のようで、 現在の Emacs に標準バンドルされてるのは 2012年版 (最新版) なので、 差分を調べたら自分で直せるだろうか…。 でも lisp コードがそもそもよくわかんないしな~。 とりあえず uniquify はないと困る度がそれほど高くないんで、 当面使わないという消極的対処でしのいでおこう。 そのうち直せたら直そう (= たぶんそのまま)。
uniquify の xyzzy 移植版。 作者に連絡するという手もあるか…。 でもちょびっとメンドくさい… (モノグサ)。

「肉でも食ってがんばるか」(無意識に生肉を食べてしまい)「はっ?今僕はなにを…」名シーンというか「撮影で役者さんは生肉食ったんかなあ」とこの歳まで頭に残っているので(観たのは小学4年生の時)。 #あなたが選ぶ特撮名シーン

これを読んで、遠い昔そんな番組を確かに見たような記憶というか印象というか感覚というか、 忘れていたものがふいに、うっすらとだけどよみがえってきた。
スペクトルマン (1971~1972年) だったか…。 すっかり忘れていた。 個人的に「生肉」にごくごくかすかにまとわりつく、 なんとなく不穏なイメージの源はこれだったかもしれない。 そういえば子供の頃の「生肉」のイメージへの影響はもっと強烈だったかもしれんなァ…。 まァその後すっかり忘れていた訳だけど…。

Illustrator。 新バージョン CS6 で作成保存したファイルを旧バージョンのアプリで開けないお約束。 で、新バージョン (やアップデート) がいつもバカ高い。 ファイルフォーマットの互換性問題は Adobe に限らずだけど、 Adobe のソフトがバカ高いのが最大のネックだな…。 これら (このメーカー) のアプリに依存せざるを得ない状況を脱するしかない気がするけど。 Office 製品はなんとかメドがつき始めているようだけど、こいつらはなァ…。

mixi 某コミュより。日刊ゲンダイの記事がダメすぎると。

【政治・経済】

2012年5月19日 掲載

直後に要注意

 金環日食ブームの一方、見逃せないのが「日食と地震」に関する不気味な諸説だ。

 月と太陽の引力が地球に大きく作用することは科学的に証明されている。独立行政法人「防災科学技術研究所」は10年1月に、「地殻のひずみが十分にたまったときに、月や太陽の引力が地震発生の最後の引き金になると考えられる」と発表したから、日食が大地震を引き起こしてもおかしくない。

 さらに、「ニュートリノ説」も出てきた。今月6日、米ケーブルTVチャンネルが、「日食と地震」の関係を指摘。日食になると太陽から放射されるニュートリノが月のレンズ効果で増幅され、地球の核に影響。その核に引っ張られた圧力波が地表に伝わるという。ニュートリノが集中して降り注ぐのが、日食が見られる地域の軌道上だ。

 例えば、1999年8月11日。ヨーロッパで皆既日食が観測されたが、その6日後の17日、死者約1万7000人を出したイズミット地震(トルコ)が起きている。ヨーロッパなどで皆既日食が見られた06年3月29日には、2日後の31日に日食帯付近のイラン西部で死傷者1000人を超える大地震が発生している。

 ちなみに、21日の金環日食をバッチリ観測できる地域は、房総半島、東海・東南海・南海地震の発生予想地域となぜか重なる。

 迷信であって欲しいが……。

「迷信であって欲しいが」って、迷信ですらない妄言だろう (迷信は“広く信じられている”ことが前提だし)。 そもそもこれのカテゴリが「政治・経済」ってどうなんだ…。

東西 NTT のフレッツが変態的な IPv6 の使い方を (勝手に) しているため。
フレッツの環境設定ユーティリティを走らせると勝手に Windows のネットワーク周りに IPv6 プロトコルを追加して、 DNS キャッシュサーバも設定 (変更) して、 IPv6 ではフレッツスクエアとかいう NTT 専用のネットワーク (インターネットからは独立しているらしい…あんましちゃんと理解はしてない) にしかつながらないようにしてくれる。 で、NTT のユーザ向けの各種サービスを受けるにはフレッツスクエアにつなげないといけない。 まァ幸いなことにいずれも有料オプションかワシには不要なサービスばかりなので、 IPv6 プロトコルは削除して DNS キャッシュサーバも自前のに設定し直して、 フレッツスクエアは完全無視して使っている。 そのうちフレッツはやめて他のサービスに切り換えるだ…。 やっぱり NTT は罠が多いだよ。

2012-5-23 (Wed)

> 駄日記変換スクリプトを久々にちょっとだけいじって、 ついでに Mercurial でバージョン管理してみることに。 分散ではなくローカルリポジトリオンリーだけど (当然じゃ)。 Mercurial での管理はディレクトリ単位になるので、 今まで変換スクリプトと変換元テキストファイルを一緒のディレクトリに置いていたのを、 別々のディレクトリに分けることにした。 バックアップの手間がちょびっとだけ増えて面倒だけどまァしゃーないか。 Mercurial もいまひとつ使い方をよく飲み込んでないので、 参考サイトをあちこち見ながらだけど…。 基本的な操作はひととおり (使わなくても push とか pull とか merge とかも) 飲み込んでおきたい。そのうち。
それにしてもこの変換スクリプト、書き始めたのが 10年弱ほど前で、 当初の古いコード (というか書き癖) もまだちらほら残ってたりして、 途中何度か手直しもしたけど、全体にかなりばばっちくなっちゃってるな。 なにせ use strict; を使い始めたのがやっと 2006年頃あたりからだったりしたしなァ…。 use warnings; なんか警告が鬱陶しくてしばらく入れなかったくらいだし (今は入れてるけど)。 処理速度最優先で (非 OO どころか) グローバル変数びしばしな上、 コピペでコードあちこちに増殖させてるし。 いっぺん、全体にばっさり手を入れて、 出力する HTML の書式をもっと手軽に変更できるようにしたいな…。
> ホンダのスーパーカブ 50 が、およそ 50年ぶり (?) にフルモデルチェンジした。 先行のカブ 110 に準拠した変更で、 あちこち使い勝手が向上していそうで個人的にはいい進化だと思う。 工場が国内から中国へ移ったのが若干気がかりな点かもしれないが (ていうか 2ch あたりでは嫌中派のオワタオワタの大合唱。というほど騒がれてもないか…)。 まァ、そのへんはもう結構長いこと (TODAY などで) ノウハウを積んでるだろうし、 品質管理などで大きな問題は出ないとは思うけどな。 あと旧タイプのデザインが好きな人達とかからも反発食ってるようだが、 ま~このへんはどこがいつ何のどんなデザイン変更をしても必ず出てくる不満だからなァ。
> いつぞやの発掘作業で出てきた Eggy の傍らに充電用 AC アダプタが転がっているのがふと目にとまり、 なんとなく充電してみた。 が、思ったとおりバッテリがもうダメになっている模様。 一瞬電源は入るけどすぐ切れる。 バッテリを買い換えれば OK だろうけど、さすがに今更だな…。 たぶん、新しいバッテリを買うよりも、 安い今時のコンパクトデジカメ買って動画撮影機能を使う方がはるかに元が取れるはずだ。 これ買ったのってもう 11年も前になるのか。 結局、実際のところはほとんど使わなかったなァ…。 買ってからまる 1年くらいはいじってたけど。 しかし画質が低すぎて (圧縮率高すぎて) 止め絵にしても何が写ってんのかよくわからない動画とかも、 今見るといろいろ懐かしかったりする…。 そう考えるとそれほどムダな買い物でもなかった。と思おう。(*23-1)

虚構新聞だな、と思ったらやっぱりそうだった。 これはなかなか良記事。

なるほど…。 「日本の意思決定システム」の問題にまでつながってるか。

アマゾンや他の多くのネットショップがSSLを使うのは、それを上から規格として強制されたからではなくて、それぞれの企業が自社の責任で自分が使う技術を検証して「これは大丈夫だ」と判断したからです。


蛇足的脚注

*23-1 : まるっきりのムダな買い物
その頃いろいろ欲を出して買ったきり、 結局全然 / ほとんど使ってないモノがけっこう…チラホラ…あったりするもんで…。 Eggy はまァ割と利用した方の部類だったりする。

2012-5-24 (Thu)

> 匿名でいろいろ吐き出したいことがあったりするのだが吐き出し場所がない。 まァ吐き出さなくて致命的に困るようなこともないんだが…。 じゃァ別に溜め込んでおけばいいか。 しかし、匿名で吐き出したい、というのもなんかヘンな欲求だよな…自分で言っといてアレだけど。
> 散髪後早 4ヶ月。 前髪と後ろ髪だけやけに長めにしてくれてたんで、 特に前が目に被って鬱陶しいというより目に入って痛い。 前回は 9ヶ月もたせたんだがなァ (もたせ過ぎ)。 しょうがないんで前髪だけちょびっと自分で切った。 昔はよくやったなァ。 加減がわからずテキトーにやってたのもあってよくヘンな形に切ってたっけな~。 前斜めパッツンとかざくざく刈りとかへんなおかっぱ頭とか。 で、前髪は目には刺さらなくなったけど、 全体にあっちこっちハネたり余ったりしてなんだか落ち着かん。 伸びてくると早々に全体的にバランスが崩れるよう (散髪周期を縮めざるを得ないよう) わざと加減して切ったのかも、とか余計な邪推をしてみたり。 まァそんなこともないだろうけど。 しばらくハネハネで過ごすか。あと何ヶ月もつかな。
> 証明写真をデジカメベースで安く作成できないかちょっと情報収集中。今頃。
方法はいくつかあるようで、1枚 30円くらいのコストでなんとかなりそうではあるけど、 最大のネックはまず自分で綺麗にポートレート撮影するところ、だな… (初手からか)。 光とか影とか背景とかの関係でうまいこと撮れそうな場所がそもそも室内にない…。 三脚は一応あるけど…。 背景もある程度はレタッチでなんとかなるけど、まず照明がなァ。 以前、某企業の仕事で ID パスを作らされた時に自撮のデジカメ画像を持参させられたんだけど、 この時もなんかうまいこと撮れなくって、 何十枚もいろいろ試したが結局照明の当たり具合が暗いなんだか陰気な写真しか持って行けなかった。 まァアレの場合は ID パスといっても使う機会は年数回もないほどだった上、 本人確認さえできれば写真写りとか印象なんかどーでもよかったんだけど。
さてどうすっかな…。
ふと「トム・ピリビ」について検索。 記憶にあった歌詞では最後が「大嘘つきのトムピリピ でも トムピリピのように なりたいな」で、 なんで大嘘つきだと露見してなお「のようになりたい」なんだろう、 と疑問がわいたので…。 なぜなんの脈絡もなくいきなりそんな疑問がわいたのかは謎。 最近自分の脳の活動原理が自分でもよくわからない (こういうのに限らず…。最近、でもないか。って年中言ってるか)。 ちなみにずっと「トムピリピ (tomupiripi)」だと思っていたが、 正しくは「トムピリビ (tomupiribi : Tom Pillibi)」だったらしい…。 元はフランスのシャンソンで、ホラ吹き男に恋する女心の歌だったらしい。 でもって邦詞は 2パターン (以上?) あったらしい。 トムピリビのようになりたいな、と歌っているバージョンはあまり知られておらず、 その後、なかよしになりたい、と改変された由。 なんとなくワシの記憶は 2パターンがごっちゃになってそうな気がする。

Perl の Encode.pm で、EUC-JP ←→ UTF-8 ←→ Shift JIS (CP932) の文字変換の際、 「~」や「-」を化けさせない方法。

まとめると・・(逆も同様です)

  1. utf8からshift_jisに変換するとき => cp932でencodeする
  2. utf8からeuc-jpに変換するとき => cp932でencodeした後、shift_jisでdecodeし、euc-jpでencodeする
えっと EUC-JP から Shift JIS (CP932) に吐き出す時は具体的にどーすればいいんだ…?
ちなみに、木偏に世の「えい」という字 (エイ出版社のエイ) を euc-jp で書いて、 これを Encode.pm で Shift JIS (cp932) に変換しようと少しあがいてみたが、 まず EUC-JP から UTF-8 に変換する段階でどうやっても全然違う文字 (耷 とか  とか) に化ける。 Encode::EUCJPMS でも駄目だった (つーかあんまし意味なかった)。 まァ元々 EUC-JP (JIS) の規格にはない文字なんで (確か) 化けてもしょうがないっちゃしょうがないんだけど。 euc-jp の元テキストファイル自体は xyzzy で何度も保存・読み込みを繰り返して、 文字が化けるなどの問題はないんだよなァ。 あと、nkf で -Es で変換すると、何の問題もなく変換できるんだよな。 さらに nkf -Ew | nkf -Ws で一旦 UTF-8 への変換を介しても化けずに変換できる (ただし中間段階の UTF-8 で「~」と「-」はちょっと化けてしまうが…面倒だなや)。 なんで nkf なんつう古いツールでサラッと普通にできること (EUC JP → Shift JIS) が、 Encode.pm でサッパリできなかったり四苦八苦が必要だったりするんだかなァ。 なんかヘンな感じ。(*24-1)
エイの字のある元テキストデータは駄日記の変換元ファイルで、 結局は HTML として吐き出すものなので、 とりあえずエイの字は数値文字参照で「&#x67bb;」と書いておけばいいか。
ちなみに一口に「JIS」といってもバージョンとかいろいろあるようなんだけど、 ちゃんとは把握してない。 ロートル頭の知識は第1水準第2水準とかそんなレベルで止まってるんで…。

新シリーズ。

ドボラックは、ドボラック式配列の普及には失敗しましたが、QWERTY配列に対するネガティブ・キャンペーンには大成功した、ということでしょう。


全然増えても減ってもいない (ゆらぎの範囲)。 で、検証はいちいち大変でめんどくさい。と。

蛇足的脚注

*24-1 : nkf にできて Encode.pm にできない変換
いやまァ、原則として Shift JIS と EUC-JP はどちらも JIS の文字体系で、 相互のコード変換は演算だけで可逆的に機械的にできるんで (確か)、 直接相互変換する場合はコードの範囲とかを厳密にチェックせずに変換できる、 ということなんだろうけど…。 間に UTF-8 を介しても nkf だと問題なく変換できるのは… まァ JIS 系と UNICODE 系はそもそもテーブル引かないと相互に変換できないんで、 変換できるかどうかはつまりテーブル (の出来) 次第というか…。 テーブルのカバー範囲が厳密かそれとも規格外まで広げてるか、 の違いなのかなァ…。

2012-5-25 (Fri)

> ふとバナナジュースを作ってみたくなり、 安いバナナ (5本 720g 78円) と低脂肪乳 (牛乳より安かったつーだけの理由。1L 98円) を買ってくる。 小型の (安物の) ミルミキサーなせいか、バナナが若干粉砕され残る。 液量や攪拌時間に工夫の余地ありか。 まァバナナもあと 2本しかないんで工夫し終わらないうちにおしまいだな。
一応レシピも検索してみたが実際には適当で問題なさそうだったので適当に。 バナナ 1本入れて牛乳 (低脂肪乳) 200mL 見当ほど入れて砂糖適当 (ティースプーン 1~2杯)、 メープル風味のケーキシロップとかバニラエッセンスとか適当 (それぞれティースプーン 1杯程度、数滴)、 でミキサーでガーッと数十秒混ぜるだけ。 氷とかも入れるといいのかもしれないが冷凍庫が現在氷以外のものでいっぱいで製氷できないんで、 またの機会に。 検索したレシピには生クリームちょっと入れるとコクが、とかも書いてあったが、 それもまたの機会に。 つーか低脂肪乳使っててクリーム足すとか無駄だしなァ (コスト的に)。
ちなみにバニラエッセンスは滅多に使わないが常備してある (滅多に使わないんで賞味期限切れてるが)。 たまに牛乳系の飲料に添加するとか。 におい消しにしてみるとか。 夏場、小バエ用のトラップを仕掛ける時に誘引剤にしてみるとか。 でも誘引剤は本物のバナナの欠片の方がずっと強力だった。バナナおそるべし。 実家で飼ってた犬がばてて食欲なくてミルクも飲まない時に、 バニラエッセンスを数滴垂らしてやると飲んだっけな。
久々にバナナジュースを飲んで、 子供の頃、叔母の家に遊びに行った時によく作ってもらったのをふと思い出した。 たぶん当時ミキサー買いたてで使いたかった、とかもあったんだろうか。 一度、砂糖と塩を見事に間違えてめちゃめちゃ塩っぱいバナナジュースになったことがあった。 こんな漫画みたいなことが本当に起こるんだ、と子供心にけっこう強烈に印象に残った。 もう長いこと埋もれていた記憶だが。
なんで突然バナナジュースなど作ってみようと思ったのかを今思い出した。 2009年 3月に買ったヤマゼンのミルミキサー (買価 2K) の箱を捨てずに玄関先に転がしてあったのを、 サイズが適度だったのでトイレのお供本 (雑誌) をちょっと置く台として最近トイレの中に持ち込んだのを、 トイレの最中に眺めていると、 外箱に印刷されている利用法バリエーションの中に「フルーツジュース」があった。 その昔実家に電動ジューサー (ミキサーではない) があって、 すさまじい音と多量の搾り滓の割にちょびっとしかジュースができないなかなか前衛的な代物だったんだけど、 まあ記憶にある範囲では時々は使ってジュースを作っていた。 で、フルーツジュースといえばジューサーだろう、という思い込みがなんとなくあったので、 箱のイラストを見て、ミキサーだけでジュース作るのって下準備とか大変なんじゃないか? と思ったんだった。 まして小型 (& 安物) でモーターもそんなに強力でもなさそうな機械なのに…。 まァ、バナナ + 牛乳くらいだったら割とラクだろうけど。 とか考えてるうちに、なんとなく作って飲んでみたくなった、という経緯。 しかし、購入後 3年ばかりたつせいか、 ミキサーの蓋の部分の軟質プラスチック (?) パーツがちょっと臭ってきている。 独特の機械油っぽい臭い。 中のものに臭いが移るようなことはないし、一応ちゃんと洗いながら使ってはいるが…。 他のパーツも徐々に劣化してくるだろうし、あと何年もつかなァ。 まァ現在既に元は十分取れてるような気はするけど。

「ワッツ」の戦略。おもしろい。

群馬県桐生市議会議員 庭山由紀。 元々言動に問題ありまくりの人らしい。 でも二期めということは再選されてるんだな。 議会制民主主義のシステムもちゃんと機能させるのはなかなか厄介だなァ…。

タチの悪いイタタな奴ていっぱいいるんだろうなァ…。 終始半笑いってあたりがもう…。

パクリのケースと bot のケースとありそうだな。 調べりゃ分かるだろうけど個別に調べるのはメンドくさいな。 それにしてもまァ…平気でパクれる人ってけっこういるんだな。 若い人が多いのかな…?

ヘンな CM。 造船の会社らしい。 見たことない。 (まァ TV 見てないからな今…)

2012-5-31 (Thu)

> 5月おわった…。
> 友人からいただいてうかつにも数年ほど死蔵させていた玄米を、 4ヶ月ほどかけて食べ終えた (そればかり食べていた訳ではない)。 うっかり忘れて置いといたのもあって保存状態があまりよくなく (厚手のポリ袋に二重に入れて口を縛ってあったが、袋に穴が開いていたり)、 炊き方などをいろいろ試してみたが、 ぽろぽろ感と独特の匂いはどうにもならなかった。 しかしこのぽろぽろな炊き上がりは炒飯にはうってつけで、 おまけに炒飯だと匂いも全く気にならず一石二鳥だったので無問題。
ぽろぽろ感 (水分) については、 洗った後にたっぷりめの水に長時間つけたり、水をかなり多くして炊いてみたりしたが、 ぽろぽろな炊き上がりは防げなかった。 なるほどお米ってそういうもんなんだな。 以前、玄米を数年置いて食べた時は、2L のペットボトルに詰めて保存しておいたせいか、 劣化も少なかった。 ちなみにこの保存方法はお米を売ってくれた友人から教わったもの。 その後、自分で買ってきた白米も毎回 2L のペットボトルに小分けにして保存している。 匂いの方も、念入りに洗ってみたり、味醂を入れて炊いてみたりしたが、 やはり解消できずじまい。 ただし必ずしも不快な匂いという訳でもなくて、 なにか発酵臭のような感じで、 これは嗅いだことがあるなァ…としばらく考えていたが、 どうやら紹興酒の匂いに近いんだった。 紹興酒の類も最近飲んでないんで、匂いの記憶が多少あやふやかもしれないが、 まァとにかく記憶の中では紹興酒が一番近い。 すなわちクセのある匂いではあるが、不快という訳でもないという。 いずれにしても炒飯にしたら全く気にならなかったし、 結果としてせっかくいただいたお米を無駄にしなくて済んでよかった。
> クレバリーが業務停止、破産…か。 バルク HDD を何度か購入したっけな…。 確か一度、2.5inch のが初期不良でトラブって、 お店に持ち込んで交換してもらったことがあったような…。 と思って過去日記を探してみたら、 クレバリー系列 (?) の wonder city という店だった。
そういえば大昔、クレバリーをオウム関連ショップだと勘違いしていたことがあったなァ…。 なんで間違えたんだろう。店名がそれっぽく感じたんだったかな…?
> xyzzy を 0.2.2.235 から、 あまり機能追加やアレンジしてない後継版 0.2.2.240 へアップデートしてみた。 基本は旧ファイルへ上書き。 $XYZZYHOME/etc/HTML を一部自分用にアレンジしてあったので、 それだけ調整。 今のところ特に何も問題なく動いてるな。 まあ後方互換性 (≒ 上位互換) 重視の後継版だからな。 追記:ちょっと不具合発見。すぐ回避できたんで無問題。
xyzzy は最近になって、 マルチフレーム版 (v0.2.3.x を名乗っている) とか unicode 版 (xyzzy+ を名乗っている。バージョン番号は 0.2.2.235+x?) とか いろいろ独自に機能拡張・改造した版が出てきてるんで、 事情がよくわからんで初めて導入しようとする人は混乱するかもしれんなァ…。 ま~今更 xyzzy を新規導入しようという人もそんなにはいないだろうけど…。 いやわからんけど…。
ふむふむ。 Mercurial はまだ使い方の一部しか把握できてない。 我ながらなかなか覚えが悪い…。 「Mercurial ほいほい」とか出ないかな。 (出ないな)

(旧) 学生運動の終焉か~。 まァ世代的にほぼ引っかかってないけど。 IT とネットワーク (インターネット) の発達が一役買ってると。 そして、共産党 (日本共産党) はカルト、というのはなるほど。 確かに構造はほとんど一緒っぽいのかな…あんまし詳しくは知らんけど。

メモ。 いっぱいいるわ…。

(日本では) 我慢強い消費者が、真の情報化を遅らせている。と。 なるほど。 電算化 (人間のやる単純作業を電算機に置き換える) と情報化 (仕組み・枠組み自体を置き換える) は違う、と。 例えばいつでもどこでも住民票を取れる、が前者、 わざわざ住民票を自分で取らなくても済むシステムにする、が後者。 日本でやってるのは確かに前者どまりのパターンが多そうだわな。

教育…。

材料は卵と砂糖とバニラエッセンスのみ…? 要ハンドミキサー。うちにはないな…。

lighttpd をもじった名前。 マルチコアのハードウェアで効率よく動かすための工夫らしい。 古い (低性能の) PC 上だとあんまし御利益なさそうかな…? イベントハンドラ周りが速くなってる分の御利益はあるかな…?

ちきりんの記事の検証。

ネタ。なかなかおもしろい、とは思うけどたぶんオチに行く前に納得して思考停止しちゃう (またはそのふりをする) 政治家とかテンコモリにいて皮肉がぜんぜん通じない可能性の方が大、という気がする。 どうしてもそんな演繹的 (?) ガッカリ感が先に立ってしまうな…。


お~。 こんなん全然使ったことないわ。 フツーに teraterm でログインするだけで。

中はまだ見てない。とりあえずメモだけ。 MdN って以前買った Web 関連 MOOK の出来がヒドかったせいで、 個人的には「いまいち信用でけん」イメージがなんとなく染み付いちゃってるんだよね~…。

他にもアサヒ、サントリー、花王など、トクホ飲料の CM がぞろぞろ。

モデル製作記。 なんだこのとてつもなさは…。