駄日記 (未完結間欠日記)

2011年 6月


2011-6-30 (Thu)

> 6月分まとめ。
> Firefox、先月やっと 3.6 から 4 に上げたと思ったらもう 5 が出た。 今後バージョン番号はインフレ気味に (?) 上がっていく予定らしい。 実際、アップデートをかけてみたところ、 変化が 3.6 から 4 への時よりもずっと少なかった。 体感では 4 から 4.1 くらいな感じ。 まあいいけどね…。
> 知人の人からちょっとしたテキスト処理のスクリプト作成を打診された。 あ~それくらいだったら割とカンタンですよ~、と例によって安請け合いをして、 Perl で大丈夫らしかったのでとりあえず 1~2日でプロトタイプを作って要望を聞きながら機能追加して… のつもりが脳内で青写真をいじくりすぎて、 結局 10日もかけてなんだか見通しの悪い手を入れづらいシロモノをやっとここしらえて渡した。 orz
まァ普段濫造してるような自分専用のスクリプトでは ズボラな実装による制約を運用時の手加減や (失敗時の) 自己責任でカバーできるところを、 第三者が使う前提ではそのへんあまり手抜きができない、という違いはあるけど…。 アレのナニな面はそれだけではないかもなあ。 とりあえず、クレームをもらって直す、またもらって直す、というサイクルに入るつもりでいるが、 先方も忙しいらしく最初の改善要求をもらう段階にまだ至ってなかったりする。 それでもアレが (僅かでも) 作業の役に立っているんだったらいいんだけど…。
ちなみになんとツール作成費までいただいてしまった。まことにもってかたじけない (もしかしたら知人の人の自腹だったかもしれない…未確認だが(*30-1))。 作成費という名目のカンパと思ってありがたく頂戴した (なんのカンパだよ)。 また何かの機会にお返しせねばのう。いつになるかは分からんけど。 …ま~お返しせにゃならん相手が多すぎて把握できてないフシもあるけどねぇ…。ワシの場合。
まぬえど。 Manuscript Editing Language。 「真鵺道とは,校正方法の一種である.特に電子的な文書の校正を容易にするための手法である.」 「真鵺道は第39回プログラミングシンポジウムにおいて竹内郁雄が提案した.」 へー。 こんなのがあったとはぜんぜん知らなかったでござる。 あまり普及はしてなさそうだけど…。
発見に至る経緯: TAB 区切りテキストを xyzzy で読み込んだら以前なんとなく入れておいた csv-mode に切り換わったが、 csv-mode で何ができるのか実はよく分からず (readme が同梱されてなかった)、 使い方とか機能一覧とか、ついでに最新版が出てないか Web で検索してたら、 xyzzy 用の manued-mode を発見した。

お台場で混んでる中やっとありついた食事が高くて不味かったというよくある話…。
高くて不味いといえば万博 (EXPO '70) 会場で食ったカレーは激マズだった。 味がどんなかは忘れたけど印象は強烈に残っている。 値段もたぶん高かったハズだが子供だったのでよく覚えてない。 カレーが不味くて食えなかったってのは後にも先にもあの時だけだなァ。 ということをふと思い出した。 あれがまさしく、リピータを一切期待しなくても十分商売が成り立つ条件だったんだな。

日本の警察の (に限らないのかもしれんけど) こういうシステムのイビツな部分、 なんとかできないもんなんだろうか。 まァとりあえずは取り調べ可視化だよな…。

人間 (生物) って無拍動の血流でも大丈夫なんだ。

1組の HTML/CSS ソースでいろんなデバイスのいろんな画面サイズに対応してレイアウトを調整する。 これはいわゆる日本の“ガラケー”に通用させるのは難しかったりする…のかな? ケータイ持ってないしあんまし関心もないし情報収集もしてないのでよくわからない。

  • 「新体系・高校数学の教科書 上」芳沢光雄、講談社(ブルーバックス) ISBN978-4-06-257677-2 (1239円税込)
  • 「新体系・高校数学の教科書 下」芳沢光雄、講談社(ブルーバックス) ISBN978-4-06-257678-9 (1239円税込)



筒井康隆氏の断筆事件の件。 角川書店から社団法人日本てんかん協会への回答

その後買ってみた。 送料は別途必要で、メール便も可なんだけど、その場合当該電池については 1梱包につき 3パックまで。 なので計 99 × 3 + 210 = 507円、1本あたり 507 ÷ (8 × 3) = 21.125円。 ドン・キホーテのが 4本 88円なので 1本あたり 22円で、値段的にはほとんどメリットなし。 ただ高容量 (持ちがいい) という宣伝文句なのでそこにメリットを見出せるかどうかかな。 ドンキのアルカリ電池は自転車の LED ライトに使ったら妙に早く消耗しちゃった気がしたので…。 といっても厳密な検証はしてないんだけど。
5年後、次々に液漏れを起こして電子機器にダメージを与える。orz


なんか“すまふぉ”すっかり流行ってんな~。 と思いつつメモ (だけ)。

圧力容器が緊急時の冷却に耐えられそうにないほど脆化してるんだそうな。 ふーむ。



語るに落ちる以外の言葉が思い浮かばないっすなァ。


過去の原発関係の事件のリスト。

電力供給について何も知らず + 調べずに書かれた記事 (“記事”?)。 わざとだったら悪質だし天然だったらやっぱり悪質だな。 過去記事を見るとトンデモ系の人のようなんでわざと書いてる訳ではなさそうだが…。 これを真に受けて憤ってる人とかもいるようで困ったもんだなァ…。
とりあえず「MyNewsJapan」の記事は読まずにスルーしといた方が無難らしいことは分かった。


Facebook とかアヤしすぎて近寄る気になれない。

産経新聞安岡一成記者 (+ 理学部の学部生 (2年生))。 中身は効率の悪い永久機関もどき。 これが「科学」ニュースか… > 産経

あと「計画停電」は夏場の電力需要増大時期には却って電力消費量が増えると。 計画停電明けに一斉にエアコン入れるだろうから。 言われてみればそらそうだわなー。


IBM。

Javascript のツールキット。prototype.js や jQuery の類。 よい、という評価を見かけたのでメモ。 そのうち試してみようかなっと。

長崎大学教育学部。 「疑似科学とのつきあいかた(全学前期水4)」 あたり。
山形大学。天羽 (apj) 氏。


Janette Sherman (米)。要注意。

AERA のバカ記事 (らしい)。

ほ~。 今度試してみよう…。 重曹買ってこにゃ。 でも食用で売ってるのって結構高いんだよな。 どこかで安く売ってないかしら。

今井美保氏によるガイガーカウンターミーティングのレポ。

幻の「人格」の話…かなァ。

雑誌『クロワッサン』が、柳原桂子氏のインタビュー記事において問題のありそうな記事を掲載しているようです。



『アフリカで誕生した人類が日本人になるまで』(ソフトバンク新書 溝口優司 著)という本を読んだ。


debian GNU Linux はいつの間にか lenny (5.0) の次の squeeze (6.0) がリリースされていた。 今年 2月あたり。 OpenBlockS 266 用のイメージは出ないのかな、と思って検索してみたら。

OpenMicroServer及びOpenBlockS 266向けについては、Debian 6.0(Squeeze)が求めるカーネルバージョン(2.6.26以降)に対応できないため、HDDイメージの提供予定はありません。宜しくお願いいたします。

ありゃりゃ。
ということは数年 (向こう 1年だっけ?) 以内、lenny のサポート終了前に、 OpenBlockS 266 を別システムに移行するなりしないといけない訳か…。 やっぱしサーバ用のマシンを別途用意して OpenBlockS 266 は引退…かなァ…。 もっとも 1年後自宅サーバの運用環境自体を維持できてない可能性も大だが。

とりあえずメモっとけっと。

購入記録

  • 雑誌「まんがホーム」2011.7 芳文社
  • 雑誌「まんがくらぶ」2011.7 竹書房
  • 雑誌「まんがタイムジャンボ」2011.7 芳文社
  • 雑誌「まんがタウン」2011.7 双葉社
  • 雑誌「まんがタイム」2011.7 芳文社
  • 雑誌「まんがライフセレクション 樹るう」竹書房
  • 雑誌「まんがライフオリジナル」2011.7 竹書房
  • 雑誌「まんがタイムファミリー」2011.8 芳文社
  • 雑誌「まんがライフ」2011.8 竹書房
  • 雑誌「まんがくらぶオリジナル」2011.8 竹書房
  • 雑誌「まんがタイムスペシャル」2011.8 芳文社
  • 雑誌「まんがタイムオリジナル」2011.8 芳文社
  • 雑誌「まんがライフMOMO」2011.8 竹書房

蛇足的脚注

*30-1 : 自腹の可能性
請求書もしくは領収書についてどうするか尋ねたが返信がなかったので。 もっとも規定で額によっては証書の類が不要とかなのかもしれない。 そこまでは確認してない…。