駄日記 (未完結間欠日記)

1999年 9月


1999-9-3 (Fri)

> AKKY対東芝問題は、バカ週刊誌がなんか書いたのをキッカケにまたくすぶりだしてるらしい。 週刊誌 (の出版社?) を訴訟の準備中とか。む~。もうこうなったら徹底してやっちまえ。 大変だろうけど。(やはりヤジウマ…) っつーか、その週刊誌の記事読んでないんだけど。 もし、ネットであちこちに書き散らされてる「AKKYはキチガイ」って類の書き込みを鵜呑みで書いたんだったらマヌケだなァ、 というか、週刊誌の記者って無責任な仕事でお金もらえてイイナ~ってところだなァ。 (ホンキで「イイナ~」とは思ってないが。っていちいち断らなくてもいいか) そこらの掲示板で、 「金銭以外の動機であそこまでしつこく食い下がれるのは全く理解できない、まるでガキんちょ」 って堂々と書いてるフツーの人 (若者) の、その「“理解できない”思考回路」が私は理解できないのだが…。 (そうすると、ガキんちょではない「オトナ」の「行動の動機」の定義って一体…?)
> 「買ってはいけない」がちょっとばかり話題になっている模様だけど、 こっちも実はゼンゼン読んでないんだけど。 世間に警鐘、というイミは確かにあったとは思う。 (読んでないけど) 「キッカケ」としてはよかったんではないか。 (読んでないけど) ここからちゃんと議論なりなんなり始めないといけないんでしょうけど。 (読んでないけど) でも、東芝暴言問題にせよ、 本来は「企業(メーカー)」と「消費者(お客)」って対立関係にあるベキものじゃないんだよね。 その辺を忘れたらアカン、とは思う。双方とも… (「双方」って切り分けちゃうのもそもそもイケナイのかもしれないが)
> ただ、人間ってぇやつは、自分の立場の見方から見方をずらすというか、 変えるのがとてもヘタクソなようにできてるので、 一度「対立」な見方に入っちゃうとそこから抜けるのはむずかしいかもしれないけど。 (って書いてるオイラもバリバリに「例外ではない」ワケだが)
> 日本の「ジオシティーズ」通称「和GEO」 (勝手に) が、 どうも最近システムの仕様を変更したらしい。 具体的には、張られている画像 1枚ごとに Cookie を投げてくるのだ。 ブラウザの設定で、 Cookie が投げられた時はその都度確認窓が出るようになっているので、 とてもとてもとてもウットウシイのだ。 ユーザが画像をいっぱい貼り付けてるページはもちろん、 フツウに GEO のバナーを貼ってあるだけのページでも、 そもそも GEO のバナーのメニューが項目ごとに別々の画像ファイルでできているので (こなれてない表現だな)、 だいたい 10個以上は確実に Cookie を投げてくる。 これってなんのための Cookie なんだ? 大してイミがないならやめて欲しいんだが…。 まァ、他の人のサイトを見に行くときはアキラメルとしても、 自分が入ってる分の Web ページはやめちゃって、 トットと他の無料 Webサービスに引っ越しちゃえばいいだけだろうけど。 (GEO 側にとっても、 固定客すらロクにこないようなページがひとつばかり減ったところで別に痛くもかゆくもないだろうしな)
> でもまァ一応 (試しに) 、 正面からフツーに「なんのために Cookie 投げるの?」の質問メールを投げてみよう。 と思って、「ジオシティーズ」入り口周辺をあちこち探したんだが…。 「お問い合せ」だの「ご意見」だのを投げられるようなメニュー項目が見あたらない。 これってやっぱし「御意見無用」ってことか? (あの Excite ですら、メール送り先ちゃんと表示してたのに)

あった。ヘルプの中の奥の方にあったよ。 「問い合わせ先」くらいは表に出しておけよ。
> …というわけで、メールで問い合わせる (迷惑な…) と同時に 「Cookie はすべて拒否する」設定に変えてみた。 これならウルサくなくていいや。 (ただ、 Cookie を有効にしておかないとうまく閲覧できないよ~なサイトもあるので、 この設定がデフォルトだとやっぱしちょっと厄介かなァ…)
> 某サイトから、ある女装趣味 (?) な人のサイトへのリンクがあったので行ってみた。 「広末似の」って紹介だったが確かに似てる。 そもそも女装の似合う顔立ち・体型で、 解像度の低いデジカメの画像の性質ともあいまってなかなかいい感じ。 以前、 NIFTY にも女装な人のサイトがあってブックマークつけてたんだけど、 そっちはいつのまにか消えてしまっていた。 (そっちの人は女装というよりは精神的に女性で、 ホルモン注射したり、パートナーも「男性」を求めていたようだけど、 広末似の方の人は精神的には男性な模様。 精神的に女性な人が女性の格好をするのと違ってまさしく「異性装」ですね)
やー、男だろうが女だろうがキレイなもんはキレイだし似合うもんは似合うってことですかね。 カワイイ類のもんはどうも全般的に好きみたいだな。ワシ。 (*3-1) (キティちゃんなどを「かわいい」と感じるセンスはサッパリ分からんけど。 いや、ただ分からんだけ。異議はなし) フリーのデザイナーさんらしいけど腕も確かみたいだし。 文章も、テイノウな誤字脱字もないしセンスも悪くないみたいだし。 (そうかな? まァ、アタマの悪さは感じないカンジ)
それにしても、世の中いろんな人がいるもんですにゃ。
> そんなこんなで昨日も会社で寝てしまった。(ってゼンゼン関係なし) 忙しいのは忙しかったんだけど、 家に帰る余裕もないほどかというとよくわからない。 ただ、睡眠周期がもう何年も不規則なまま「それが自然な状態」として暮らしているので、 逆に規則正しい生活をムリに送ろうとするとツライのだ。ってのもあって。 (「規則正しく」生活しなくてはいけなかった時期 (学校に通っていた頃だな) はホントにしんどかった。 これで不規則な生活が健康に害になるなら「治し」た方がいいんだろうけど、 睡眠周期が不規則なゆえの不調や健康障害 (?) の類は今のところないようなので…) 眠くなるときがまた「そろそろ眠いな」という時間帯がなく、 いきなり意識が飛ぶようにバッタリ寝ちゃうんで…。 過去 2ヶ月ほどホントに仕事が詰まっていたのもあって、 会社の「畳部屋」 (兼・喫煙室。環境サイアク (^^; ) にフラフラ入ってってバッタリ寝る、 という習慣になっちゃって、帰るのがメンドクサイ状態。
それがどうやら、会社の「役員」の間でボチボチ「問題視」されている模様。 直接言われたんではなく、 上司 (オイラの仕事については生活スタイルも含めて理解・許容してもらってます) から、 間接的に聞いた「言い回し」によれば。 他の事業部で若い女の子が徹夜仕事になることも時々あるんだが、 オイラがいつも畳部屋を占領して寝ているので、たとえば明け方眠くなっても横になって寝られず、 机にうつぶせで寝ていたりしているんだとか。 (確かにそんな感じ) それが当の徹夜している本人からの苦情なのかどうかまでは聞かなかったんだが、 ホントに若い女の子をあのタバコの煙のヤニでベトベトの、 過去何ヶ月 (何年?) も掃除してない畳の部屋で寝かせたいのかアンタらは?って感じ。 ホンキで彼女らも仮眠できるスペースを必要とするなら、 まず喫煙スペースと仮眠スペースを空間的に別にせにゃイケンと思うのだが。
要するに「徹夜作業してる若い女性社員の仮眠スペース」がモンダイなのではなく、 ワシが 24時間体制で会社にいっぱなしなのが (何が理由かはワカランが) 単に「目障り」なのではないかと思う。 「あいつ、仕事があるんだかないんだかわからんがなんでずっと会社にいっぱなしなんだ。 ひょっとしてウラでなんかよからぬことでもやってんじゃねーのか?」くらいな感じなのかも。 (邪推モード) そんならそうと言えばいいのに (?) とってつけたような上記のような理由 (*3-2) を持ち出すところが…「“なんだかな~”感」全開バリバリですにゃ。
まァ、日頃から割と態度反抗的だし、会社に対してあまり建設的でないモンクもよくたれてるんで、 ウチの会社という「場」を無条件に「愛してる」役員の人たちから疎ましがられても全然不思議はないんだけど。 (役員 6名中、 アカラサマにオイラと「相性の悪い」と思われる人が 2人ばかりいらっさるし… (ってオイラはひしひし感じてるんだけど勝手に感じてるダケ?? (^^; ) 他の社員の人みたいにフツーに円滑で無難なつきあい方ができないタチでもあるし… (顔に出ちゃう) )
> 今日のはちょっちトゲトゲだな、なんか。 まァ、「自分から敵意を持って接しちゃイケナイ」っていう自戒のココロガマエってのは、 そんな自戒も軽く相殺しちゃうくらい「敵意でとらえる」傾向が強いからこそってのもあるんだけど。 (おお、なんか矛盾チックな表現…)

蛇足的脚注

*3-1 : カワイイ
う~ん。あえてリンクは (今んとこ) 張ってないけど、 「カワイイ」ってだけの表現はこの場合妥当ではないかも。 「倒錯」な部分での関心とゆーか興味も引かれるし…。 単に「興味」って書くのもまたちょっとコトバ足りなさすぎだし。 短いコトバで比較的的確に表現できるほど語彙とゆーか表現力ないっす。 「ある種の「美」」ってくらいしか…。 (「美」って書いちゃうとこれまた薄っぺらい感じがしなくもないし… (^^; )
*3-2 : とってつけたような理由
もしも、「仮眠スペースを独占してる」ってあたりをホンキで問題にしているんだったら…。 「アタマわるーい」としか返しようがないというか…。 あんなキタナイ仮眠スペースで毎晩熟睡できるのは自慢じゃないがワシくらいなもんだぜ。 若い女性社員が寝る場所じゃねーべさ。そっちをさきになんとかせいって感じ。
それよりも、役員みな帰っちゃって若い女性社員だけ徹夜で (幾晩も) 仕事させてんじゃねーよ!! …ってあたりを声を大にして言いたいですな。いやマジで。 (「声を大にして」とかいってこんなところにチマチマ書いてるんだけど (^^;) 「本末転倒」とはこのことか。 (誰が? オレ?)

1999-9-4 (Sat)

> 昨日、「ジオシティーズ」に投げた質問メール ( Cookie に関しての) に早速返事が来ていた。 う~ん、ちゃんと返事くれるんだな。 (ってアタリマエかもしれないけど) やはりシステムを最近入れ換えていて、 その関係で (?) しばらくはファイル 1つごとに Cookie を投げる設定になっているが、 一時的なものなのでご理解・ご協力ください、とのこと。 具体的にどーゆー目的で Cookie 投げてるとか細々書いてはいなかったけど、 まァ鬱陶しい以外の実害はないからいいか。
> 今日も (昨日も、か) 会社で夜明かししてしまった。 ほとんど寝てないけど。 今日は休みにするぜ。帰って寝直しだ~。
> 広末似のヒトのサイトはすでにかなり知れ渡っている模様。まァそりゃそうか。 人ごとながら「オモテ」に取り上げられてサイト閉鎖になったりしないといいが。 (あちこちにバカいっぱいいるから…破壊活動にはバカ2~3人で十分だし…)
> 帰って寝直しとか書きながらまだウダウダしている今日この頃。(「この頃」は余分) 買ったばかりの「まんがくらぶ」 (竹書房刊) を見てたら…。 なんと 渡辺電機(株) がゲストでマンガ描いてるじゃないか! まんがくらぶってやっぱしそーいう指向の本 (?) だったのか…? (そういえば関係ないけど「ゲーメスト」の新声社も倒産だっていう話だし。ウワサだけど…) いや~、しかしこんなところで渡辺電機(株)が読めるとは思わなかった。 話は4コマ雑誌向けだったけど…。 連載しないかな。ん~。

1999-9-15 (Wed)

> 実家の親 (ないし妹) あたりが、 「インターネットやりたい」などと世間並み (?) なことを最近口にするようになったので、 1台 iMac でも買ってやろうかな~と思ってたんだけど…。 (とりあえず、 Windows か Mac ってことになると、 初心者に Windows はちょっとコワくてあんまし使わせたくないので… (“いざという時の再インストール”などを考えると、インストールの難易度高すぎてアカンですわ。 なんかトラブってこっちにお鉢が回ってきた時の「自分の」メンドクサさを考えると…(^^;) ホントは、 Mac の特殊な事情を「これがコンピュータのスタンダード」って思い込んで育っちゃって、 Mac 以外の環境といろいろアツレキを起こすのもコワいんだけど。 でもそれ言ったら「MS の世界がコンピュータのスタンダード」って思い込んだまま、 周りもみな同じだから大してトラブルも起こさず、 よって学習もしないままずっと過ごしちゃうコワさってのもあるわけで…。 いや~我ながらなんて心配性)
で、 iMac とかって値引きしてないんだよね。 Apple Store (アップルがやってるオンライン直販ショップ) で、 客から回収したマシンの修理調整品ってやつを、 たま~に割安で (3ヶ月だけ保証をつけて) 売ってるんだけど、 これがホントにたま~に、な上、 どこにも予告も告知もしないので直接直販サイトを見た人しか買えず、 しかも玉数もほとんどないからアッという間に (半日かそこらで) 売り切れちゃうんだった。 で、最近使ってる WWWC (Web サイトの更新を自動的にチェックするツール) でチェックをかけていたところ。 昨日久々にスペシャルめぬーが出たのであった。 でも iMac を狙っていたのに、出たのは Power Mac G3。 あの四角い筐体の、半透明で白と青の、 アップルが G4 にアップグレードできないような仕様にわざわざ作ったらしいと知れて世界中 (の Mac ユーザ) にブーイングを巻き起こした例のやつ。 もう G4 発売目前だし、今さらこんな死に体なモン買う「Mac な人」はまずいないだろうね。 ホントに Mac を愛しているなら、 G4 出るの待ってそっち買うんだろうね。きっと。
というわけで 1台買っちゃいました。 G3/350MHz/64MB/6GB/DVD-ROM/118K。 高いよ~な安いよ~な。 ディスプレイ代くらいは親 (もしくは妹) に自分で出させるか…。ふむ。
(それでも丸一日か半日程度で、 4種類出ていたブツはすべて売り切れてしまっていた。 どーでもいいけど最近ムダづかい多いかもワシ…)

購入記録

  • コミックス「あたしンち (5)」けらえいこ、メディアファクトリー ISBN4-88991-864-7 C0079 ¥854E
  • MOOK「MP3 a GO GO!!」一条真人、秀和システム ISBN4-87966-860-5 C3055 ¥2000E
  • MOOK?「MP3ファイル作成はやわかりガイド」角谷たもすけ、工学社 ISBN4-87593-773-3 C9455 ¥1900E
  • MOOK「VisualC++6.0で作る MP3 Player プログラミング」高橋政雄、エーアイ出版 ISBN4-87193-695-3 C3055 ¥3000E
  • MOOK?「MP3活用ガイドブック」戸田覚、技術評論社 ISBN4-7741-0774-3 C3055 ¥1980E M-cord 177131
  • MOOK「MP3 FREE MUSIC 190titles/600min」晋遊舎 ISBN4-88380-109-8 C9455 ¥952E
  • MOOK「Oh!X 1999夏号」ソフトバンクパブリッシング ISBN4-7973-0998-9 C9455 ¥2190E

> ちょっとワケあって、フラッと寄ったアキバの LaOX で MP3 関連書籍を漁ってきてみた。 結構種類出てますなァ…。まだゼンゼン読んでないけど。 「MP3 a GO GO!」は、実はすでに買っていた。 つーか付録 CD-ROM がすでに目の前にころがっておったのだった。 (“あっなんだすでに買ってんじゃんオレ。 よりによって秀和なんかに (?) 余計な金を払ってしまったぜ。チッ。”って感じ?) しかし肝腎の「本」の方はどっか行っちゃって見あたらない。 う~ん。誰かに貸して忘れちゃってるのかな。 一番アリガチなのは自分でどっかに埋もれさせてるパターンなんだが…。 それとも CD-ROM だけ誰かからもらったのかなァ…。 う~ん忘れた。
それにしても最近はみんな CD-ROM が付録についてるんだねぇ。 おかげでページがめくりにくくてしゃーない…。 (別に、むしっちゃえばいいんですけど。 でもむしった後にちゃんと置き場所決めておかないとどっかいっちゃうしな)
それはそれとして、 MOOK とそうでない本の区別がよく分かんない…。 MOOK = Magazine + Book だってのは何かで見た記憶はあるんだけど、 じゃ Magazine と Book の違いってなんなんだろう…う~ん。 ま、いいか別に…。
> Oh!X は平積みになってたのでついでに。 今回で復刊 3号目だけど、実は 3冊ともロクに読んでない。 もったいないよ~な気もするがこのパターン最近 (でもないか、だいぶ前から) めっきり多いなァ…。
尤も、月刊の方も最後の方はほとんどマトモに読んでなかったっけ。 なんか、指向が (現存の X 周辺文化圏とは) どんどんズレてきちゃって、 今ではすっかりアサッテの位置に立ってる、ってだけなのかも。個人的に。 (よう分からん)
> MP3 のいいところって、なんだろ。 個人的には…やっぱ“ジャンク”なところかしら。 (そーいやジャンクっつーか、ゴミ好きだからなァワシって。 なんとなく。指向あってんのかも? (どーだか))
> で、アキバに行ってきたはいいが、 ブランクメディア (β、CD-R、640 MO etc.) 買い漁るのに手一杯で、 CD 物色してないのだった。 近々リベンジの必要があるな…。 貯金もおろしておかねば…。 (やっぱムダづかい多いかも…)

1999-9-16 (Thu)

> SONY は SONY でも SME の話のようだが…。 最近めっきり、 「SONY って基本的にはこんなことをヘイキでする会社」、ってイメージ。 やっぱしやり口としては MS とかその辺に近いものを感じるなァ…。
「え~それがどうしたの? 企業として当然の姿勢でしょ」って意見も、 先日1年半くらいぶりに飲んだ元同僚 I氏あたりからは出そうな気もするなァ。 まァいいけど…。
(それについても書こうと思ってて忘れてた。 なんかまとまんなくて~…いや別にどうしても書かなきゃいけないことってんでもないけど~…。 しばらく会わないうちに、ずいぶんモノの見方考え方が違って来ちゃったなァ、 としみじみ感じる機会が最近チラホラあったので。 向こうも変化してるしこっちも変化してるし、 あるいはもともと違ってた部分を、 比較的頻繁にコミュニケーション取っている時はあんまし意識しないで過ごしていたのが、 久々にあって話をしたりするとより強く感じるだけなのかもしれない…)
> 昨日「雑誌と書籍と MOOK の違いがよく分からん」と書いたら、 元同僚の Nさんがメールで教えてくれた。 基本的には販売形態の違いなんだそうで。ナルホドね~。
>
雑誌 MOOK 書籍
雑誌コード MOOKコード 書籍コード
増刷は基本的に不可 増刷は書籍と同じで可能 増刷可能
初版が最大刷り部数 売れるまで部数はのびる 売れるまで部数はのびる
広告有り 広告有り 広告なし

> 読む側としては、 (入手のし易さとかは別として) 違いは気にしなくてもいいものなのですな。
でも増刷可能ってことは、 MOOK で出す方が雑誌で出すよりも売りやすい (売る側としても有利) のでは…。 となると、 MOOK に対する雑誌のアドバンテージとはなんぞや? (なんて直接聞けばいいのにわざわざここに書く奴)

1999-9-23 (Thu)

> 先日、修理調整品の G3 Mac を買った Apple Store から、 ご案内らしきメールが届いた。 …届いたのはいいが、これがまた本文が完全に日本語EUC。 メーラによっては変換して表示してくれるのかも知れないが、 電信八号 (通称デンパチ) はそんな気の利いた「余計なお世話」は一切してくれない。 もーバケバケで何が書いてあるのやら…。 (それにしても大抵のメーラは、 Shift-JIS は読めても日本語EUC まではサポートしてないような気もするが…) なにしろ、安からぬ買い物 (ビンボー人にとっては) がらみのメールが読めないのは心配がつのる。 仕方ないので文字化けで読めないので再送して欲しい旨返信を出した。 そしたら、またまたメールが届いた。 これまた日本語EUCのままでバケバケ…。 (しかも内容は違うものの模様) う~ん。再送してくれっつーメールは読まれてないのかな~。
なんちって、文字コードが分かっている時点で読めるように変換するのはどうってことない作業なので、 内容が特にトラブルとかとは関係ないお知らせメールなのは分かってはいるんだけど…。 読めないでクレームつけた人とかいなかったのかなァ。 ちょっと、スキルの低さ (とサポートのズサンさ) を感じたエピソードであったとさ。 ダメだね、 Apple Store も…。(--;
> 先日、とある用事で中村(兄)に会った時のこと。 おもむろに鳴り出した (兄) の携帯の着メロは、「XEVIOUS」だった。 むー。ニンゲンの考えるこたァだいたい同じなんだァね。 そういえば元同僚のI君も着メロは XEVIOUS がいいって言ってたなァ。 他に、個人的には DQ オープニングとかいいんじゃないかな、と思っているんだが、 いずれにしても着メロが鳴るような機器を一切持っていないので、 考え巡らすだけムダなんだった。 (他にも…アイドル八犬伝の「君はホエホエ娘」とか…メロディ長すぎて入らないか…?) 知り合いの中には、セーラームーンミュージカルのある曲が入れられるのはこの機種しかない、 という基準で携帯買ってる人とかもいたなァ。 (その他の機能は二の次三の次)

1999-9-25 (Sat)

> Apple Store からはその後なしのつぶて…。 ブツは無事に届いたからいいようなものの。 このままずっと回答なしかな~。ちょっと楽しみ。 今月いっぱい回答がなかったら電話してみてやろうかしら。
> その Power Mac G3 (青いやつ) だが、 どシロートの実家の家族に使わせるのはもったいないかな~と思っていたが、 現物を目の当たりにすると、ちょっとコレを自分で使う気にはならないので (*25-1) 当初の予定通り実家に送ってやることにした。 あーディスプレイもないと使えないなァ。 そもそも「インターネットやりたい」っていうんだからプロバイダも探さないといかんのだな…。 結構メンドクサイ…(^^;

購入記録

  • CD「おジャ魔女CDくらぶ その2 おジャ魔女BGMコレクション!!」BANDAI MUSIC APCM-5134
  • CD「おジャ魔女CDくらぶ その3 おジャ魔女ハッピッピドラマシアター!!」BANDAI MUSIC APCM-5144
  • CD「I (アイ) 」菊池志穂、ポニーキャニオン FSCA-10095
  • CD「ななこSOS 音楽篇/ドラマ編 I~II」(殿堂TWIN) ビクター VICL-60423~24
  • CD「日本アニメーション 名作アニメ ミュージック・サンプラー」日本コロムビア COCX-30521~2
  • CD「せんせいのお時間 1時間目」AVEX AVCT-15004
  • CD「せんせいのお時間 2時間目」AVEX AVCT-15009
  • CD「MIYUKI WORLD」山口美由紀作品イメージアルバム テイチクレコード TECD-28001
  • CD「マクロス7 ミレーヌ・ジーナス シングス リン・ミンメイ」桜井智、ビクター VICL-576
  • CD「ACOUSTIC FIRE!!」FIRE BOMBER、ビクター VICL-803
  • CD「Her-Day」奥井雅美、キング KICS-744
  • CD「流星機ガクセイバー・覚醒編」キング KICA-101
  • コミックス「ああっ女神さまっ (19)」藤島康介、講談社 ISBN4-06-314219-1 C9979 ¥505E (0)

> CD、半分は中古。ふはは。

蛇足的脚注

*25-1 : 自分で使う気にならない
デザインがちょっと…。恥ずかしすぎっつーか。 これが PC互換機なら、デザインはどーでもよい部分はあるのだが…。 作ってる側、および、あるジャンルの人達、が、 このデザインを気に入ってたり自負してたりする、となると話がちょっと違うわけで…。 早い話が「ナカマに見られるのはなんかヤ」ってところか…。 まァ、ちゃんと動けばなんでもいいんだけどネ。

1999-9-26 (Sun)

> ラジ館の若松で、MP3 プレイヤーのキットを売っている、という情報を聞いて、 買いに行こうと思いつつ爆睡。 (*26-1) 週の前半ちょっと寝不足気味だったのでしわ寄せが… それはそれとして、買いに行った中村(兄)によれば、 キットではなくチップのバラ売りだったそうで。 そんならワシが見に行っても分からなかっただろうなァ。 ってのがせめてもの慰めか。
> 先日オンラインショップで買った G3 Mac だが、 実は生まれて初めてのクレジットカード決済の買い物だったのだ。 NIFTY が、カード作らないと銀行引き落としで毎月余分な手数料取るよン、 とたわけたことを抜かすのでしぶしぶ作ったカードだが、 よもやこれで買い物をするとは思ってもいなかったので、 暗証番号 (*26-2) なんかとっくに忘れ去っちゃっていたのであった…。 (親類筋ではないとにかく誰かの誕生日を、なんかとにかく入れ換えたような数字の並びだったんだが…) Apple Store がまた、クレジットカードでないと買い物受け付けないよン、 というたわけたシステムだったのでやむなく…。 でも暗証番号も何も尋ねられることなく、カード会社から電話が来ることもなく、 スンナリ買い物できて、すんなり品物が届いちゃったのであった。
…これってなんか、コワイねぇ。 カード番号とワシのちょっとした個人情報さえ知っていれば、 だれでも好き放題買い物できちゃうんだもんねェ…。 こりゃカード落っことすと蒼くなるわけだわ。ふむ…。 もっともカード会社ってやつがそこらへんのリスクはある程度しょってたりするのかもしれないけど… (その辺の仕組みについてはメッチャクチャ疎い)
> ソーテックの e-One の件。 アップルの販売差し止め請求が通って仮処分。 ソーテックは色違いの同型のマシンを発売予定。 さらに、裁判所の裁定について不服とし係争の構えとのこと。
なんつーか、 ルリルリ (*26-3) 風に言うなら「バカばっか」。 (そのまんまやんけ) いや~、まァ、自分で買おうとはとても思わないけど、 とりあえずソーテック頑張れ。 ロクにベンキョーもしてないイバリンボの裁判官なんかに負けるな! (推測、偏見ブリブリ)
> なんか、もーすぐ 9月も終わりだなァ。 やることがたまってる割にゼーンゼンかたづいてなくて、 ちょっと不安…。 とりあえず帰って「所さんのメガテン」見るか…。
> (暗転)

購入記録

  • CD「P」Whoops!!、Marvelous Entertainment MJCA-00052
  • CD「Voice of Hallelujah (ヴォイス・オブ・ハレルヤ)」奥井亜紀、WEA JAPAN WPC6-8153
  • CD「ザ★短編」山本正之、サスクハナレコード SHRC-30001
  • CD「GYUU」奥井雅美、キング KICS-482
  • CD「V-SIT」奥井雅美、キング KICS-586
  • CD「Ma-KING」奥井雅美、キング KICS-642
  • CD「DYNAMITE FIRE!!」Fire Bomber、ビクター VICL-60115
  • CD「伊福部昭 特撮映画マーチ集」伊福部昭、ユーメックス/東芝EMI TYCY-5412
  • CD「MUI MUI LAND vol.1」南央美/夏樹リオ、ツーファイブ TRCD-0002
  • CD「MUI MUI LAND vol.3」南央美/夏樹リオ、ツーファイブ TRCD-0005
  • CD「THE BEST OF ANIME」RHINO R2 75514
    1. ASTRO BOY - English language version
    2. GIGANTOR - English language version
    3. SPEED RACER - English language version
    4. LUM'S LOVE SONG - From Urusei Yatsura
    5. SENTIMENTAL OVER THE SHOULDER - From Megazone 23
    6. BEAUTIFUL PLANET - From windaria
    7. ACTIVE HEART - From Gunbuster
    8. ADESSO E FORTUNA - From Record Of Lodoss War
    9. FULL MOON LIGHT - From Devil Hunter Yohko
    10. SAILING - From Silent Mobius
    11. HAPPY BIRTHDAY TO ME - From Cat Girl Nuku Nuku
    12. JUST BEYOND THE TIME - From New Dominion Tank Police
    13. MY HEART I CAN'T SAY, YOUR HEART I WANT TO KNOW - From Oh My Goddess
    14. CUTEY HONEY - From New Cutey Honey
    15. VOICES - From Macross Plus
    16. SAILOR MOON THEME - English language version
  • CD「流星機ガクセイバー・チャンス」キング KICA-84

> またもや半分は中古。 秋葉原に限って言えば、リバティの中古 CD はあんまし安くないような気がする。 (「新品」も結構混じってるし。いいんだけど) YAMAGIWA の中古屋さん U-SHOP は、 今回メズラシ~ものが3ケタの値段 (税別) で売ってたりしたので… 今後は必ず覗くようにしようかな。 といってもアキバに行く機会自体あんましないんだけど。

蛇足的脚注

*26-1 : 爆睡
会社の畳部屋で14時間ほど。 そんな環境で…と思う人もいるかもしれないが、 部屋がヤニ臭いのと、畳がヤニでペトペトするのと、 人がいるときはヤニを吸いに入れ替わり入ってくるのでヤニ煙をどうしても吸わされがちになるのを除けば、 家に帰って寝るのと環境的には大して変わらない (ような気がする) のであった。 睡眠環境に関してはもう何年も「室内ホームレス」状態…。 なまじ柔らかい布団に寝たりすると寝心地が悪くて眠りが浅くなったり、 起きたときに体中痛かったりする始末。 まァそれはそれとして。
*26-2 : 暗証番号
そういえば、中村正三郎ってずいぶん前から、 「暗唱番号」ってずーっと書いていたんだよな…。 本になって出版されてもずっとそのままだったから、 なにしろ「障害者」をわざわざ「障碍者」とコダワって表記し続けてるくらいだから、 あえてやってるのかと思ってたけど、 単に当人も編集者も誰も気がつかないままなだけだったのかな…。 それってかなり (語尾アガリ) 恥ずかしいと思うが当人は別に恥ずかしくないのかも。 そういえばサイトの記事も誤打鍵だらけで、誤打率下がる気配あまりないしなァ…。 でも「暗証番号」を「暗唱」しちゃうとやっぱりマズイよね。
*26-3 : ルリルリ
TVアニメーション「機動戦艦ナデシコ」に登場する天才少女パイロット、ホシノルリ。 (でいいのか? なんかその筋からクレーム来るかもしれないけどその時は直せばいいか) 決まりセリフが「バカばっか」。 ちなみに声優は南央美 (みなみ・おみ) 。 他に「はれときどきぶた」の十円安こと畠山則安役、 「せんせいのお時間」のミカ先生こと鈴木みか役、など。 (なんだこの説明は)

1999-9-30 (Thu)

> で~、まだ全部聞いてないんだが…。 溜めに溜め、ガマンにガマンを重ねたイキオイで (っていうほど大げさなモンじゃないが) CD屋めぐりをした結果であるところの収穫物について少々。 (これが溜めに溜めて風俗へ、 ってんじゃないところが我ながら健全かつ人畜無害でタイヘンヨロシイ。そうか? いや、風俗関係の商売の人は「てめェこっち来いや」とか思うかも知れないけど。 あ、自分で行きたいとは思わないが、 「聖コスプレ学園」って、 どんな販売形態なのか機会があったらいっぺん見学してみたいですね。 機会ないだろうけど)
「I」は菊池志穂なので。 (なんだかねぇ) 菊池志穂、は、しゃべりがやたらスッ飛んでて面白いおねーさんで、 歌ははっきりいってあんましうまくない、というか、 もっと婉曲にいうと「歌はヘタ」なんだけど。 ただ、彼女の歌う「きみとぼくのうた」がなんかとても気に入ってしまって。 前回ファーストアルバムはほとんどこの歌のためだけに買いにいったのだった。 (シングルでも出ていたんだけどね… なんか「一曲あたりの値段」を考えるとシングルって買いづらいんだよねェ…あァビンボー人…)
「おジャ魔女」CD は…ライナーの対談といい、対象年齢層を的確にとらえて作ってるなこの人たち、 という感じで (?) よいですな。このシリーズは基本的には質が高いような気がする。 ともすれば「大きいお友達“のみ”」狙いな昨今の商業主義的作品展開の隆盛を考えると… とかなんとかいいつつ、 これも「スポンサー (オモチャ)」「マルチメディア展開」にはしっかり沿ってるし。 次に出るソロデビュー CD とやらはキャラ別に 3種類出るらしい。 ま、いっけど。誰か買ったら借りよう…。
「せんせいのお時間」は…南央美なので… (なんだそら) まァ原作 (マンガ) もキライじゃないし。 どうでもいいけどこれって AVEX なのね。
「MIYUKI WORLD」は…山口美由紀わりと好きなので…。 もっとも CD の出た時期が古くて、 楽曲のネタになってる原作は読んでないものばっかしだったりして。 ジャケのイラストも絵柄古かったりして。 (いいの中古で安かったからそれだけで)
「ガクセイバー」は…某ルートで拾った楽曲がめちゃめちゃカッコエかったので、 ちょっとネタを知りたくなって。 というよりは中古屋で安売りしてるのを見つけたんで。ですな。 かっちょええのも道理で、全曲、渡辺宙明作曲・編曲(!)。 某ルートで拾ったものには影山ヒロノブが歌う、やはり宙明節炸裂な曲があるんだけど、 それはこの CD シリーズとは直接関係なさそうで、む~どのスジを探せばいいのかなァ…。 (*30-1)
前半、の「その他」は略。 「ななこ」は吾妻ひでおになにがしかでも収入があらんことを祈りつつ。 (なんじゃそら)
奥井亜紀の 3rd アルバム (中古で購入) はどうやら奥井雅美と間違えて買った模様。 (なんでやねん、て感じだけど、奥井亜紀もキライじゃないので別に構わないのだ。これでイイノダ。 (古い))
その奥井雅美のシングルベストが数ヶ月前に出ていたはず、 と思っていたんだけど秋葉原では見つからなかった。ナゼ? 探し方が悪いの?? 仕方ないので目に付いたアルバムを一通り購入… (なんだかねぇ。でもいいんだ聞いててきもちいいし…しくしく…まだ聞いてないけど…)
山本正之が放つ久々のアルバムは、 とうとう自分で作ってしまったレーベル「サスクハナレコード」初のリリース。 って感じで。山本正之のアルバムに必ず何曲か入っていた、 数秒とか数十秒で終わっちゃう「短編」が 99曲ドン、とまとめてアルバムに。 むむー。これもまだ聞いてないなァ。
「伊福部昭マーチ集」は、他のレーベルから似たようなモノが出ていた記憶があるんだけど、 まァ中古だし、いっかァ、と思って購入。 中のライナーに伊福部氏へのインタビューが載ってて、 これが結構面白かったので結果として拾いモノでした。
「MUI MUI なんちゃら」、は南央美なので。 (またかい) 構成も内容もなんかマンゼンとしていて、 でも別に十分許容範囲で、 しかしこれをン千円お金払って買ってしまうことの功罪についてちょっと考えてみたりもした。 とかいって Vol.2 が抜けてるところをみるとこれも中古購入か。 (その通り)
「THE BEST OF ANIME」は、ヤマギワ中古ショップお得意の (?) 輸入物。 なんでか知らないが、中古CD屋さんなのに「POWER RANGER」だのといった、 この手の輸入アヤシイ物 CD が新品で並んでたりする。 で、これ、買って聞いて初めて気がついたんだけど、 音源全部「英語版」だと思ったら、 “English language version”と書かれた 4曲以外は日本語版 (ようするにオリジナル) 音源だったのね。 まァ持ってない音源も結構あったからいいけど…。
Whoops!! (ユニット名) は、まァ坂本真綾なもんで…。 これもまだ聞いてないなァ。
なんかほとんどゆっくり CD 聞いてないな。せっかく買ってきたのに…。
> Netscape Communicator 4.7 (英語版) が出たので (数日前) 、入れ替え。 今回は Windows 版だけでなく Mac 版と UNIX 版が同時リリースだった。 めずらしい。と思っていたら、 4.7 日本語版もあっという間に登場。 なんかすばやいな。 中身はあまり変わった感じはしないけど…。 あ、機能ボタンみたいなのが増えていたけど、 どっちかつーと「不要な機能」で、これ消せればいいのに、って感じだけどまァいいや。 あとは、心持ちアニメーション GIF の表示が速くなったみたいな。 (IE と比べて今まで Netscape のアニメーション GIF は動きがゆっくりめだったんだけど、 ちょっと IE に速度的に近づいたかも)
> 今使っているマシン (Flip Flap のショップアセンブリ品) 、 買ってから1.75年ほどの間に CPU とグラフィックカードはだいぶ入れ換えてきたけど、 サウンドカードを今回初めて入れ換えてみた。 今までは YAMAHA YMF719 チップを積んだメーカー不明 (?) の ISA カード。 これを HOONTECH の SOUND TRACK YMF744 DIGITAL-XG っていう PCI カードに。 (Flip-Flap あたりでは 9800円(税別) で、 ZOA とかパソコン City パーツ館とかでは 8800円(税別)で、 どっちで買おうかな~と思いつつ結局 ZOA で購入。 ZOA は値段安い割に (?) 店員さんの応対がていねいで好感度高いっす、個人的に) デジタル入(出)力がついてるのでこれにしたんだけど、 まァ今のところ宝の持ち腐れですな。 そのうち DAT から音を拾って高音質で取れるか試してみよう…。
で、前のと比べて音がどれだけ変わったか、実はよく分からなかったりして。 今の環境は、サウンドカードから SONY の赤外線ワイヤレスイヤホンユニットがつながっていて、 ウォークマン(等)用のインナー型ヘッドフォンで聞いているもんで…。
まァ、無音時のホワイトノイズ (? ピンクノイズ? ) が聞こえなくなったんで、 それだけでもちっとは違うのかな。
> その他、 DirectX7 (英語版) が出たのでよせばいいのに入れてみたり、 Winamp 2.5d が出ていたので 2.5c から上書きアップデートしてみたり、 いろいろやったらちょっと Windows のフリーズ確率が上がった気配。 いちばんクサいのはやっぱり、 DirectX7 でしょうな~。 まァ今さら戻そうにも戻せないので、これでしばらくだましだまし使って、 パッチが出るまでしのぐか。 (環境を任意の時点に戻すようなツールもあるみたいだけど、使ってない…)
あと Winamp 2.5d がどうも 2.5c よりも動作不安定っぽかったので、 2.5c に戻してみた。 Winamp って、確かに定番は定番だけど、 どうもいろんな細かい部分でメモリリークとかやってそうだよなァ…。 ん~。 (調べたワケじゃなくて、単なる「勘」だけど)

蛇足的脚注

*30-1 : 影山ヒロノブ版「ガクセイバー」
なんのことはない、自分の持ってる影山ヒロノブの CD にちゃんと収録されていました。タハハ。