猫星人 インストールメモ:Cygwin + lighttpd on Windows XP

♥「猫星通信」復活応援キャンペーン中★

2009年11月。
ローカル環境の HTTP サーバとして Cygwin + lighttpd を試してみることに。
インストール + 設定の自分用覚え。 とりあえずインストールというかデーモン自動起動設定のみ。

まだ設定も済んでないので、これは途中メモ。 あまり信用してはいけない。

参照サイトとか:
lighttpd日本語セットアップサイト
Lighttpd/コンフィグ - Linux Tips

1. 下準備

cygserver 経由で呼び出す場合は、 あらかじめ cygserver をサービスとしてインストール・起動しておくこと。 詳しくは 「インストールメモ:Cygwin + Apache2 on Windows XP」 参照。
ただし、 lighttpd は apache2 と違って cygserver は不要かもしれない。 (なくても起動はする。が、設定によっては不具合が発生するかもしれない。現状知識不足のため今後検証・修正予定)
lighttpd 起動に cygserver は不要。

また、 Apache2 などが既に起動してる場合は「cygrunsrv -E apache2」などで終了させておく ("apache2" は Apache2 登録時に指定したサービス名)。 もう使うことがなければ「cygrunsrv -R apache2」などで Windows のサービスから削除しておいても。 (状況に応じてどちらでも)

2. lighttpd を Windows のサービスとして登録

cygwin の setup.exe で lighttpd をインストール。 fastcgi とかも必要らしいんで一緒に入れておく。(適当だな…) まァ後から必要なものが判明した時点で追加インストールしていけばよろし。

次に cygrunsrv を使って Windows のサービスとして登録する。 要領は Apache2 などの時とほとんど同じ。

cygrunsrv -I lighttpd -d "Cygwin lighttpd" -p /usr/sbin/lighttpd -a "-f /etc/lighttpd/lighttpd.conf -D"
-I lighttpd
登録サービスの名前 (適当)
-d "Cygwin lighttpd"
Windows のサービス一覧で表示されるサービス名
-p /usr/sbin/lighttpd
実行パス
-a "-f /etc/lighttpd/lighttpd.conf -D"
lighttpd の起動オプション
-f /etc/lighttpd/lighttpd.conf
設定ファイルのパスを指定 (なぜか指定しないと設定ファイルが見つからないと文句たれて lighttpd が起動に失敗したので。場合によっては不要かもしれない)
-D
バックグラウンドプロセスにしない (cygrunsrv から起動するために必要)

3. 登録した lighttpd サービスの起動

コマンドラインから「cygrunsrv -S lighttpd」でも、 Windows の管理ツールのサービス管理から起動させるのでも好きな方で。

4. サブドメインでバーチャルホストを分けたい場合

例えば「http://wptest.localhost/」のような形でサブドメインでバーチャルホストを使いたい場合は、 %SystemRoot%\system32\drivers\etc\hosts ファイルに、 「127.0.0.1 wptest.localhost」 のように追記しておく。

5. ちゃんと動かねー場合

/var/log/lighttpd.log のエラーメッセージなどを見て検索したりする。


いっこ戻る